2015/04/05

香港旅行にエコバックをお忘れなく!〜4/1よりレジ袋が全面有料化

4/1から香港ではレジ袋が全面有料化されました。
今まではスーパーマーケットやコンビニなどのレジ袋が有料でしたが、香港全土の小売店などでもレジ袋が有料化されたそうです。

香港のスーパーやコンビニのチェーン店でのレジ袋有料化は2009年に始まりました。
そもそも「レジ袋の有料化」はもちろんエコを考えてのことですが、店舗側がレジ袋代を無料配布すると罰金が科せられるそうです。
香港市民が1日に破棄するレジ袋は3枚だそうで、1人当たりの破棄枚数は年間1,000枚に達します。これじゃあっという間にゴミの山ですよね・・・。
今回、スーパーやコンビニ以外のお店でも有料となったとのことで、どこまで拡大してるのかな・・・と気になります。
街市は?茶餐廰の外売はどうなったんだろう?

ある中華系レストランではテイクアウト用の袋や容器を有料にしたそうです。
「ユニクロ」はビニールのレジ袋から紙袋に切り替えたそうです。
生鮮食料品などは対象外だそうですね。じゃ街市での買い物は課金されないってことなのかな。
(って言っても旅行者が街市で買い物することはあまりありませんが・・・)

有料なのはいいけど、日本のように「レジ袋要りますか?」なんて聞いてくれないことも多いです。
欲しければ事前に言って!というスタンスですよね。
エコバック持ってなくて、会計終わって「あ!袋ない!」と慌てて「すみません、袋ください!」ということも多々ありました。
もちろん「袋持ってる?」と聞いてくれた店もあります!

【役立つひとこと広東語】
広東語で「袋ください」は「唔該、俾個膠袋(ンコイ、ベイゴガウトーイ)」です。 
ビニール袋は「膠袋(ガウトーイ)」と言いますが、「袋(トーイ)」だけでも通じます。
会計時に「有冇袋?(ヤウモウトーイ)」と聞かれたら「袋持ってるの?」の意味なので、エコバックをもっていれば「有(ヤウ)」、もっていなければ「冇(モウ)」と言ってレジ袋を買いましょう。

私が香港に住んでいた2000年頃は「エコ」なんてまだまだ考えてない頃で、マンションのゴミ捨て場も生ゴミも家電も一緒に捨ててしまう有様・・・。
香港では各フロアに大きなゴミ箱があって、好きな時間に捨てていいのですが、1つしかないので分別のしようがありませんでした。
それがたった15年ほどで、レジ袋の有料化が香港全土で実施されるなんて凄いなぁ・・・。

日本はまだまだ「エコ」には程遠いかなぁと買い物をするたびに思います。
過剰に渡してくるレジ袋、 どんな小さなものでも入れるレジ袋・・・要らないなぁと断ることも多いですが、もうちょっと香港を見習ってもいいかなーと思います。

皆さん、香港旅行の際は必ずスーツケースに「エコバック」を入れるのを忘れずに!!

トップの写真はまだレジ袋が有料ではなかった頃のローカルスーパー【Wellcome/恵康】のレジ袋。今、くれるレジ袋は何のデザインもロゴもない無地のレジ袋です。今となってはこれも貴重!!!


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村