2014/12/11

90年代の香港駐在妻を書いた本〜ニセセレブ妻って?

「香港」関連の書籍はほぼすべて購入している管理人です。
中でも2008年に出版された香港日本人駐在員/ニセレブ妻たちの生活は面白いかもしれません。

90年代には多くの日本人女性が自分の可能性を試そうと香港へ渡航しました。ちょっとしたブームになりましたよね。
それに対して、ご主人のお仕事事情で自分の意思とは裏腹に香港に移住した駐在員の奥様。
自分の力で香港で生活している現地採用の女性と、駐在員妻という立場でショッピングや食事に明け暮れた(と言われている)駐妻。当時はそんな両者が対立してたという話も良く聞きました。

また、駐在員妻の中でも大企業の方と中小企業の方では待遇が違い、そんな中でのヤッカミなども良く聞きました。
あそこの駐在員は子供の塾の費用まで会社が負担してくれるんだって!年に2回は家族で帰国する旅費を負担してくれるんだって!などなど、羨ましがっていたらキリがないですよね~。
幸い、私の周りには楽しい駐妻さんや現地採用の女性、配偶者や家族が香港人という方が多く、楽しく面白く過ごしたのですが、一部のお友達の中には、集まるとやっかみとか愚痴ばかり言う人も少しだけいました。

そんな90年代に香港に駐在されていた著者の方が見た駐妻さんのことが書かれています。
賛否両論ある書籍です。不愉快になる方もいるかもしれません。
そんなことがあったんだなぁという香港の時代の1ページとして見る分には、十分楽しめると思います。
今はいろんな事情で香港に住んでる方が多く、こんな対立はないと思いますけどね(笑)。

既に廃盤になってるようですが、Amazonなどで中古品が出ているようなので、興味があれば是非!!


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村