2017/04/24

ばら撒こう!香港土産!

香港に行くと皆さんよく「ばら撒き土産」を買ってくると思います。
大体、似たり寄ったりでしょうか?
職場に配ったり、友人や家族に配ったり。目的はそれぞれでしょうが、香港の定番「ばら撒き土産」から私のおススメまでご紹介しますね。上の写真は2015年夏の旅行で買い占めたものです。
左に写ってるネコは香港から持ち帰ったものではありませんのであしからずww。

■ばら撒き土産の定番、香港ティッシュの『Tempo』
日本のティッシュよりも厚手で万能。香港を知らない人でもとても重宝する一品です。
最近は香港のキャラクターとコラボしたものが多いですね。
『Tempo』はドイツ生まれなんです。『Tempo』以外の『クリネックス』も厚手のティッシュです。どちらでも万能です~!

■次に定番なのはスティックタイプの香港式ミルクティー『奶茶』
「リプトン」が出しているのが一番定番かもしれません。
左から「昔ながらの茶餐廳味」、香港を知らない人にはよく配ってしまうコーヒー紅茶「鴛鴦茶」。ここまではいいのですが、その左の「台湾ジャスミン茶」はイマイチです・・・。一番左の「烏龍茶奶茶」は飲んだら奶茶、後味烏龍茶。意外とイケます。
この二つはネタで!

実は最近、「リプトン」を買わずにこちらに浮気をしています。香港人友人のおうちで飲んで美味しかったので、それ以来こちらです。

■日本のご当地お菓子が香港にも!!!
と初めて見たときは感激しました。いろんな方がいる職場では比較的無難なお土産かも。
去年、会社に買ったのがこのふたつです。甘いの嫌いな人もいるので甘い系としょっぱい系を・・・。ひとつずつ個装されているのでいいですよ。

こちらも人気だと思います。
前回買おうとしたのですが、空港の「OKASHILAND」にはビックサイズしかなくて断念。街中のお店には90HKDくらいのこの半分くらいのサイズがありました。
先に買っておくべきだった・・・。次回の会社のお土産はこれの予定ww

■主婦仲間のお友達やお料理好きな方に配ることが多いのがこれ。『李錦記』の使いきりソース。母や弟嫁にも買ってきます。使いきりタイプなので便利です。
中華調味料に慣れていない人には、この麻婆茄子が一番無難。想像がつく味ですもんね。
中華料理が好きなお友達には、少し日本に馴染みが少ない中華味のものを。
裏に英語と広東語で説明書きされているので、なんとか理解できます。
冬にはこの火鍋スープの素がおススメ。チキンスープがベースのものはとても使い勝手がいいです。

■のど飴もよくばら撒きます。このタイプの飴はひとつずつ個別包装されているので、一人ずつにも配りやすいかもしれません。
『念慈庵』は絶対買うしよく配ります。
「レモングラス味」と「アップルロンガン味」がすごく喜ばれますね。

飴ではなくグミですが、毎回買うのはこれ。
私のボスがこういうの好きなので(女性です)、ばら撒かずにボスにだけこっそり渡していますww。

■最近、買い溜めしておくことが多いのがこの巾着!ちょっと人にあげるのにすっごく便利なんです。
中環や尖沙咀にあるおみやげ物屋さん錦綉唐朝でいつも買っています。
巾着のサイズも幅広く、値段が10-20HKDととにかく安い!!自分の旅行用にもかなり重宝しています。
ちょっと可愛らしい、チャイナテイストっぽくないものも。これはお世話になっている方の娘さん(小学生と中学生)に買ったもの。

■ミニバスの看板屋さん『巧佳』の新作、クリアファイル!
嵩張らないし、お値段も安いので前回ちょっと買い溜めして香港仲間さんに配布しました。
香港迷仲間さんとお土産交換することも多く、ツボをつくようなお土産探しには本当に悪戦苦闘していますww。

さて、あなたがばら撒いているのはどんなお土産ですか?


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









2017/04/21

香港でブルース・リーに逢いたい!

香港といえば李小龍(ブルース・リー)!
大好きな俳優の一人です。ご存命ならば今年77歳。早い死が未だに悔やまれます。
「李小龍が好きなのですがグッズを買えるお店はありますか?」と聞かれることが時々ありますが、ブルース・リー・クラブが昨年閉店してしまった今、特にグッズ販売のお店は私が知る限りはありません・・・。
男人街や赤柱マーケットなどに行けば、Tシャツやグッズを売っているお店もあります。
我が家も夫がファンなので、ちょこちょこと買いあさっているグッズや李小龍に会える場所をご紹介します。

期間限定で移設されている【アベニュー・オブ・スターズ/星光大道】
李先生はここに設置されています。
やはりこの青空と香港島の風景をバックにした李先生が見たい!
2018年末頃に元の場所に戻ると聞いています。再来年にはこの風景で李先生が見れるかな?

李小龍像があるのは尖沙咀だけではありません!!!
沙田にある香港文化博物館では李小龍展『武‧ 藝‧ 人生/李小龍』が2013年から5年間開催されています。来年の命日7月20日までです。
まだ行ってない人!あと1年ちょっとしかないですよー。お早めにGO!
毎年展示品が変わると聞いているので、私も最後にもう一度行くつもりです。

【香港文化博物館】の売店でも李先生グッズ、買えましたよ。

李先生が映画『ドラゴン危機一髪』で着用していた肌着は利工民という下着メーカーのもの。パッケージがレトロでいい!私が買ったのは李先生とお揃いのヘンリーネックシャツではありませんが・・・。
夫にプレゼントしたところ、軽くて汗も吸い取りやすくていいそうです。

香港のドメスティックブランド『GIORDANO』などで時々期間限定で李先生グッズを販売しています。

(GU Hong Kongサイトより引用)
えぇぇぇ!!!先月、香港にGUがオープンしたのですが、香港オープン記念で李小龍Tシャツを販売しているんですって!!!聞いてないー!
先着でバッジも貰えたみたいだなぁ。もうないだろうなぁ。次にいくときまで売ってないだろうなぁ。ちーん。
ちなみに尖沙咀と銅鑼灣店の両店舗で3種類販売しているみたいです。

シティースーパーで偶然見つけた李先生のiPhoneカバー。まさかシティースーパーにあるとは思わず!

女人街とか男人街とか赤柱マーケットに行くと、こういうTシャツ売ってますね。

男人街で買ったマグネット。似てなすぎて笑えるw
会社のロッカーに張り付けようと思いつつ、勇気がありません・・・。

これ、最高に気に入ってるかもww。こちらも男人街で購入したキーホルダー。
ちょっとオトボケフェイスで李先生が3人連なってるというのがツボ。もったいなくて一度も使ってないんです。

しばらく男人街なんて行ってないので、次の旅行の時には行ってみようかな~。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









2017/04/20

I Love Tram!!~トラムのいろいろ特集

先日、スターフェリーをまとめましたが、私が同じくらい大好きなトラムも取り上げたいと思います。
香港に行くと大抵、一度は乗車するのがトラム。
香港島住民の足です。MTR太古駅前に住んでいた私ですが、地下にもぐるのが億劫だったので、外出するときは急ぎでない限りはほぼトラムとバスでした。
過去に私が撮影したお気に入りのトラム写真をプチトラム話を含めてご紹介します。
トラムは大好きですが、車体にはあまり詳しくないので「どの番号がレア」とかあまり良くわかりませんのであしからず・・・。

103号トラム。トラムの車体の上下角と上に番号が書かれています。
「香港ウンチク話」のプロフィール写真としてSNSで使っているのがこの写真。
北角・春秧街で撮影しました。ここは本当に何度見ても飽きない光景です。

14号トラム。昨年、同じ春秧街で撮影しましたが、通過するトラムの前後を人が自由に通り過ぎているので、納得いく写真が撮れませんでした(笑)。リベンジしなきゃなー。

170号トラム。先頭のガラスが開閉できないタイプのトラム。新しい車両ですよね。
2000年に登場したミレニアム型車両だそうです。そういえば、住んでいるときに出始めたやつだ!
1両だけ冷房完備の車体が作られたそうですが、試作だけで終わっちゃったんですよね。

朝の通勤ラッシュ時はトラムもラッシュ!5台も連なっているのを見ました~。

団子状態で連なってトラムは後ろの車両との距離は本当にわずか!これでぶつからないんだからすごいです。

74号トラム。このMCMのデコレーショントラム、気に入りました。可愛い!
あ!これも同じ74号だ!でもこちらは目的地が電光掲示板になってますね・・・。

152号トラム。さて、このトラムと上のトラムの違い、わかりますか?
上の74番トラムの写真は車体の上に番号がありますが、この写真は「152」と大きく書かれていないですよね?
これ、後ろです。車体の上に大きく番号が提示されているのが進行方向に向かっているということになります。
この写真は後ろのトラムに乗って撮影したものだとわかります。上で紹介した170番トラムも同じく後ろから撮影しています。

このプラスチックの椅子とパイプの手すりがいいですよね。

昨年乗った比較的新しい車両(番号不明)はこんな手すりが付いていました。小奇麗でした。

停留所の名前も無く、車内アナウンスもなく、土地勘のない人は乗りこなすのが難しい乗り物だったのは昔のこと。
現在は停留所に名前が付き、ビギナーさんでも利用するのが難しくなくなりました。
まぁそもそも300-400mおきに停留所があるので、乗り過ごしても次で降りればいいんですけどね。

64号トラムは新しいタイプのトラムなのかな。乗り口降り口のドアが綺麗です。

私の中ではこの半分扉が「ザ・トラム」なんですけどねぇ。違い、わかりますか?

そうそう、ここはトラムととても縁のある場所です。
銅鑼灣・タイムズスクウェア(時代廣場)は1994年に建てられた大型ショッピングモールですが、その前はトラムの車庫だったんです。

video
昨年、台風が通過した香港でとてもレアなトラムに遭遇!
ちょうどFacebookで台風通過レポをしている最中だったので、私は全く気づかなかったのですが、動画を観た方から「120号が写ってますよ!」と教えていただきました。
(私の声はどうでもいいので、通過する120号をご覧ください~ww)
「120号トラム」とは1949年に製造された車体で、現在運行している車体の中で一番古いトラムです。
木製の懐かしいタイプのトラム。これを見たらいいことあるかも??

次回の香港旅行では久しぶりに香港島に泊まりたい!
そしてもっとじっくりと綺麗にトラムを撮影したいですねぇ。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19