2016/06/24

中環でチープでレトロな食器巡り~興祥富記

中環・SOHOエリアは多国籍なレストランも多くて、欧米人も集まるオシャレエリア。
メイン通りのStaunton St.(スタントンストリート)にある【興祥富記】はおしゃれなエリアにはちょっと不釣合いなお店かもしれません。
反対側にはオシャレなビストロとかワインバルが立ち並んでるんだもんー。その対面にこのレトロ感たっぷりにお店がたまらない!
店先に工事車両が止まっていたので、移動するまで粘ってわざわざ撮影しました(笑)。

私が住んでいた時も知っていたけど「中環で食器を買う」となるとどうしても、ヒルサイドエスカレーター沿いにあった利豐瓷莊(現在は上環に移転)に足を運んでいて、ここには実は入ったことがないのです。
上環に移転した『利豐瓷莊』は中環時代より家庭用食器を置いている場所がかなーり縮小されちゃってたり、以前はチープ食器がたくさんだったのにちょっぴり高級な食器が増えた気がする・・・。ちょっといいものを買いにいくならいいけど、チープ感はなくなっちゃったかな。

『利豐瓷莊』
住所:香港德輔道中279-281號豐和大廈地下(MTR上環駅B出口)
営業時間:10:00-19:00
http://www.leefung1953.com.hk/
 今回、母が「普段使いできる中華食器を買いたい!」と言っていたので、中環で2箇所のお店を巡ることにしました。

ちなみに、もう一軒行こうと思っていたお店は【事百機有限公司】。入り口で柴灣に移転したっぽい情報を入手してショックを受けました・・・ちーん。

じゃ今回は【興祥富記】で買いましょう!
私はスーツケースの都合で食器は購入していませーん。本当は買いたかったー!

この手の柄の景徳鎮は香港でたくさん買いました~。
使い勝手が良いし、我が家の料理も中華がなんとなく多いから大皿も中皿も小皿もレンゲもポットもヘビロテしてます。 
(お店の方に許可をいただいて撮影しました)
欲しいな・・・と思う食器もあったけど、今回は我慢我慢。
レンゲや小皿などは10HKD以下とお得価格だし、中皿も50HKDくらいです。
中華皿を買う母は何がいいのか全く分からず、私のアドバイスで散々迷って、景徳鎮の楕円中皿を2枚購入していました。確か1枚70HKDくらいだったと思います。
(本当はもっと欲しそうだったけどスーツケースに空きがないので強制終了!)
じ、実はリュックサックが引っかかって、800HKDの壷を落としそうになりました!!!
狭い店内なので、荷物は置いてからじっくりお買い物したほうが良さそうです。

ひとつ注意ですが・・・。景徳鎮もそうですが、中国製食器オーブンレンジなどで使用しないことをオススメします。
絵付けに使われている顔料に鉛が含まれていて、加熱すると溶け出すことがあります。
料理を盛り付ける分には問題はないようですが、鮮やかな絵付けのお皿などは出来れば飾り用にしたほうが良いかもしれませんね。気になる場合はお店の方に相談してみてくださいね。

ちなみにこちらのお店はオーナーさんが簡単な英語が話せます。
接客もしつこくなく、でも質問すれば優しく答えてくれるので、安心してお買い物できるかも。
購入した食器は丁寧に包装してくれますよ。

食器は本当に・・・大好きなのですが、母に「夫婦二人暮らしにしては食器がたくさんあるわね」と言われて以来、気にして買わないようにしています。とほほ。古いものは処分したりしてるんですけどね。
なので「今回は買わない!」と決めないと、誘惑されてしまうわけです・・・。女子は食器好きですよねぇ。なぜだろう?なぜかしら?

【興祥富記】
住所:香港中環士丹頓街17號 (G/F 17 Staunton St, Central)
電話番号:2524-2756
営業時間:11:00-20:00



Instagram
 『香港ウンチク話』Instagramやってます!


http://www.tripuuu.com/?author=19


 旅のサイト『tripuuu』にてビギナーさん向けの香港情報配信中!


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
please press the button, If you enjoyed my blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村