2015/05/18

長洲島の饅頭まつりが始まるよー!

毎年旧暦の4/8には香港の離島【長洲島(チャンチャウトウ)】で祭りが開催されます。
中環からフェリーで25分、小さな島の小さなお祭りなのですが、祭りの知名度は高いし、いつもはのんびりした島が祭り開催期間は連日観光客が香港内外から押し寄せます!
そんな有名な小さな島の小さな祭りとは?
香港好きの日本人の間では誰もが知っている【長洲島饅頭祭り】、広東語で正式には【長洲太平清醮】と言われるお祭りです。
今年は5/25(月)がお釈迦様の誕生日にあたり、香港は祝日となります
祭りのメインイベントである【搶包山比賽】は饅頭争奪レースのこと。最終日の深夜24時に一斉に饅頭で作られた山に登って、制限時間内にたくさんの饅頭を取った人が勝ち!
というレースはテレビで生中継されるほど。
これだけは知っている人も多いのではないでしょうか?

「平安」の文字が書かれたタワーの饅頭は以前は本当の饅頭を使っていたそうですが、衛生的ではないということでビニール製になりました。
そしてこのレース自体、1976年に事故があって以来禁止されており、2005年に復活したそうです。
この祭りは年々、香港の人気イベントになっているような気がします。「平安グッズ」も最近では年中買えるようですねぇ。

このお祭りは、疫病や海賊の惨禍から村民を守ることを祈願して、100年前に始まったお祭りです。
レース以外にも、旧正月以来の獅子舞や子供のパレードもメインイベントのひとつ。
そしてお祭り期間の3日間は肉は禁止。お釈迦様の誕生日を祝うお祭りですから島内のレストランはもちろん、マクドナルドですら肉を出さないんですってよー!それも是非味わって欲しいな。
粽も良く売ってますが、肉を使っていない「素」と書かれています。精進料理の意味です。

さて、このお祭りですが、先にも話した通り、小さな島の小さな祭りですが知名度は非常に高く、訪れる人が非常に多く、年に一度、長洲島が大混雑します。
交通手段はフェリーのみと限られているので、自力で行こうと思ったら中環フェリー乗り場で長蛇の列で、パレードは見れなくて・・・という散々な結果になります。
私の友人も、何となくノリで行ってしまい、行けてしまったのですがもうモミクチャになってげっそりして帰ってきました・・・。

もし、可能であれば少し高くついても香港現地のツアーに参加したほうが良いです。
ツアー会社によってはフェリーをチャーターするので、混雑することなく乗船できます。

日本語のツアーがよければパンダバスを始め現地ツアーがあります。英語が出来るならば、もう少し安値でツアーがあります。
なんだか、年々観光客が増えてるみたいだし、時期的に暑いし、ストレスなく楽しむならツアー参加がオススメです。

あー、私も一度行ってみたいけど、とりあえず今年もネットで饅頭争奪戦は見よう!
ちなみに昨年のレースの動画はこちら。女性もいますよー!



香港迷友人Kさんよりお写真をお借りしました。
Kさん、ありがとうございました。


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村