2015/04/10

香港スター御用達のど飴〜あなたはどっち派?


先日、香港仲間さんに香港ののど飴をもらいました!
私が大好きな【京都念慈菴】の新しいりんご味!嬉しい〜!
私は気管支が弱いので必ずのど飴を持ち歩いているのですが、日本に売ってるもので「コレ!」というのがまったく見つからず。
香港駐在時代に、駐在の先輩に「コレがいいわよ」と教えてもらったのが【京都念慈菴】でした。ちなみにこの「京都」とは日本の「京都」ではなく、中国の「北京」の意味ですが、台湾のメーカーです。

最初に教わったのがこのシロップタイプの『蜜煉川貝枇杷膏』
咳止めシロップみたいな感じ。香港に住み始めて排気ガスで喉をやられることが多く、これはすごく効きました。
香港ではドラッグストアやコンビニ、スーパーで買えます。値段もすごくお得!ミニサイズで16HKDくらいからあるんです。
最近は1回使いきりタイプが発売されてます。今度行ったら買ってこよう!

そして次に勧められたのがのど飴タイプの『枇杷潤喉糖』
味は原味(黄色)、レモン味(オレンジ)、ミント味(青)、梅味(紫)、そして最近発売されたっぽいりんご味(ピンク)。
どの味も美味しいのだけど、私はオリジナルの原味が一番好きです。漢方の味がたまらない!クセになる味ですね。咳が止まらないときもコレを舐めたら効く・・・日本ののど飴はダメなのに不思議です。
香港のスター(主に歌手)御用達ののど飴だそうです。

時々【京都念慈菴】のサイトを見てるのですが(どんだけ好きなんだww)、最近新しくレモングラスミント味が出たとか、ソフトキャンディーが出たとか!これって香港でも売ってるのかなぁ?
ちなみに、なぜか香港【京都念慈菴】のサイトはアクセスできないので、台湾【京都念慈菴】のリンクを貼っておきますね。
見てるだけで台湾の工場に行きたくなる〜!(だから、どんだけ好きなんだ!)

【京都念慈菴】台湾サイト
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.nin-jiom.com.tw/



さて、香港でのど飴と言えばこちらもメジャー。おじさんマークの【金嗓子】
こちらは中国・広西省にあるのど飴メーカーです。
パッケージにメガネをかけたおじさんの写真入なのがいかにも中国っぽい!私が初めて見た15年前からパッケージが変わってないし〜!最初はこんな写真入りなんてどうなの?と怪しんでいましたが、お友達に勧められて舐めたら・・・あらいいじゃない!
ちなみにこのおじさん、社長さんかな?と思っていましたが、お薬を開発したどこぞやの大学の教授なのだそうです。

缶の中に大きな袋が4つ入っていて、袋の中には5つののど飴が入っています。
これもひとつ舐めたら喉がす〜っとします。
なんなんだろう。どうしてこんなに効果があるんだろう。不思議すぎ。
中国本土ではアナウンサー御用達ののど飴だそうです。
味は3種類くらいあるみたいですが、この青い缶しか買ったことがなかったー!他の味も試してみよう!

ちなみに・・・【金嗓子】のサイトを見ていたら、おじさんじゃなくておばさんの写真がついたのど飴パッケージが出ておりました・・・。
このおばさんは誰??? 誰か知ってたら教えてください!!

【廣西金嗓子集團】中国サイト
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://goldenthroat.com/
 
最近はAmazonでも買えるようで、どうしても香港にいけなくてどうしても欲しい場合は国内にいても入手できるようです。輸入代行しているサイトもありました。

冬の寒い乾燥する時期だけではなく、これから冷房などで喉をやられることもあるので、一年中重宝するのど飴です。お土産にもすごく喜ばれますしねー。

で、あなたはどっち派ですか?
京都念慈菴?それとも金嗓子喉片?

私?私は京都念慈菴派。時々金嗓子喉片(^^)


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村