2015/06/19

茶餐廰のマカロニスープをおうちで〜クノールマカロニスープの素


香港茶餐廰の味を日本に持ち帰りたい方にオススメのお土産はコレ。
わかりますよねー。
茶餐廰の朝の朝食セットについてくるマカロニスープ。
最初見たときは衝撃的だったし、こんなマズイもの二度と食べない!と思ったのだけど、今思うとただのマカロニスープの何が衝撃的だったのか分からないし、どうして美味しく感じなかったのかも分からない(スープ自体はちょっと薄味ですよね)。慣れって凄いなー。
香港駐在当時はほとんど食べたことないのに、通い始めてからは良く食べてます。

クノールのマカロニスープ【家樂牌快熟通心粉】は9種類くらいの味があります。
鮮雞湯(チキンスープ)、 鮑魚雞湯(アワビとチキンスープ)、 和風豬骨湯(和風豚骨スープ)、 鮮肉雲吞湯(ワンタンスープ)、牛肉湯(牛肉スープ)、 雜錦鮮蝦湯(エビスープ)、 香辣冬菜湯(ピリ辛野菜スープ)、 紅燒肉丁湯(豚もも肉スープ)、鮮菇上湯(きのこスープ)とあるそうですが、まず最初に買うなら一番無難な『鮮雞湯(チキンスープ)』 だと思います。
具材は写真のようにハムをカットしてのせたり、日本人ならば色彩的に青いものが欲しいのでネギかパセリを散らすのもいいですね。

以前、香港料理教室でフィービー先生に習った『牛肉通粉』を食べるなら『牛肉湯』がいいなー。これなら牛肉トッピングです!

香港茶餐廰メニューを作ってきたよ
http://hongkongunchiku.blogspot.jp/2015/05/blog-post_16.html


チキンスープは何度か買って来たけど、他の味はほとんど試してないな・・・。ワタクシ、冒険心が足りないようです(笑)。

再来週から久しぶりの香港旅行。全種類買って・・・くるかもしれない!!!

日本で「クノール」と言えば、どちらかと言うとお湯を入れて飲むカップスープのイメージが強いですが、香港「クノール」はチキンスープを筆頭に調味料としてのスープの素が多いです。
固形スープの素も豊富で買って帰る人も多いと思うけど、このマカロニスープも是非オススメです!
これを買って帰ればおうちで茶餐廰メニューが簡単に作れちゃいますね。

そういえばイタリアに行ったときにイタリアクノールの「即席リゾット」があったなー。ヴェジターレとポルチーニ茸の固形スープの素は買ったのだけど。
世界のクノール、侮れない!!!


香港クノールサイト
http://www.knorr.hk/



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村