2016/05/10

絶対ハズれないお粥の老舗~生記粥品專家

香港に行ったら食べたいもののひとつの『お粥』
日本で『お粥』と言うと、どうしても病人食のイメージがあるのですが、香港のお粥はそのイメージを覆します。
米粒が砕けるほど煮込んだ香港粥は、日本のお粥と違って出汁がしっかりきいています。
今日、オススメするお粥店はガイドブックにも良く掲載されている老舗。

生記粥品專家は上環にある老舗のお粥店。
1965年に屋台から始まり、現在は上環に2店舗、油麻地に1店舗、いつの間にか鰂魚涌にも支店が出来てる有名なお店です。
ガイドブックに載ってるけど、観光客で溢れていなくて、ローカルな雰囲気も良くて、味も太鼓判を押せるお店です。
以前、マカオに行く前に朝食に立ち寄ったのですが、出勤前のサラリーマンが多くて驚きました。
いいなぁ、朝からこんな健康的なものが食べられる香港って。
日本にももっとあればいいのにと常に思います。

お店の看板メニューともいえるのがトップ画面のこちら。
『正鯪魚球粥』は私のお気に入りの一品でもありますー。
2月に発売された【香港ランキング&テクニック】の粥ランキング1位!
私もご紹介させていただいていますので、22ページ、ご覧ください~(笑)
「鯪魚」とはケンヒーという川魚。日本ではあまり馴染みがないですが、コイ科の淡水魚です。
この「鯪魚」のミンチ団子が美味しいのですー。
缶詰の豆豉鯪魚」(写真下)もこの魚が使われてます。これは日本でも買えますよ。
池袋の中華食材屋さんで1缶350円でした。香港で買うのと差ほど変わらないかも・・・円安の昨今。

こちらは定番の『皮蛋瘦肉粥』(ピータンと豚肉のお粥)。
私が一番好きなお粥。トッピングがシンプルすぎですが、味は保証します!

お粥だけじゃなく、「三文治(サンドイッチ)」もありますー。
もちろん奶茶もありますー。お粥屋兼茶餐廳みたい?


こちらも人気メニューの『煎魚餅』。魚のすり身焼きです。
香菜(パクチー)入りなので、好きじゃない方はご注意ください。


いつも混んでいる【生記粥品專家】。もし入れなかったら、角を曲がったところにはる姉妹店の生記清湯牛腩麺家でも同じメニューがありますのでご安心を!
こちらのお店は店名のごとく、「牛腩麺(牛バラ麺)」が人気です。
香港では店名に『粥麺』と付くことが多く、お粥屋さんでも麺を置いていることが多いです。
こちらのお店もそうです。

九龍サイドにステイしていて、香港島まで行くのが億劫な方は、油麻地にある生記粥麺へ。
MTR油麻地駅から近いです。「シティービューホテル」のお向かいです。
ただ、こちらのお店は開店時間が11時と遅めになっているので、朝食というよりはランチで行くほうが良いかもしれません。

お粥メニューが分かりにくい方、以前、お粥店での広東語特集を組んだので是非参考にしてみてください。
どんな具材か、わかってからオーダーするほうがいいですもんね。

◆メニューde広東語④〜暑くても汗を流してお粥を食べる! (2015/5/19記事)
http://hongkongunchiku.blogspot.jp/2015/05/de.html

香港粥、二日酔いの朝に食べたくなるのは私だけでしょうか?(笑)

【生記粥品專家】
住所:上環畢街7-9號地下(G/F, 7-9 Burd Street, Sheung Wan)
営業時間:6:30-21:00 日曜定休

【生記清湯牛腩麺家】
住所:上環禧利街20-22號地下(G/F, 20-22 Cleverly Street, Sheung Wan)
営業時間:7:00-21:00 日曜定休

【生記粥麺】
住所:油麻地東方街9號地下
営業時間:11:00-22:00 日曜定休
 

↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村