2017/02/24

日本で思いがけず発見した香港!

日本でふと思いがけず「香港」を見つけると嬉しくなりませんか?
一昨年、『ファミリーマート』で販売された【Shine&Shine】というフルーツジュースは都内の香港迷さんたちをファミマに走らせましたねww。
何が嬉しいって「Made in Hong Kong」なんです!
職場の上司が偶然買ってて「香織さん、これ知ってる?」と見せてくれたときに思わずおぉぉー!と吼えてしまいました(笑)。
当初は「ファミマ!」にしか置いていませんでしたが、現在は郊外の我が家の近くのファミリーマートでも販売しています。
マンゴーは今の時期はありませんが、暖かくなったらまた販売されるでしょうか?
是非、全国展開して欲しいです。

ショッピングモールでうろうろしていたらどこかで見たことのあるブランドが・・・。
【Morn Creations】のバッグがたくさん売ってる!!!
中環に唯一店舗を構えるこのお店、サメやクジラ、最近ではフクロウのバッグなどがあり、大人も子供も欲しくなる品。我が家にも数点あります。
パンダがないのは残念ですが、日本でも時々セレクトショップなどで取り扱いしています。香港で買うより少し割高になるけど、それでも欲しくなっちゃいます。

一昨年くらいに日本の『李錦記』さんより発売していた【香港バル】シリーズ。
もう取り扱いないのかなぁ?結構お手軽に香港料理が作れる万能調味料でした。
ちょっと日本人向けの味付けになってたかな?

こちらはまったくの想定外だったのですが・・・。
一昨年、車を買い替えたのですがカーナビを立ち上げると香港の夜景がぁぁぁぁ!!
初めて乗車したときに「えぇぇ!何で香港?」と雄たけびを上げました。
なんか、夫が操作したのかと(笑)。

何気ないところで生活圏内で思いがけず「香港」を見つけると、嬉しくなりますね。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









2017/02/23

香港駐在が決まったら~オススメ書籍・香港に暮らす

「この春から香港駐在になっちゃった」という方もいらっしゃるでしょうか?
個人的には羨ましいですが、慣れない海外での暮らしは旅行で行くのとは異なります。
好き好んで香港で暮らすなら別ですが、会社の辞令で仕方なく・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私も住み始めた当初は本当に大変でした。引越し1週間で5kgも痩せたほど(笑)。私の場合は主にホームシックでした。今の私からは想像できない・・・。
でも最終的には楽しい思い出がたくさんできました。
結果論ですが、駐在となると準備もたくさんあるし、特に奥様は大変ですよね。
私は親と夫の都合で国内外と転勤を経験しましたが、幸いにもどこの生活もとても楽しいものでした。
不安もたくさんあるでしょうが、誰もが行けるわけではない海外駐在。
期間も決まっているし、赴任地での生活を十分に楽しんで欲しいなと思います。

香港での美味しいお店やショップの情報はガイドブックにたくさん出ているので、日本から友達が来たときや自身の街歩きのために数冊用意することをオススメしますが、旅行とは違う香港での生活のノウハウが書かれた書籍があります。

【香港に暮らす】はJETROが発行している書籍で、駐在の方向けの書籍です。
ガイドブックに掲載されているようなオススメ情報はほとんど掲載されていません。
まず、香港とはどういう国なのか?風習は?といった香港の情報に始まり、渡航前の注意事項(健康診断、転校手続き、ペットの持ち込みなど)、緊急時の連絡先、医療のこと、日本語が通じる病院、日本人が通う学校、インターナショナルスクールの情報が詰まっています。
遊ぶためではなく、暮らすためのガイドブックです。

香港で暮らす上で、まず気になるのが病院。気をつけていても具合が悪くなることはありますよね。
語学が堪能な方はいいですが、日本語しかできない・・・場合でも日本語対応している私立病院がいくつかあります(医療費は高いですが)。
個人的な意見ですが、歯の治療だけはある程度日本で済ませて渡航したほうがいいです。
駐在途中でも定期的に歯科検診は帰国時にやったほうがよいです。

お子さんがいらっしゃると学校や塾などの事情も気になりますよね。
香港には日系幼稚園、日本人小学校中学校がありますが、高校はありません。
私の知り合いなどは、お子さんが高校生になったら帰国させて日本の家族に預けたり、高校入学と同時に奥様とお子さんが帰国される人が多かったです。
他国から駐在で来た方は小学校からインターに入れるかたも多かったです。
学習塾は日系の塾がいくつかあります。

帰国までずっとひとつの家に住む人はどれくらいいるのでしょうか?
更新のたびに家賃が上がるので引越す人、家主のトラブルで引越さざるを得ない人、比較的引越しが多い気がします。
私は幸運にも2年間同じマンションで暮らしました。途中でオーナーさんが変わったりはしましたが特に問題はなかったです。
香港には日通さんやクロネコヤマトさんなど日系の引越し業者さんもいるので安心です。
私は帰国時にクロネコさんを使用しました。

今は分からないことは何でもネットで調べられるのでわざわざこうした本は不要?と思うかもしれませんが、いざというときにあると便利だと思います。
私が持っているこの書籍は1995年発刊と少し古いですが、駐在の先輩が帰国するときにいただきました。
amazonを始め、紀伊国屋などネット購入が出来ます。

【香港に暮らす~JETRO】
https://www.jetro.go.jp/publications/jetro/9784822410964.html

そして併せてこちらも持っていけば完璧!
上野うねさん著書の香港に引越しました。。香港生活でびっくりしたこと笑ったことなどが漫画で描かれています。
香港駐在が決まったお友達や会社の同僚や上司にプレゼントすると喜ばれると思います。

ちなみに、香港で知り合った駐在のお友達はほとんどが帰国していますが、9割が香港に再渡航してないんです(笑)。
「本帰国してから香港行きました?」と聞いたら「えー、行くわけないじゃん」って方も多々(笑)。
香港駐在して香港にハマる人は、ほんの一握りだと感じました(笑)。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19









2017/02/22

香港の中心地で歴史的建造物めぐり


お隣にあるマカオでは、2005年に20箇所以上の建物や広場が世界遺産登録され、カジノだけではなく「歴史散歩」も有名になりました。
が、しかし香港にはまだ世界遺産登録されているものがありません。
(個人的に私の中の世界遺産in香港はたくさんあるのですが・・・)

国際都市といわれるがゆえに、変化し続ける街が香港なのかなとも思いますが、歴史的建造物はたくさんあります。
香港政府が認めた歴史的建造物を『香港法定古蹟』に認定しており、現在114もの『香港法定古蹟』が香港のあちこちに点在しています。
意外と街中にもたくさんあります。いつも見ている建物が実は『香港法定古蹟』かも?
郊外に行かずとも中心地にある『香港法定古蹟』をまとめてみました。

こちらは湾仔のシンボルのひとつと言ってもいいと思うのですが【舊灣仔郵政局(旧湾仔郵便局)】。1912-13年に建設されたこの郵便局、既に築100年が経過しており、香港に現存する最古の郵便局だそうです。
現在は湾仔地区の環境センターとして使われています。もちろん中に入れます。
◆開放時間:10:00-17:00
◆休館日:火曜、土日祝

買い物に行ったことのある人も多いのではないでしょうか?
上環にある『西港城(ウェスタンマーケット)』【舊上環街市】といいます。
そう、ここは昔、上環地区の街市(市場)だったのです。
現在はショップやレストランが入ったショッピング施設になっていますが、1906年に建設された建物なので、こちらも築100年越え!
昨秋、なにやら「リースを2018年8月まで延長した」とか何とかって言うニュースを耳にしましたが、もしかして開発されてしまうのかしら?リニューアル?

中環のこのエリアに行くと、どうしても高層のIFCビルや後ろの香港上海銀行、中国銀行などに目がいってしまいますが、その前にドンと構えている古きこの建物とモニュメントェ。
後ろの建物は【舊最高法院(立法會大樓)】という建物。昔は最高裁判所として利用されていたそうです。1912年に完成したもの。
現在は金鐘に立派なビルが完成しているので、そちらに移ったのではないかと思います。
その前にあるモニュメントは【和平紀念碑】です。1923年に建てられたもので、戦没者を弔うために建てられたそうです。
【舊最高法院】には戦時中の弾痕がいくつか残っていると香港通の方のサイトで見たことがあります。
いつも素通りしているけど、じっくり散歩してみたい。

パワースポットとしてすっかり有名な【大坑蓮花宮】は1846年完成の築150年もの建物。大坑地区は中秋節になると『ドラゴンファイアーダンス』が開催されることで有名ですが、天井にはドラゴンの絵が描かれています。

MTRの開通でアクセスしやすくなった西營盤。
おしゃれなレストランやバーなども増え、足を運ぶことが多くなりましたが、ちょっとここだけは怖い・・・。
【舊精神病院(西營盤社區綜合大樓)】は元々は精神病院で香港でも有名な心霊スポットのひとつ・・・。現在はリノベーションして上を住宅に、精神病院だったところは西營盤地区センターとして生まれ変わっています。
レトロな建物は雰囲気がよく、最近は若いカップルがウェディングフォトと撮りに来るそうですが、昔から知っている人は「何でこんなところで?」と首をかしげるのだとか(笑)。

何気に尖沙咀エリアにも多いです。
これは有名な【尖沙咀鐘樓】。昔ここに九廣鐵路の終着駅があったことから、1915年にこの時計台が建てられました。現在は紅磡駅が終着駅となっていますが、駅は無くなったけど糖境内はそのまま時を刻んでいます。

高級ショッピング、高級レストラン、高級ホテルと高級づくめが終結している高級ショッピングモール『1881Heritage』は元々は【尖沙咀前水警總部】。尖沙咀の水上警察本部でした。実は1881年ではなく1884年に建てられたものです(Wikipediaでは1881年ですが、政府サイトでは1884年)。私が住んでいた頃はまだ高い石垣に覆われた水上警察でした。

ビクトリアハーバーを見渡せる公園『シグナルヒルガーデン』はシンフォニーオブライツや花火で混雑するプロムナードより穴場だと言われています。
ただ、ニューワールドセンターの建設によってビクトリアハーバーを綺麗に見渡せないですが・・・。
そこにあるのが【大包米訊號塔】。レンガ造りのこのタワーはラジオが普及するまで、ここで時報を伝えていたそうです。
建物内は9:00-11:00、16:00-18:00の毎日4時間だけ開放されており、上ることが可能です。

郊外に行くと趣のある歴史的建造物も多いですが、意外と市街地にも多いので街歩きにも飽きないですね~。

来週は「私の中の香港法定古蹟」を紹介しちゃおうかな~。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19