2014/12/30

冬だから火鍋だ!どうやってオーダーする?

寒い日は何と言っても火鍋。
でも実は火鍋は夏でもあるメニューなんです。
火鍋は広東語で【打邊爐(ダービンロー)】と言うのがメジャーです。
ほとんどのお店は選びたいスープ、食べたい具材をオーダー表に書きます。
何をどう選べばいいのか?ちょっとだけ指南します。

①スープの種類を選ぶ。1種類でもいいし、2種類でもいいです。スープのことは【湯底】と言います。
定番の白湯、麻辣、豚骨、魚湯、最近は薬善スープや蕃茄湯(トマトスープ)、冬陰功(トムヤムクンスープ)などもあります。
大人数で行って鴛鴦鍋(2種類のスープ)にするならば、片方は辛くないスープ、片方は辛いスープにするのが無難です。
トマトスープもお店によっては辛いところもあるので、メニューなどを見て唐辛子マークがついてないか、確認してみてくださいね。




②食べたい具を選びます。選ぶべき具のお勧めは肥牛(牛バラ肉)、羊肉、蝦丸(海老ミンチボール)、墨丸(イカミンチボール)、餃子や雲呑、 そして私のお気に入りが【生根】!油揚げのボールみたいなのですが、スープを染みこませて食べるのが美味しいです(写真左)。
後は陳皮(湯葉)や魚の皮を揚げた【炸魚皮】 もオススメです。
お野菜は西洋菜(クレソン)や生菜(レタス)をチョイスするのもいいです。

火鍋は多くのお店が食べ放題ですが、コースに含まれているドリンクはウメや金柑、そしてスイカジュースなどが定番。日本のようにお茶・・・というものは定番ではないようです(笑)。
どのドリンクも鍋に合ってていいですよ。日本では味わえないドリンクばかりです。

そして火鍋のシメはフルーツ!スイーツじゃなくてフルーツ。しかもスイカ!
香港では一年中スイカがありますね~。

火鍋は大人数でワイワイと食べるほうがいろんな具材が食べれていいですが、個人旅行さんで一人だけど火鍋が食べたい!という方には、【吉野家】の冬定番メニューで一人用火鍋があるし(今年はホタテ鍋のようです)、【HIPOT】のように一人火鍋が楽しめるお店もあります。


一人でも大人数でも、身体温まる火鍋、楽しんでくださいね。



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村