2015/05/04

マカオ観光の定番!聖ポール天主堂跡!

たまにはマカオのオススメを。
マカオは私も大好きな街。香港駐在時代にも良く行きました。
当時はマカオの中国返還前後でマフィアの抗争も激しく、本当に治安が悪かったのですよ。
マフィアの抗争に巻き込まれる事件もあったし、カジノなんて気軽に行けませんでした。

マカオの魅力はカジノと世界遺産巡り。
カジノと言えば、長年スタンレー・ホー氏がカジノ経営権を独占してましたが、2002年にマカオ政府がカジノ経営権の国際入札を行って、ウィンとかベネチアンとかサンズにも経営が開放され、あっという間にカジノホテルが建設されたのは皆さんよくご存知のこと。
私が知ってるマカオのカジノホテルはリズボアだけだったのですが、もうあちこちにカジノホテルが建設されちゃっていますねー。

もうひとつの魅力、世界遺産巡り。
2005年にはマカオの20以上の建築物や広場が【マカオ歴史地区】として世界遺産登録されました。
小さな街にたくさん点在している世界遺産を散歩がてら巡るのも楽しいです。
ポルトガル領土だったマカオは香港とはまた違った風情があり、興味深い街です。

マカオを訪れる人が必ずと言っていいほど観る世界遺産はコレと言ってもいいでしょう。
【聖ポール天主堂跡】 はマカオのシンボル。広東語では【大三巴牌坊】と書きます。
1637年に建てられたので、もうかれこれ400年弱前に建てられたってことですね。
過去に3度ほど大火事に見舞われ、1835年の火事が元でファサード以外が消失しました。
何度も見てるけど、何度見てもこのファサードだけで、どれだけ巨大な教会だったのかが想像つきますよね!

ちなみにこのファサード、裏側から上れるようになっており、2階部分の窓から【聖ポール天主堂跡】前にある広場イエズス会紀念広場】が望めます。こちらも世界遺産登録されてます。
2階って書いたけど、高さ的には3階くらいあるんじゃないかしら。

教会の地下には【天主堂芸術博物館】と納骨堂があって、日本人キリシタンの殉教者の方も納骨されています。

ただこの【聖ポール天主堂跡】を見て終わり!じゃなくて、裏手には別の世界遺産【ナーチャ廟(哪吒廟)】、高台には【モンテの砦(大炮台)】もあります。
階段を下りて右方面の【大三巴街】を歩けば、凄く赴きのあるマカオローカル風景に出会えます。

出来ればゆっくり時間をかけて巡って欲しいなぁと思います。
私も久々行きたいぞ!

↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村