2015/04/28

茶餐廰メニューde広東語②〜茶餐廰メニューを覚えよう!


先週に引き続き、「茶餐廰メニューの広東語」をお送りします。
先週の特集は・・・

茶餐廰メニューde広東語①〜朝食セットをオーダーしよう!
http://hongkongunchiku.blogspot.jp/2015/04/de.html


今日はセットメニュー以外はどんなのがあるの?です。
茶餐廰メニューは本当に種類が豊富です。
朝も昼も夜もおやつにも足を運べる万能レストラン、セットメニュー以外にどんなものがあるのかお教えしましょう。

≪飲み物系≫
香港迷の定番、港式奶茶(香港式ミルクティー)と鴛鴦(コーヒー紅茶)はマストアイテム!
咖啡は砂糖もミルクもたっぷりで出てくることも多いので、ブラックが良ければ「齊啡(ザイフェイ)」と言いましょう。
汽水はソーダ類なので、可楽(ホーロッ/コーラ)や雪碧(シュッビッ/スプライト)を指します。
試してもらいたいドリンクとしては、麦芽飲料の阿華田(オバルティン)や好立克(ホーリック)。日本のミロのような飲み物です。
氷あずきドリンクの紅豆冰(ホンダイビン)や檸檬菜蜜(ハチミツレモン)は暑いときにはオススメ!
面白いネタとしては、檸檬咖啡(レモンコーヒー)! 名前のごとく、コーヒーにレモンの輪切りが入っています。誰がどうしてコーヒーにレモンを入れようと思ったのか?美味しいと思ったのか?知りたいです。
そして滾水蛋(ワッソイダン)はお湯に生卵を入れたもの。ドリンクなのか?と突っ込みたくなります。かき混ぜて砂糖を入れて飲むらしいけど、ミルクセーキみたいな位置なのかしら?香港人の友達に聞いたけど「そんなの誰も飲まないよ!」と一蹴されました・・・。ネタにいかが?

≪サンドイッチ・トースト系≫
サンドイッチ(三文治)は気軽にテイクアウトも出来るので本当に便利です。
私が好きなのは公司三文治(クラブサンドイッチ)、咸牛肉蛋治(コンビーフたまごサンド)、呑拿魚治(ツナサンド)です。
トーストはやっぱり西多士(フレンチトースト)がお気に入りですが、奶醤多士(練乳ピーナッツバタートースト)や奶油多士(練乳バタートースト)もたまらない。高カロリー覚悟!
トースト類は奶は練乳、醤はピーナッツバター、油はバター、占はジャムを覚えておくと便利です。

≪たまご・オムレツ系≫
スクランブルエッグや目玉焼きは前回のセットでお話ししたのでそちらを参考に!
メニューでよくみかける「麥皮」と「奄列」。
麥皮は日本人にはあまり馴染みがないですがオートミールのこと。 奄列はオムレツです。

≪麺類≫
こちらも前回、麺の種類については大まかに説明しましたが、もう少し詳しくお知らせ。
通常の「麺」と米粉(ビーフン)、通粉(マカロニスープ)、意粉(スパゲッティ)、伊麺(少し平たい麺)、河麺(米粉で作ったきしめんのような平たい麺)、烏冬(うどん)そして出前一丁、インスタントラーメンは公仔麺とも表記されます。
 「炒河」とは「炒めた河麺」、「湯麺」とは汁あり麺のこと。

≪ご飯もの≫
ご飯ものは本当に豊富です!炒飯からぶっ掛け飯、ステーキもドリアもカレーもある!
茶餐廰の定番メニューは福建炒飯(あんかけ炒飯)、楊州炒飯(五目炒飯) 、干炒牛河(牛肉の河麺炒め)、星州炒米(シンガポールビーフン炒め/カレー味)、焗豬扒飯(ポークチョップドリア/トマトソース)。
覚えておくと便利なメニューは沙律(サラダ)、豬扒(ポークステーキ)、牛腩(牛バラ肉)、排骨(豬バラのカツ)、肉絲(肉の細切り)、魚柳(フィッシュフライ)、牛柳(牛ヒレ)

あー、だめだ。奥が深すぎて書ききれない(笑)。
メニューの内容はお店によりけりですが、大体置いてあるメニューはほぼ同じ。
ちなみに私がこの記事を作るにあたり、以前佐敦にあった茶餐廰のメニューを参考にしましたー!見たい人は画像クリックしてお持ちくださいまし!

恐らく、これだけ覚えればオーダーも食事も楽しめるようになると思います。
なんて偉そうにいいながら、私も茶餐廰は朝とランチ以外は香港駐在以来体験していないので、これからもガツガツ通ってみたいと思います!
 
広東語メニューシリーズは今後も続けますので、お楽しみに!


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村