2016/01/07

味のある俳優・劉青雲~MAD探偵 7人の容疑者

私の好きな香港人俳優の1人、劉青雲(ラウ・チンワン)。
有名な映画は90年代に出演した【つきせぬ想い】かな。
けして男前ではないですが、味のある風貌で演技力も間違いない俳優さん。
香港のアカデミー賞『香港電影金像奨』主演男優賞他、多数受賞している演技派俳優の1人です。

2007年公開の映画【MAD探偵 7人の容疑者】をやっと鑑賞。
香港仲間さんから「面白いよー」と聞いていたので、気になっていた映画のひとつです。
監督はジョニー・トー。出演は『無間道』などにも出演している林家棟(ラム・カートン)、若手俳優の安志杰(アンディ・オン)です。
多少、ネタバレも含むので見たくない方はご注意くださいませ。
西九龍署・刑事課へ配属された新人のホー刑事は、奇抜な捜査で難事件を解決する先輩刑事のバンと出会う。彼は、自らを殺人現場と同じ状況に置くことで真犯人を突き止める特殊な能力を持っていた。
しかし、それは精神を病んでいるようにも思われ、その数々の常軌を逸した行動が原因でクビになってしまう。
それか ら5年後。バンのもとをホー刑事が訪ね、1年半前に失踪したウォン刑事の拳銃が使われた連続殺人事件の捜査協力を依頼する。さっそくホーと共に捜査に乗り 出したバンは、ウォン刑事の相棒だったコウ刑事に疑いの目を向ける。ほどなく、バンにはコウの中に7人の異なる人格が宿っているさまが見え始めるが…。        allcinemaより抜粋
特殊な能力を持つ元刑事バンを演じるのはラウ・チンワン。今は怪しい探偵やってます。
変わり者の役をやらせたら本当に天下一品かも。
タダの変わり者だと思うけど、途中から「本当に狂ってるのではないか?」と思ってしまう・・・。

元刑事のバンに協力を得て、未解決事件を解決しようとする新人刑事のホー。演じるのは若手俳優のアンディ・ウォン。
彼、『寒戰(コールド・ウォー)』にも出演してましたね。
最初は変わり者のバンに戸惑いながらも、信頼していく・・・でも終盤で本当に狂ってるんじゃ?と悩んだりもしたり。

未解決事件に関わっている容疑者の刑事コウ。演じるのはラム・カートン。『無間道』くらいからメジャーになった俳優さんで、まだまだ若手なイメージだけど実はもう48歳なんです!
いつもこんな悪そうな曖昧な役・・・。

人の人格が見えるバンはコウ刑事に7人の人格があるのを見つけてしまう。その7人がこれ。
この7人の中にはラム・シューもいたり、ジョイ・ロウもいたり。
他の人には見えてない7人。バンにだけ見えてます。

ホー刑事カップルとバン夫妻で食事するシーン。
実はバンの奥さんはバンにしか見えてない。死んでしまった設定なのかと思いきや、思いっきり生きてました・・・(笑)。

このレストラン、きっと実在してないよね?でも雰囲気が良い!
オールド香港な雰囲気のレストラン。あるなら行ってみたい!ラム・シューがもぐもぐ食べてシーンが彼らしくて思わず笑ってしまった。

異常とも言えるバンに信頼を寄せながらも、あまりにも異常過ぎてどんどん幻滅していくホー。そして最後は・・・・。
トリックが多くて難解ではないけど、でも最後はスカっとしない映画です。でも面白かった!

予告編もあるので、気になる方はチェックしてー!



↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村