2016/01/03

家で作ってみよう「薑汁燉奶」~香港式生姜牛乳プリン

香港スイーツの定番でもある【牛乳プリン】
大好きな人も多いと思います。
広東省仏山市の順徳料理のお店が発祥だそうで、皆さんがよくご存知の義順牛奶公司澳洲牛奶公司が香港では有名な牛乳プリンのお店。
この牛乳プリン、メニューでは『雙皮奶』とか『燉蛋』と書かれていますが、製法が違うそうですね。

『雙皮奶』は主に牛乳、卵白、砂糖で作られるそうで、製造過程で2度蒸しても膜が2度出来ることから『雙皮奶』(二つの皮のミルク)というそうです。
【澳洲牛奶公司】では『燉蛋』とメニューに書かれていますが、これは2度蒸ししない製法で、生姜などで味付けするものが多いとか。

私が大好きなのは【薑汁燉奶】。生姜と牛乳だけで作る牛乳プリン。
え?それで固まるの?と思ったのですが、固まるのです~!不思議ですよね。

おうちでどうしても作ってみたくて、ネットで探したり、Twitterのフォロワーさんのレシピを参考にさせていただいたりしていろいろトライしてみました。
今回は私も試したこちらのレシピをご紹介させていただきます。
西麻布の「海鮮名菜 香宮」の篠原シェフのレシピです。これが一番作りやすかった!

 http://80c.jp/lovers/20140526-282.html

<材料>
・牛乳・・・250cc
・生姜汁・・・大匙1杯
・砂糖・・・大匙1杯
・温度計

使う材料はシンプルですが、ただコレだけ揃えたらいい訳ではありません!!!
牛乳は水牛のミルクがあればベストだそうですが、気軽に手に入るものではありません。
ノンホモ牛乳なら入手しやすいので、私は「タカナシ低温殺菌牛乳」を使用しました。
また、生姜はチューブなどではなく、必ず買って来てから調理直前にすりおろすのが良いです。
千葉や高知産の生姜がオススメ。
そして絶対なくてはならないのが温度計。コレがないと固まらない!なんとなく70℃くらい・・・じゃ全く固まらないのです・・・。

すりおろした生姜を器にいれておきます。

70℃に温めた牛乳と砂糖を勢いよく流し込んで冷やすだけ。とてもシンプルなレシピです。
でもシンプルだからこそ、難しい・・・・。
他のレシピで何度かトライしましたが、ホット生姜ミルクが出来ただけ(笑)。まぁそれはそれで美味しいのですが。
この篠原シェフのレシピは結構な確立で上手く出来るので重宝してますよー。

おうちでも簡単に作れる香港の味、是非お試しください~。
あ、もちろん器は【義順牛奶公司】で買ってきたセットです!これじゃなきゃね~。


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村