2016/09/01

香港の街中で避風塘料理を食べる!~避風塘興記@佐敦

『避風塘』ってご存知でしょうか?
『避風塘(タイフーンシェルター)』とは水上生活者の人たちが、台風のときに避難する場所で、銅鑼灣や香港仔、西貢などに今もあります(近年はヨットが増えてきた気がしますが・・・)。
以前は、ここに水上レストランなどもあり、数多くの海鮮料理を生み出してきました。
近年はこうしたレストランが陸に上がり、お店を構えています。店名に『避風塘』と付いているお店はそうした名残のあるお店です。

2007年に香港人の友達に「今、このお店がすごく人気よ!」と連れて行ってもらったのが佐敦にある【避風塘興記】
ちょうど、私が訪問する少し前に浜崎あゆみが香港でライブした打ち上げに、お店を貸し切ったのよと店員のオバちゃんが言ってました。
壁にはたくさんの芸能人、有名人のサイン。深夜遅くまで営業しているので、業界人には人気のお店。
今は観光客とか地元の人が増えちゃって、ちょっと「知る人ぞ知る店感」はなくなったかな?

テーブルにあるメニューは日本語もちょっと書かれていますが・・・。
「しタス」「花ニう」と惜しい日本語(笑)。
「レ」と「し」って似てるよね、「う」と「ラ」も似てるよね。日本語って難しいです~。
ちなみに、私が一番最初に訪れたときから、このメニューの価格はほとんどが倍になっています。
お、お、恐ろしい・・・・っ!

海鮮料理を食べにきたらはずせない『椒鹽瀨尿蝦』。香港の大きなシャコを揚げて塩コショウしたもの。
過去2回このお店でいただきましたが、このお店のシャコは腹の部分の殻が柔らかくて食べられます。これがまたビールがススムんだっ!

これも絶対外せない!『蒜茸粉絲蒸蟶子』。マテ貝という竹筒のような貝は日本ではほとんど出回ってないし、あってもサイズが小さいです。
香港のマテ貝はジャンボー!春雨をのせてガーリック蒸しにしたこの食べ方が一番好きです。

白いスープにだまされるなぁぁー!クリーミーかと思いきや実は結構塩コショウが利いている『油鹽水浸蜆』。アサリのスープです。この塩加減が酒飲みにはたまらない(笑)。ビールが進むスープです。

『古風避風塘炒肉蟹』はお店の看板メニューのひとつ。豆鼓醤と辣醤たっぷり!肉厚の蟹でしたが、2007年当時は1万円しなかったです。

『金沙炒蟹』も看板メニュー。蟹が見えないくらいのっているものは、ガーリックチップ。これだけでもお酒が進むし、お粥をいただいてこのチップをのせて食べると美味しいんです!
香港のガーリックチップは胃にもたれないので、遠慮なく食べちゃいます!

お野菜も忘れずに~。湯で野菜の中から『菜心(チョイサム)』を選びました。
茎がシャキシャキしていて本当に美味しい。日本でも食べたいぞ!

はっきり言っておきます、このお店、高いです!!!
最初はそうでもなかったのですが、人気になってからあっという間に値段も倍になってるし・・・。
少人数でいくとかなり割高なので、出来れば5人以上で行くことをオススメします。
それでもたらふく食べて飲んだら一人当たり400~600HKDくらいいくと思う。もっといく?

そして、2011年に再訪したときは、すっかり人気店になっていたせいか女性オーナーが厳しい!
食事が終わってダラダラなんて許してもらえないー(笑)。
どんどん皿をさげられて、「お会計」としか言えない状態を作られちゃう・・・ちょっと悲しいですが、入り口には予約できなかった人が待っているし、オーナー的には回転率を上げたいのも分かるし。
なので、お食事したらササーッと退散して、甜品(スイーツ)でも食べに行きましょう。

高いけど美味しい。是非とも飯ともを集って行ってみて下さいねー。
週末の訪問は予約必須です!

私も久々いきたいなー。

【避風塘興記/Hing Kee Restaurant 】
住所:尖沙咀彌敦道180號寶華商業大廈1樓
(1/F Po Wah Comm Building, 180 Nathan Road, Tsim Sha Tsui)
電話番号:2722-0022
営業時間:18:00-5:00


Instagram
 『香港ウンチク話』Instagramやってます!


http://www.tripuuu.com/?author=19


 旅のサイト『tripuuu』にてビギナーさん向けの香港情報配信中!