2015/12/14

移り変わってゆく女人街

旺角にあるストリートマーケット【女人街(ノイヤンガイ)】は観光客なら一度は訪れたことがあるはず。
連日多くの観光客で賑わっているこの通りです。
通りの正式名称は『通菜街』ですが、比較的女性向けのグッズを取り扱う露店が多いことから【女人街】と言われています。
それに対抗して、男性向けグッズの露店が多い『廟街』【男人街】と言われています。

この【女人街】ですが、以前は観光客向けのお店の他、香港市民向けのお店も多かった気がします。
私もここでデニムスカート買ったし(しかも60HKDという破格)、遊びに来た母がニットのアンサンブルを買って気に入ってしまい、後日そのお店で何セットも購入して日本に送ってあげました。
「ピカチョウ」と書かれたインチキ日本語のTシャツなんかもあって、観光客じゃなくても楽しめたのですが、ここ数年の女人街を見ていると、大半が観光客向けのお店になってしまった気がします。
それでも眺めているだけでも楽しかったり、そのときの流行とかも分かるので、近くに行くとチラッと足を運んでいます。

【女人街】の王道と言えばこのセクシーランジェリー(笑)。
今は取り扱っているお店がごくごく一握りになった気がします。買ってるのは欧米人観光客が多いかなww。

ザ・チャイナ!な衣料品も多いですね。子供向けのチャイナドレスなんか可愛いけど、日本でなかなか着るシチュエーションは少ない?

ブルース・リーファンの殿方へのお土産に喜ばれそうなブルース・リーTシャツ。
こういうグッズはこうしたストリートマーケットに多いですね。

かわいいスリッパもあります。
佐敦のスリッパ屋先達商店にはちょっと劣るけど、これを買って帰る人も多いですよね。

アニメキャラグッズも多いです。スポンジボブとかキティは分かるけど、NHKのキャラクター「どーもくん」まであるとは!
香港でどーもくん、時々見かけますよ~。

【女人街】で取り扱う商品は定期的に変わりますね。ずっとそのお店が商品があるわけじゃないので、欲しいものがあったらそのときに買うのがベターです。
今夏に行ったときはこんな切り絵カードを売っているお店が多かったです。
可愛いけど香港らしいお土産にはならなそう?ちょっと大陸臭を感じました・・・。

ニセモノを売っているお店もまだあります。
高級ブランドのニセモノを扱うお店もあるし、こうしたローカルブランドのニセモノまであります!
これはMorn Creationsのシャークポーチのニセモノ。作りがかなり雑だし、オリジナルにはない色もあるし。
購入するときは気をつけてくださいね!

私が【女人街】に行くときは目当ての店だけを狙って行くことが多いです。
全長だと旺角駅から油麻地駅までほぼ1駅分(500m弱)あるし、人が多くてスムーズに歩けないから結構時間かかるかな。

香港迷さんの中には「もう王道すぎるから行かない」という人も多いかな?
私もしばらく足を運んでなかったのですが、たまに行くと楽しめるかも(笑)。
ただ、お土産になるようなものが年々減っている気がするので、買うとしたらスマホグッズくらいかなぁ・・・。

【女人街】

旺角から→MTR旺角駅D3出口より亜皆老街に出て、通菜街を右折するとそこから女人街
油麻地から→MTR油麻地駅A2出口から彌敦道に出て北上し、登打士街を右折して2本目の通りを左折するとそこから女人街
(旺角からは徒歩1分、油麻地からは徒歩7分くらいです)
営業時間:お店によりけりですが、お昼過ぎくらいから22時くらいまで


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村