2015/09/21

レディース限定フロアがある穴場ホテル~パンダホテル

荃湾地区にあるパンダホテル(悦來酒店)】をご存知ですか?
安いパッケージツアーで行くと宿泊する可能性の高いホテル。ホテル壁面に巨大なパンダ画が描かれていて、荃湾のランドマークのひとつです。

貿易の仕事をしていた頃、香港出張する先輩たちが必ず宿泊していたのがこのホテルでかなり前から名前は知っていました。
香港に行くようになって「格安ツアーの選択肢にあるホテル」と知りました。
荃湾は中心地から40分程度と少し離れているので、初めて香港に訪れるツーリストにはいささか不便かもしれません。
でもただ立地が不便なだけで、ホテル自体は評価も悪くないし、ホテル周辺もローカルで魅力的な場所です。
なのでちょっと宿泊してみました。そうでもないと荃湾を街歩きするチャンスもないですしね。
しかし、思っていた以上に良いホテルで眼からウロコー!これは是非オススメしなければいけないと思い、写真を撮りまくりましたー(笑)。

今回、私は香港人の友人にお願いして予約してもらったのですが、女性1人の宿泊だからと、レディース限定フロアにしていただけました!これはすごくありがたかったです!
お部屋のほうはというと・・・。

レディース限定フロアへは、キーカードを挿さないとフロアボタンを押せません。
まぁ同じエレベーターに男性が乗ってたら一緒に行けちゃいますけど・・・(笑)

ベッドはダブルベッドひとつ。一人なのでゆったり使えました!お部屋自体も清潔。掃除もしっかり行き届いていて何の不満もなし!

ちなみに、お部屋からバスルームは丸見えです(笑)。
まぁ一人だし、誰に見られることもないし・・・。

こじんまりですが、十分な広さ。赤いチェアは常に荷物置き場になりましたけどね・・・(笑)。

バスルームは女性に嬉しいアメニティもしっかり揃ってました。
ラバーダックのポンプも可愛いし(^^)

壁にかかってるパンダのアートも可愛い!これ、全部毛糸で作られてるんですよー。

ホテルとその周辺のオススメをまとめてみると・・・。

◆レディースフロアは静かでくつろげる!
【パンダホテル】は1,000室以上も客室のある巨大ホテルで、中国人観光客がかなり多かったです。深夜も出入りが多かったですねー。賑やかです・・・。
中国人観光客と同じフロアになると、夜遅くまで騒いでいたり、部屋のドアを開けて大声で話していたりと嫌な思いをすることが多かったですが、レディース限定フロアは比較的一人旅の女性が多かったようで、本当に静かに過ごせました。

◆MTR荃湾駅から徒歩10分。差ほど遠く感じない。 
MTR荃湾駅からは10分くらい。街並みを楽しみながら歩いていたのであまり距離は感じませんでした。ローカルな飲食店やショッピングエリアも多く、ここだけで滞在しても困りませんねー。
ちなみに隣のMTR大窩口駅からも同じくらいの距離ですが、ホテルまでの道が大きな幹線道路を歩くので人通りがそんなに多くないかも。
夜遅いなら荃湾駅から歩いたほうが、人通りが多くて安心です。

◆ホテルの下は巨大ショッピングモール!ホテル裏にもローカルモール!
【パンダホテル】はホテルの下が悦來坊というショッピングモールになっています。
飲食店からショップ、AEONモールまであるので本当に便利でした。ホテル下にコンビニもあります。
そしてホテルの裏手にも『荃薈商場』というローカルなショッピングモールがあり、ローカルスーパーの「PARKN'(百佳)」やドラッグストア「WATSON'S」もありました。
日本の「サイゼリア」も入っていたのはびっくりしました(笑)。香港に進出してたのかー!
お土産の買い物も食事にも全然困らないー!

◆宿泊者限定、尖沙咀まで無料シャトルバス運行!
MTRまでホテルからだと40分近くかかります。意外と遠いですね。荃湾自体で楽しむことは十分に出来ますが、中心地に出るのは遠い・・・。
宿泊者用に尖沙咀までの無料シャトルバスが1時間に1本運行しています。20分くらいで尖沙咀のDFS前まで行ってくれるので助かりますねー。交渉次第では旺角でも下車させてくれるみたいです。
予めフロントに予約するのがベターですが、空きがあればその場でも乗せてくれるようです。

◆ホテル周辺オススメバス情報!
①ホテル裏から30番バスがオススメ!
→ホテル裏手の荃薈商場前バス停「荃富街公園」から30番バス長沙灣行きに乗車
先日ご紹介して大好評ネタとなった、香港の中野ブロードウェイ葵涌廣場まで行くことができます!「新都會廣場」で下車してください。所要時間10分。
逆にMTR葵芳駅D出口右にあるバスターミナルから同じバスに乗れば、ちょうどホテル前で止まります。
長沙灣行きとなっていますが、終点はMTR荔枝角駅付近です。MTR長沙灣駅行きではありませんおであしからずー!

②MTR荃湾駅付近から48X番バスがオススメ!
→MTR荃湾駅へ向かう大きな道路・青山公路荃湾段の手前の陸橋を降りたところにあるバス停「荃灣眾安街」から48Xバス禾輋行きに乗車
このバスは沙田までトンネル通ってビューンと行ってくれるバス。
荃湾から沙田にMTRで行こうとすると、MTRで太子まで行って觀塘線に乗り換えて、九龍塘駅で東鐵線に乗り換えて・・・と遠回り。
車で行くならば荃湾から「城門隊道」というトンネルを通ればすぐなんですよ。
実際、バスで行っても25分の所要時間でした。メッチャ早い!
「沙田市中心總站」で下車すれば、沙田の駅前巨大ショッピングモール『新城市廣場(New Town Plaza)』のバスターミナルに到着。
ここから『萬佛寺』にも行けるし、香港歴史博物館 にも行けるし、新界方面にも行くならこのアクセス法がオススメですよー。

荃湾の街はローカル色溢れる街で、一日いても楽しめると思います。
また川龍村行きのミニバスも出ているので、郊外の飲茶端記茶樓へもアクセスしやすいと思います。
美味しい茶餐廰も多くあるので、こりゃまた荃湾に滞在したいなーと思ったくらい。
香港島は諦めて、新界エリアをぶらぶらする拠点にするならばお勧めですね。
ビギナーさんだと勝手が分からないと思うので、リピーターさんには断然オススメします。

さて、気になる宿泊費用ですが・・・。
これはタイミングやホテルサイトによって料金が異なるので何とも言えませんが、安いタイミングだと1泊1部屋6,000円くらいのときがあると聞きました。
私は友人のおかげでかなり安く宿泊させてもらったので、値段は参考にならないと思いますが・・・スミマセン。
ホテル代が高騰している香港なので、ちょっと郊外でこれだけ満足できて中心地よりちょっと安いホテルならば何度も泊まりたいなーと思いました。

再開発の波がドンドン押し寄せてる中心地に比べると、少しのどかに時間が過ぎていく荃湾エリアはリピーターさんの香港魂を刺激してくれる街かもしれませんよー。


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村