2014/06/22

香港のベテランシェフ来日~1日限りの東京レッスン/ルシャスデリシャス


料理研究家・櫻井景子さん主宰の料理教室Luscious* Deliciousは香港ではタウンガスクッキングでクラスを持たれています。櫻井先生が引率してくださる香港食材を購入する街歩きや街市めぐりは駐在妻さんはもちろん、日本からの旅行者にも人気です。
櫻井先生は東京でもレッスンをされていますが、昨年参加したかなーりレアなお料理教室のネタをいまさらながらですがアップします。

昨年6月に都内で開催された「東京特別レッスン」は、シェフ歴30年、香港では指導も行う傍らで料理本も出版されているベテランシェフ・Alvin Liuさんと、こちらも多くの料理本を出版して多くがベストセラーとなっている料理研究家Rachel Yauさんが来日され、1日限りの東京レッスンというかなりかなりかなーりレアなレッスンでした!
幸運にも抽選に当たって参加してきましたよー。
今回はデモンストレーションを見て試食するという、楽チンで嬉しい教室です。

メニューはこちら。

■前菜:香芹脆拌鶏絲/セロリと鶏肉の和え物
■湯:豆腐魚肚羹/豆腐と魚肚のスープ
■蒸品:荷葉籠仔蒸糯米腩排/スペアリブの糯米蒸し、蓮の葉の香り
■主菜:香橙脆明蝦球/えびのカツレツ、オレンジソース
■飯:鹹魚蝦乾菜粒炒飯/ハムユーとハーゴンのチャーハン
■甜品:芒果糯米巻/マンゴーのもちロール 

前菜の『香芹脆拌鶏絲/セロリと鶏肉の和え物』
セロリ苦手ですがおいしくいただけました!おうちで復習しましたがおいしかった!

スープは『豆腐魚肚羹/豆腐と魚肚のスープ』。「魚肚」とは魚の浮き袋。日本では食べることはほぼないと思うのですが、香港では高級食材なのです!
今日はこの「魚肚」をAlvin先生が参加者全員にお土産として持ってきてくださいました。
あぁ・・・家でちゃんと調理できるかなぁ。

蒸し物は『荷葉籠仔蒸糯米腩排/スペアリブの糯米蒸し』
これは日本人にも馴染みがあるし、作りやすいと思います。味付けたスペアリブにもち米付けて蒸すだけ。おうちで手軽にできますよ。

飯物は『鹹魚蝦乾菜粒炒飯/ハムユーとハーゴンのチャーハン』。鹹魚(ハムユー)は塩漬け魚、蝦乾(ハーゴン)は干し蝦です。どちらも大好き!この2つに塩気がたっぷりなので、チャーハン自体は敢えてシンプルな味付けです。

Rachel先生からのスイーツは『芒果糯米巻/マンゴーのもちロール』
これが好きじゃない人は人間じゃない(笑)。美味しくないわけがでしょー!!!


Alvinシェフのレシピ本大廚小宴は香港でも大ベストセラーになってるそうで、2013年World cook Award大賞を受賞されたそうです。
Rachel先生のクッキングクラスも連日大盛況のようですね。彼女は香港人向けに日本食のレッスンもされてるそうです!
日本で言うところの・・・土井善晴さんと森崎友紀さん?違うな・・・森崎じゃないな・・・ww。
ま、そんな大御所お二人の特別レッスン・・・光栄でしたー!広東語で説明して櫻井先生が訳してくださるのですが(櫻井先生は広東語が堪能です)、ところどころわかる単語を拾ったりして「あ、わかるわかる!」と嬉しかったり。

東京で広東料理を広東語でレクチャーしていただけるなんて、とてもレアな日でした!

↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村