2016/09/02

すっかり香港ソウルフード!~日清『出前一丁』と『合味道』はどっちが好き?

香港では日清の【出前一丁】【合味道】が本国の日本以上に種類が豊富です。
どんな商品があるのか?どんな味があるのか?皆さんご存知でしょうか?

まずは【出前一丁】。広東語で「チョッシンヤッティン」と読みます。
日本では1種類だけですが、香港では現在15種類の味が売られているんです!
海鮮味、カレー味なんて当たり障りのない味から、香港らしい沙嗲味(サテ味)やXO醤味、そして香港人がこよなく愛する豚骨味があります。
そして茶餐廳ではメニューに出てくるほどの香港ソウルフード!
日本では家で作って食べるもので、飲食店での取り扱いはないですもんね。
ちなみに【出前一丁】って"香港土産の定番"なんて言われることも多いですが、私はお土産になんて買わないです。
スーツケースに入れたらボロボロになっちゃったこともあるし嵩張るし。意外と扱いが面倒で持ち帰りには適していない気がします。そしてあげても「わー!」と喜ぶ人も少ない(笑)。
私、インスタント好きなんですが、意外とジャンクな人ってこの年になると少ないですよね~。
インスタント好きな父へのお土産だったり、独身の男友達に買う以外は自分用にしか買いません。

この中でも「黑蒜油豬骨湯(黒ゴマ豚骨スープ)」味が好きです。食べたことない方、お試しあれー。
(写真は香港日清食品サイトより引用しました)


あ、そうそう。この前行ったときに通心寶」というのを見つけました!
茶餐廳の香港式朝ごはんセットについてるマカロニスープの出前一丁版!
他にも棒ラーメンや米粉も出てるみたい。すごいぞー、日清香港!

もちろん、カップタイプも種類豊富。大きなサイズなので持ち帰りは面倒なんだよねー。
もう少しミニサイズがあるといいなー。

【出前一丁】の商品情報はこちらを! → 出前一丁


【合味道】「カップヌードル」です。
今でこそ日本でも味の種類が出てきましたが、昔はカップヌードル、シーフード、カレーの3種類だけでしたよね。
こちらも現在香港では14種類の味が販売されています。
鶏味とか海老味など想像が付きそうなものから、日本でも見かけるトムヤンクン味やミルクシーフードもあり。特に香港らしい味は【出前一丁】ほどはないかなー?
什錦味(五目味)を食べた友達は、大して美味しくなかったそうです(笑)。
【合味道】は3つのサイズの他に『叮叮飯』という冷凍チャーハンが販売されています。「叮叮」とは「レンジでチン」のチンチンですね。

【合味道】はあまり買わないですが、このポテトチップスは買いましたよー!
スパイシーシーフード味、ブラックペッパークラブ味、トムヤンクン味の3種がありました。
 
留守番していた夫にこのスパイシーシーフード味を買っていきました。「やばいよー!これ美味しいよー!とまらないよー!」と言っていたので、もう一袋買ってくればよかったと後悔。私は1枚しか食べていません・・・ちーん。
ちなみに機内持ち込みで手持ちで持って帰ったんですよ。他にもいろいろ荷物があるので1袋がやっとだったから仕方ない。

【合味道】の商品情報はこちら → 合味道(カップヌードル 合味道(ポテチ)

私はこの記事見ても分かるように、【出前一丁】のほうが好きだし買っちゃうんですが、皆さんはどっちがお好きですか?
ジャンクな食べ物ですが、たまにはいいでしょー?



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19