2015/08/31

香港に100もある天后廟

香港のガイドブックを見ていて【天后廟】に行ってみたいなーと思うこともあるでしょうが、実は香港に「天后廟」は100箇所以上あるってご存知でしょうか?

「廟」は日本語では「ビョウ」、広東語では「ミャウ」と読みます。日本の神社のようなものです。
『天后(ティンハウ)』とは宋の時代に実在した巫女さんのことだそうで、海の守り神とされています。
そのため、【天后廟】と名前の付く廟は海の近くに祀られていることが多いのです。

例えば・・・淺水灣の【天后廟】は目の前が海なので分かりやすいですが、香港島・天后にある【天后廟】、そして油麻地にある【天后廟】は以前は目の前が海だったのです。
埋め立てられてしまって今は海岸線からは少し距離がありますが、昔はこの付近までが海だったか・・・と思うと感慨深いですよね。

海の守り神とされる【天后廟】は実は香港に100箇所もあるのです。
上記に挙げた3箇所の【天后廟】はガイドブックにも掲載される観光地ですが、それ以外にも多くの【天后廟】が点在しています。

例えば・・・

【鯉魚門天后廟】
かつてはシーフードが美味しい村として日本人観光客にも人気だった『鯉魚門(レイユームン)』。最近は離島や郊外の方が安いので、ついつい足が向きませんが、ここにも【天后廟】があります。
シーフードエリアの三家村をグイグイと歩いて海沿いに出ると、こんな風景が見られます。
すごく綺麗な眺めなので、今度こそ行ってやるー!




 【香港仔天后廟】
香港仔(アバディン)と言えばジャンボレストランのイメージですよね。
少し内陸に入ると香港仔の街があります。
ここにもやはり【天后廟】はあります。





【長洲島天后廟】
もちろん離島にも【天后廟】あり!海の守り神ですがら離島のほうがたくさんある気がします。




ガイドブックに載っている【天后廟】をクリアしたら、こうしたガイドブックに出ていない廟めぐりも楽しいものです。

さて、先日ニュースで聞いたのですが、油麻地【天后廟】でボヤ騒ぎがあったとのこと。
どの程度の被害なのか分かりませんが、今現在は廟内は立ち入り禁止となっているそうです。
一日も早く復興しますように。
あそこは油麻地、男人街のシンボルですからいつまでも健在して欲しいです。


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/08/29

期間限定、懐かしの遊園地が復活!~荔園

香港で遊園地と言えば、今は『香港ディズニーランド』と『オーシャンパーク』が思いつくと思いますが、香港人にとって外せないのが【荔園/Lai Yuen
1949年に荔枝角(ライチーコック)にて開業したこの遊園地は、当時は香港では最大級の遊園地。
1997年に惜しまれつつ閉園しましたが、この夏、中環に期間限定で復活中で、連日多くの観光客と【荔園】を懐かしむ香港人で賑わっています。
ちなみに荔園跡地は既にマンションが出来て、当時の面影は全くないようですねぇ。
現在の場所はここですー。



7月の香港旅行で私も行く予定でいましたが、スケジュール変更してしまったおかげでとうとう足を運ぶことが出来ませんでした・・・。
(というか、今回スターフェリー乗ってないしぃぃぃ!)
私は初香港が1997年2月。さすがに初香港旅行で【荔園】の存在は知らず、1999年に住み始めたときに「【荔園】っていう昔からあった遊園地が閉園しちゃった」という情報は耳にしました。
【荔園遊樂場】って日本で例えると・・・「花やしき」?でも「花やしき」はまだ現存しているので、私的には「旧後楽園ゆうえんち」 かな?と思います。

ちょうど同じタイミングで行かれていた香港迷仲間のKさんがお写真を提供してくださったので、ご紹介しますね。

【荔園】で人気者だった今は亡き象の天奴。こういうのも香港人にとってはたまらないでしょうねー。

この恐竜も当時は【荔園】のシンボルだったそうです。
後ろが滑り台になってるんですよー。

 冰室(レトロカフェ)もあります。どんなメニューがあるのかなー気になる!

 街中にはこんなトラムも走ってるんですね。ポップなデザインが可愛いー!

夜も営業してますー。アトラクションはメリーゴーランド、コーヒーカップ、お化け屋敷など昭和なアトラクション多し!この辺りは世界共通なんですねー。

ファンカードとバッヂ。バッヂは私もひとつお土産にいただいてしまいました!嬉しいー!

園内マップはこちらをご覧くださいー! 【荔園遊樂場】園内マップ


【荔園遊樂場】は入場無料ですが、アトラクションはトークンが必要です。1枚10HKDだそうです。
あーあぁ、無理してでも行くべきだったか・・・・。

6月下旬から開催していますが、あともう少しで終わりです。
近々香港に行かれる方、9/3までですので間に合う人はレッツゴー!!

【荔園遊樂場】
開催期間:2015/9/3まで
場所:中環フェリーターミナル前
営業時間:11:00-23:00
入場料:無料(アトラクションはトークンが必要・1枚10HKD)
公式サイト:http://www.laiyuen1949.com/en/

Kさん、たくさん写真を提供いただきありがとうございました!


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/08/28

新しい香港定番土産になるか!~珮夫人・マダムパール


香港土産として【京都念慈菴】【金嗓子】ののど飴が定番化しているのは有名な話。
香港に行ってわざわざのど飴?と思うかもしれませんが、スーっとのどに心地よくて効果絶大です。日本にはなかなかここまで効果があるものがなく、私は17年近く香港ののど飴が手放せません。
上に挙げたこの2種類は香港スターもご愛用ののど飴なのです!

香港スター御用達のど飴〜あなたはどっち派?(2015/4/10記事)
 http://hongkongunchiku.blogspot.jp/2015/04/blog-post_10.html

私はいつも【京都念慈菴】を買ってくるのですが、今回は少し前から香港在住ブロガーさんの記事で気になっていたこののど飴を購入することにしました。

【珮夫人/Madame Pearl's】盧森堡大藥廠有限公司という会社のブランドで、香港で1954年に立ち上げられた製薬会社のようです。
珮夫人(マダムパール)は実在した科学者さんみたいですねー。
っていうかこの会社、昔からのど飴やらシロップやら出してるんじゃないかっ!
すごくノーマークでした!
【京都念慈菴】【金嗓子】に翻弄されて全く気付いてませんでした・・・。

今回の香港旅行で、ドラッグストアに行けばあるだろうけど簡単に見つかるかな?と思っていた私ですが、正直びっくり!
ドラッグストアはもちろん、コンビニにも置いてあるじゃんか!3年前まで見かけませんでしたよー。
香港でお求めになる方、簡単に見つけることが出来ますのでご安心を。
逆に【京都念慈菴】がちょっと押されてしまってる感がありました。品揃えがしっかりしてないところが多い・・・・。

【珮夫人】ののど飴、私が今回見つけたのは5種類でした。
購入したのは柑桔檸檬味(キンカンレモン)、柑桔蘋果味(キンカンリンゴ味)、薑蜜味(生姜ハチミツ味)、そしてのど飴の定番・川貝批杷味

買わなかったのですが、黑糖梅子味(黒糖梅味)もありました。
他にも柚子味とか緑茶、烏龍茶味なんていうのもあるようです。

中身はこんな感じでひとつずつ袋に入っています。
パッケージ自体、ジップロックが付いています。
さて、気になるお味のほうですが・・・・。
まだ全種類いただいてないですが、キンカンレモン味は日本のヴィックスドロップに似てるなと思いました。
【京都念慈菴】が大好きな理由はあの漢方臭さ。あれがすごくのどに効く感じがしますが、あの漢方臭さが苦手な人もいますよね。
【珮夫人】は漢方味は全くないので万人に受ける味かなーと思います。

暑さも少し落ち着いて、あっという間に秋が来そうな日本ですが、これからの時期、手放せないのど飴を香港旅行でお求めになってはいかがでしょう。

【京都念慈菴】【金嗓子】、そして【珮夫人】と購入して食べ比べするのもいいかもしれませんねー。



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/08/26

香港を大切に写そう~ウンチク流写真撮影法

今日はちょっと香港とは違うお話を。
香港の風景を綺麗に写す技を少しお伝えできたらいいなーと思います。といっても、私もド素人なのですが、ド素人はド素人なりに努力しているのでございます・・・(笑)。

香港に行くときはカメラは必須アイテムです。
最近はスマホのカメラ機能もとてもいいので、スマホで済ませてしまう人もいるかな?
今回私はミラーレスカメラとコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の2台を持っていきました。それとiPhoneです。
カメラ2台持ちは香港に行くときは必ずなのですが、もし仮に1台が壊れても、バッテリーがなくなっても良いように。
また、カメラの機種によって撮影具合が違うので、ミラーレスで何度撮っても納得いかないけど、iPhoneで撮ると満足いく写真が撮れることもあるのです。
今回の旅行ではミラーレスとiPhoneがメインで、コンデジはほとんど出番がありませんでした(笑)。

香港で風景を食べ物を綺麗に撮りたい!と思うのは皆さん同じだと思います。
私もブログ用に綺麗な写真をたくさん撮りたいー!
幸い、私の周りにはカメラに長けた人が多く、いろいろアドバイスをもらえるので本当に助かっています。

私が知ってるプロに教えてもらったカメラテクと、香港で写真撮影していて学んだことなどを含めて皆さんに伝授したいと思います。

◆写る人物の写り方を考える!
 元カメラマンの義父に教えてもらった技。これは本当に意識するようになってから変わりました。
義父は毎年桜を撮影しにあちこちの公園に行くのですが、人を入れたくないがために早朝足を運ぶこだわりよう。そしてもし人がいたら通り過ぎるまで待つのだとか。
それを聞いてから私もなるべく人の入り方を意識するようになりました。

①どうしても人を入れたくない風景は人がいなくなるまで待つ
②もし入れるなら風景と一体化するように遠くに存在させる
③手前を歩く人物は入り込まないようにする。


上環での1枚。待ち歩く人を待ってから撮影しました。建物の写真を撮りたかったので、人を入れませんでした。

上環・永利街にて。遠くに人が写ってますが、風景の一部にしてしまって撮影しました。手前に人がいるよりいいです。

尖沙咀・重慶マンション前。ここは人が写らないように写すことがムリ。この人通りが活気があって逆に人物を入れて写したい風景。街中の風景写真はこうして人も風景にして撮影すること。ただし、手前に人が写ると、写真自体が台無しになる気がします。
例えば、これが私の失敗作です。

中環・卑利街を撮影。道行く人を待っていたのだけど、人が途切れず。
手前に写る3人が入ってなくて、もう少し通りをズームできたらよかったかも。

中環・蘭芳園にて。店頭にいるお客さんはいいとして、手前左に金髪の人が入ってしまったことでアウトです。

街中で写真を撮るときってどうしても人が入ってしまうのは仕方がないのですが、手前におじさんの頭が入っていたりするとちょっと残念ですよね。
手前の人が入り込まないように、タイミングやアングルを考えて撮影すると、ちょっと違う写真が撮れると思います。

◆食べ物は横からも撮影する!
フードカメラマンの友達にもらったアドバイス。
食べ物の写真はお皿の真上から撮ることが多いと思いますが、横から撮ると立体的になって、より美味しそうに写せます。
時にはお皿を持ち上げて撮影するのもあり!

先日アップした「クリスピーポーク」写真。これはお皿を持ち上げて撮影しました。

汁ものは具材をすくってから撮ると良いです。
左手ですくって、右手で撮影。変な人だと思われてもいいのですー(笑)。

◆食べ物と一緒にお店の雰囲気も撮影する!
こちらも前出のカメラマンに教えてもらったこと。
食べ物と一緒に、お店の雰囲気が分かるような風景や物を入れると、後で見返したときにどこのお店だったか分かりやすいです。
 
FRauにも掲載されていた尖沙咀・巴黎冰室にて。
テーブルにあったメニューの上に豆腐花をのせて撮影しました。
ピントは豆腐花に、メニューがぼやけてて良い感じ。でも店名は読めますよね。豆腐花をちょっと右にずらして撮影するのもポイント。必ずしも被写体が真ん中じゃなきゃダメなわけじゃない。

板橋区大山・香港時間でもこうやって撮影。左手でグラス持ち上げて、右手で撮影(笑)。
この写真一枚で「これは香港時間さんのアイスレモンティー」ってわかりますもんね。

◆写真は縦と横と2通り撮影する!
 スマホやガラケーで撮影する方、縦方向でばかり撮影していませんか?
FacebookやTwitterなどで撮影しているのを見ると、大体が縦方向です。
縦と横では写せる範囲が違うので、出来れば両方撮って比べてみて欲しいな。


同じ風景を縦と横で撮ったもの。必ず両方撮るようにしています。
ちなみにブログ用写真は横向きが使いやすいです。
ウンチク話に写真提供してくださる場合は、出来れば横向き写真だと助かりますー(笑)。

カメラ技術をもっと上達したいなーと思いつつも「マニュアル撮影が」とか「絞りが」となると、どうしても覚えられず、多分センスがないんだと思いますが、そんなド素人でも少し意識することで綺麗な写真が撮れるんだなーというのは本当によく分かりました。

これから香港に行かれる方、もし良ければ参考にして意識して写真撮ってみてください。
ちょっと変われるかも!

あ、そうそう。香港から帰ってきたら、是非撮って欲しいものがひとつ。
自分が買ってきたものを並べて撮影するのもお忘れなく!香港旅行の記録として残しておくのもいいですよ。





↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/08/25

尖沙咀で安いお店発見!~厚福漁舫 *閉店

◆残念ながら、こちらのお店は閉店してしまったようです・・・2015年10月20日情報◆

珍しく尖沙咀で晩御飯を食べました。
元々観光地で香港でも大きな繁華街の尖沙咀は、高級レストランからローカルレストランまで豊富ですが、私のようなチープトラベラーには敷居が高いレストランが多く、比較的ご飯を食べる場所としては避ける場所です。
今回、香港人の友達と会う予定があり、行ってみたいなーと思っていたお店をいくつかセレクトして友達に提案したら、友達も行きたかったということでここになりました。
尖沙咀・厚福街にある【厚福漁舫】
別の香港人友人に教えてもらったお店でした。

厚福街は小さな通りにいくつもの飲食店が立ち並び、ガイドブックでもオススメされているお店が多いグルメ通りです。
ちなみに厚福街には今は既になくなってしまいましたが、池上千恵さん著書の香港女子的裏グルメで紹介されていてお気に入りになった『桂記雲吞麵』があったし、同じく紹介されていた『唯一麵家』も閉店ののち、新唯一麵家としてリニューアルオープン、人気スイーツ店の甜蜜蜜も厚福街にあります。
【厚福漁舫】はどんなお店でしょう〜。

ジャンル的には「海鮮酒家」のようですが、大きな生簀は見当たらず。でも店頭には「海鮮専門店」と書いてます。深夜遅くまで営業してるし、火鍋もあるし、取り合えずここに行けば何でも食べれそう!

メニューはこんな感じ。ちゃんと海鮮あるもんねー。
メニューは英語はなかったですが、写真付きなのでイメージ沸きますね。指差しオーダーで十分!

まずは大好物のこちらから。
皮はパリパリ、身はジューシーな『脆皮焼腩仔(クリスピーポーク)』。これで58HKDは安いんじゃないか?
こちらも大好物ー!『白灼蝦(パックチョハー)』はゆでただけの海老。
素材がいいからこそシンプルな調理法で十分なのだー。香港の海老は本当に大きくて、海老好きな私はたまりませんー!

本当はマテ貝かシャコが食べたかったのですが、この日はなかったのでホタテで。
『蒜蓉粉絲蒸扇貝』はホタテのガーリック蒸し。春雨ものってて美味しいのです。

もちろんお野菜も忘れずに。『芥蘭(ガイラン)』、日本でももっと手軽に食べれたらなー。

コレも好きー。鶏手羽の『卥水掌翼』。「卥水」とは甘い醤油味の意味。
鶏手羽の醤油蒸しってところかな?大好きです。

あと2品くらいとビールをたらふく飲んで、一人300HKD弱でした。

この日は、ウンチク仲間の香港人Aさんと日本人Bさん、香港が好きで香港に移住した香港迷仲間の日本人Cさんの4名でご対面。私とCさん以外は初対面で香港在住です。
とても楽しい方たちで楽しい夜だった。
香港に住んでいるといろいろ繋がるもので、AさんとCさんに共通の友達がいたり、BさんとCさんにも同じような友達がいたり、香港の日本人社会って本当に狭いなーと思います。
そして私以外の皆さんもすっかり打ち解けてお友達になってくださってよかったなーと。
私的には時間がなくて、でもみんなに会いたくて「みんなで一緒に会いましょう!」と提案したのですが、快く了承してくれてありがたかったし、みんながまた繋がれたのも嬉しかった。
とても楽しい夜をありがとうございました。

さて、【厚福漁舫】ですが日本人観光客はほぼいませんでした。
でも香港在住の日本人の方がいましたねー。尖沙咀でお手軽価格で食べれるレストランって少なくなってきたので貴重かもしれないです。
営業時間がちょっと不明なのですが、香港版ぐるなびのopenriceを見たところ、點心もあるみたいなので飲茶もやってるのかな?
営業時間が分からなかったので、どなたかご存知でしたら教えてくださいー!


【厚福漁舫】
住所:尖沙咀厚福街5-6號1樓
営業時間:不明(でも恐らく早茶があるので朝から深夜2時くらいまで)
openriceサイト:http://www.openrice.com/zh/hongkong/restaurant/%E5%B0%96%E6%B2%99%E5%92%80-%E5%8E%9A%E7%A6%8F%E6%BC%81%E8%88%AB/50206


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/08/24

ミニバスを乗りこなそう!

香港ならではの乗り物と言えば、ダブルデッカーのバスとトラムとスターフェリーと・・・忘れてはいけないのが【ミニバス(小巴/シウバー)】

最近でこそダブルデッカーバスはバス停に路線図が出ていたり、車内に電光掲示板で停留所が表示されたりアナウンスされたりしてますが、【ミニバス】には一切ありません。
景色を見ながら停留所を覚えないといけないのです。
【ミニバス】は観光客向けではなく香港市民の足なので、土地勘がないと乗りこなすのが難しい乗り物です。
香港に住んでいた頃、私の家付近は【ミニバス】が通っていなかったので実は今でも乗りこなせません(笑)。

でもせっかく香港に行ったら、乗ってみたいですよねー。
始発から終点まで行くならば、ビギナーさんでも問題なく乗りこなしが可能です。

まず【ミニバス】には2種類あります。よく見ると屋根の色が違うんですね。

緑巴・・・香港政府と契約している公共バスでルートと停留所が決まっているもの。行き先別に番号が振ってあり、基本的にはバスと大して変わらないかな。料金先払い、オクトパスカードが使えます。

紅巴・・・個人経営で、いわゆる個人タクシーのようなもの。始発と終点だけが決まっていて、走るルートは乗客によって変更されます。降りたい場所は自ら説明せねばならず、広東語がある程度できないと難しいです。
オクトパスカード機能が設置されていない車体が多いので、現金払いになります。

ビギナーさんならば『緑巴』を利用することをオススメします。
【ミニバス】用の停留所があるのでそこから乗車します。大体、普通のバスと同じ停留所にあることが多いですね。

降りるときはどちらのバスも広東語で「有落(ヤウロッ)」と伝えます。最近はブザーが付いている車体もあるようなので、付いてたらラッキー。
【ミニバス】は基本的に16人乗り。バス停で待っていても満員だったらスルーして行きますのでご了承を。
そして【ミニバス】内にはスピードメーターが設置されています。80kmオーバーすると警告音がなるのですが、そんなのお構いナシにドライバーはスピードを上げることもあり・・・・。
こっそり撮った動画があるので、どーぞ。

 『緑巴』『紅巴』も、一番楽なのは始発から終点まで行くこと。
ビギナーさんでも乗りこなせるミニバスルートをご紹介しますね。

・西貢へ行く(最寄り駅:MTR油麻地駅A2出口)
女人街の端の登打士街(Dundas St.)に西貢行き『紅巴』の停留所あり。
バス停の場所はこちらをクリック→https://goo.gl/maps/ewVb6

・赤柱へ行く(最寄駅:MTR銅鑼灣駅B出口)
MTR銅鑼灣駅B出口を出て陸橋を渡り、ヘネシーロードを少し灣仔方面に向かった左の路地に『緑巴』の停留所あり。40番の『緑巴』が赤柱村行き。
バス停の場所はこちらをクリック→https://goo.gl/maps/BhaKu


【ミニバス】関係のサイトとアプリもご紹介しておきますね。

『緑巴』ルートサイト(香港政府運輸署サイト)英語・広東語
http://www.td.gov.hk/tc/home/index.html

◆香港小巴アプリ(Android用)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.eks.minibus
ミニバス専用のアプリ。

◆搭車好幫搜(iPhone, iPad および iPod touch用)
https://itunes.apple.com/jp/app/da-che-hao-bang-sou/id315129293?mt=8

通常の路線バスとミニバスと両方の路線が検索できるバスアプリ。ミニバス専用ではない。

最近、ミニバスに乗ってないので次回の香港ではミニバスに乗って郊外に行ってみようかな。


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/08/22

夏のサッパリ香港料理教室〜Niki's Kitchen

5月に初めて参加してお気に入りになった【Niki's Kitchen】の香港料理教室。
また紹介すると、さらに予約が取りにくくなるかもしれませんが・・・・それを覚悟で(笑)。
前回参加したときは、フィービー先生の『香港茶餐廰メニュー』でした。
前回のレッスンはこちら

香港茶餐廰メニューを作ってきたよ〜Niki's Kitchen(2015/5/16記事) 
 http://hongkongunchiku.blogspot.jp/2015/05/blog-post_16.html

今回もやっとの思いで予約を確保!
今回のメニューは・・・
  • 干した帆立と豚肉の中華粥
  • 粽(香港流一口ちまき)
  • 鹹蛋(塩卵/シエンタン)
  • 生菜包肉末(挽き肉のレタス包み)
  • 芒果班戟(マンゴーパンケーキ)
でした。
香港のお粥がおうちで作れたらいいなー!
それでは早速いってみよー!

本日のウェルカムドリンクはヤクルトでしたー!
香港でもヤクルトは売られてますが、日本のより大きいんですよね。
広東語で『益力多』と言います。
ヤクルトとフルーツをミックスしたジュース、さっぱりで美味しいー!

ちまきは本格的に笹の葉で巻きました。巻き方から教わりましたが・・・難しい!
綺麗に巻けるようになるまで、特訓しないとむりだな・・・。

 
 
塩タマゴの作り方も教わりました。
ちなみに上の塩タマゴは黄身が冷凍されて売っているもの、下の写真は先生が作った塩タマゴ。
全然違うねー。早速おうちでも作ってみよう。

マンゴーパンケーキは私も大好きですー。
香港だと『滿記甜品』がオススメですね。こちらのお店ではマンゴーもいいけどドリアンとバナナのパンケーキもオススメ。
パンケーキって言うから、みんなホットケーキをイメージしていたみたいですが、香港では巻きクレープみたいなのです。
レッスンに参加されていた方のほとんどが「香港迷」ではなく、お料理好きな方ばかりだったので、「えー!」と驚かれていたのがとても新鮮でした~♪

自分で巻いたちまきです。
子供の頃、よく母が作ってくれた「中華ちまき」が大好きでした。
でもすごくすごく手間のかかる料理で、最近はめっきり作ってくれないし、自分で作るのも億劫です・・・。
でもこれ、また作ってみたいな!

完成したのでいただきますー!
夏のメニューにふさわしいレシピがばかりでした。

挽き肉のレタス包みも、夏っぽい食材が入ってるんです。
食欲ないときでも、これなら箸が進みそう~。

さて、9月は中秋節。
香港料理教室はどこも月餅レッスンばかりです。
残念ながら出遅れて予約が出来ず、10月に月餅レッスン参加して来ますー!



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/08/21

フルーツフレーバーの香港タブレット~EXTRAシリーズ

香港に行くと必ず買ってくるもののひとつ、【EXTRA】のタブレット~!
これはアメリカ・シカゴに本社があるWrigley(リグレー)という会社のもので、メイドイン香港ではありませんが、日本ではあまり売ってない代物。
(最近、Wrigley社製品は日本でも取り扱いが一部あるみたいですねー)

香港に住んでいた頃、この会社の別ブランド『Airwaves』シリーズのガムがお気に入りでよく食べてました。だってね、噛んでも噛んでも味がなくならないの。
当時、日本にはまだそんなガムはなくて、いつまでも噛んでいられるガムに感動ー!
それがコレね。昔撮った写真なので、あまりに撮影センスがないですが、このパッケージは見たことある人もいるんじゃないかな?
行くたびにガムを買っていたのですが、いつしかタブレットが発売されて、そっちに浮気中でございます~。
中身はこんな感じ。20粒ほどのタブレットが入っています。
日本のフリスクとかミンティアに比べたら粒はデカイ!
そして"MINTS"と書かれていながら、ミント味はほとんど消えてるってところがいいかも(笑)。
フルーツフレーバーが多いので、いろんな味を楽しみます。
今回はトップ写真のグレープフルーツ味とスイカ味を購入。
スイカ味のタブレットなんて、日本にはないだろー!!

過去に購入した【EXTRA】シリーズ。下の2段は過去のパッケージですね。
本当に味の種類が豊富でパッションフルーツ、ベリー、スペアミント、トロピカルフルーツ、香港らしくドラゴンフルーツなんていうフレーバーもあり!

中身がなくなったらケースはそのままピルケースに使ったり、小物入れにしたりしています。

大きくないのでばら撒き土産に多めに買っても、かさばらないですよー。
ちなみにこの【EXTRA】タブレットはメイドイン上海でございます。
『Wrigley』社製品は香港ではこの【EXTRA】シリーズのタブレット以外に【Airwave】【Doublemint】のガム、【Eclipse】のタブレットなどが販売されています。

私はこうして香港でタブレットをよく買うのですが、香港人の友達からは「日本からミンティア買って来て!」といつも頼まれるという・・・(笑)。


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村