2016/08/16

ローカル感満載の老舗のお粥店~彌敦粥麵家@佐敦

香港と言えばお粥!皆さんもお気に入りのお粥屋さんがあると思いますが、私のオススメから今日はこちらをご紹介。

佐敦のネイザンロード(彌敦道)をちょっと入ったところにある彌敦粥麵家(Nathan Congee and Noodle)は1964年創業で50年以上続く老舗のお粥屋さんです。
お店の雰囲気が何ともレトロ~!この雰囲気が大好き。
ガイドブックなどでも良く紹介されている名店ですが、美味しいしローカルな雰囲気もいいので、ビギナーさんにも是非是非足を運んでもらいたいお店のひとつです。

すぐそこを走るのが彌敦道。この辺りはホテルが多いんです。
お店の目の前にあるノボテルネイザンロードカオルーンホテルは2度目の香港旅行で泊まったホテル(旧マジェスティックホテルと言ったら分かる人も増えるかしら?)。
おしゃれなバーがあるマデラホテルラルゴスホテルサンディエゴホテルなどお一人様香港で泊まりやすいホテルも多いし、パッケージツアーで良く選択肢にあるイートンホテルや『ネイザンホテルがあります。
お一人様香港旅行で泊まりやすいホテルやツアー用のホテルが多くて、観光客が多いエリアですね。

【閲覧注意!!!】

店頭には具材が・・・これ、カエルちゃんです。私は好きですがww。
安心してください(古っ!)、カエルの入っていない普通のお粥もありますので!

お粥のお供はやはりこれ。
左は揚げパンの『油條(ヤウティウ)』。これをお粥に浸して食べるのが香港風。
右は『芥蘭(ガイラン)』。本日の菜っ葉から選びました。茹でた芥蘭にオイスターソースをかけるだけなのに、何でこんなに美味しいんでしょうね。

『油條』がないと物足りないんですよね。
ちなみにこちらのお粥は【皮蛋痩肉粥(ピータンと豚のお粥)】。私が食べるお粥は主にこれ。これ以外は滅多に食べませんww。
現在の価格は35HKDくらいのようです。私が訪問した2010年はもう少し安かったはず。

壁に貼ってあるメニューの文字がいいですよね。色使いも鮮やか。
実は店内にチラチラっとタイ語らしきメニューを見かけました。この写真もオレンジの紙に書かれていますが。タイ人が多いのかなー?タイ人アマさんとか多いエリアだったりして?
そして、簡単なメニューは日本語があります。もし言葉が分からなければ「ジャパニーズメニュー」と言えばもらえますよ。
店頭でこんにちはしていたカエルちゃんは広東語で『田雞』と書くので、苦手な人はこの文字がないメニューをお選びください・・・。

実はこのお店の定番?人気?メニューはアワビ!
アワビのお粥が置いてあります。160HKDと他のお粥に比べてメチャメチャ高いですが、食べてみたい方はトライしてみてー。
新鮮なアワビじゃなくて缶詰アワビのようですが、これが美味しいとか?
私、アワビが好きではないのでトライする予定はありませぬ・・・・ちーん。

このローカル感がたまりませんなー。いつまでもこの姿で頑張って欲しいなと思います。
お粥のことばかり書きましたが、『粥麵家』なので雲呑麺や撈麺といった麺類もあります。
MTR佐敦駅B出口からも徒歩5分くらいだし、佐敦付近で朝ごはんを取るならば、是非オススメですよ!

彌敦粥麵家(Nathan Congee and Noodle)】
住所:佐敦西貢街11號(11 Sai Kung Street,, Jordan)
営業時間:7:30-23:30



Instagram
 『香港ウンチク話』Instagramやってます!


http://www.tripuuu.com/?author=19


 旅のサイト『tripuuu』にてビギナーさん向けの香港情報配信中!