2015/07/13

取り壊しが中止された【永利街】へ行って来た!

今回の香港旅行で必ず行きたかったところのひとつ、中環・【永利街】
この通りはとても古い建物がある狭い狭い人しか通れないほどの通りで、唐楼(香港の古いアパート)がいくつか建っています。21世紀の香港で、近代的なビルが立ち並ぶ中環で、こんなノスタルジックな一角がまだあったのか!と思うような通り。
残念ながら取り壊しが計画されていましたが、2009年に公開された香港映画歳月神偸でこの通りに住む家族が描かれ、映画自体がベルリン国際映画祭で最優秀作品賞を受賞したあたりから、【永利街】の保存を望む声が上がり、取り壊しが中止されました。
老朽化が進んだ唐楼はリノベーションされて、以前とは少し雰囲気を変えていますが、ノスタルジックな雰囲気はまだ健在です。

ちなみに映画【歳月神偸】は日本未公開!!
サイモン・ヤムとサンドラ・ンが出演!私も見てない!見たいー!

 オンボロだったであろう唐楼は全部ではないですが、ほぼ8割がたリノベーションされて、ちょっとオシャレな唐楼になっています。
生活しているらしき人が数名、数軒あったようです。

たったこれだけの小さな通りですが、趣のある通りです。前はもっとノスタルジック感満載だったろうなぁと妄想・・・。

 私は用事があったので西営盤方面から歩いて行ったのですが、できれば中環方面から歩くことをオススメしますー!
【PMQ】の裏手から行くととてもわかりやすいです。3-4分で付いちゃいます。
【PMQ】『G.O.D.』から士丹頓街(Stanton St.)に出ると早いかも!

街の老朽化で通りがひとつなくなるところだったのに、映画がきっかけで保存されることになるなんて、香港好きとしても香港映画ファンとしても嬉しい限り。
でもだったら最初から保存すればよかったのにねー!



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村