2016/10/31

羽田からキャセイドラゴン航空深夜便で香港に行きました!*追記あり

今年の香港旅行ではなるべく「初体験」をすることを目標としています。
前回は「パッケージツアー参加」でしたが、今回は【深夜便で飛ぶ】という初体験をしました。いつも日中便ばかりの利用なので、深夜のフライトは初。
羽田から香港へ深夜便が運行しています。LCCの香港エクスプレス航空も検討したのですが、荷物制限や空港使用税等を考えると、通常のエアラインと大差ないことが判明。
たまたま、チケットを取った9月にキャセイパシフィック航空がキャンペーンを行っていて、25,000円でエアチケットが取れちゃったのです(+空港使用税等でトータル31,000円)。
実際に利用したのはキャセイではなく、【ドラゴン航空】です。【ドラゴン航空】は2006年にキャセイパシフィック航空に買収されたので、現在の正式名は『キャセイドラゴン航空』となります。
羽田→香港を深夜1:45発→5:25着で運行しています。
これなら仕事終わって晩御飯を食べて飛ぶ!なんてことも簡単に出来ますね。
深夜の羽田もちょっと雰囲気を見たかったのでちょうど良かった!!

23:00の羽田空港国際線ターミナル。成田は我が家から遠いので、最近はもっぱら羽田便利用です。深夜まで、また24時間営業しているレストランやショップも多いので助かります。
深夜便で離発着しているエアラインも多いので、常に人が流れている感じ。

【ドラゴン航空】は実は初めてではありません。
香港に住んでいたときに、香港⇔広島、香港⇔プーケットに飛んだことがあります。まぁとにかくすっごく久しぶり!
既にネットでチェックインは済ませているので、荷物だけ預けます。

『江戸小路』はこんなザ・ジャパニーズスタイルな雰囲気。日本人の私ですら楽しくなっちゃう!
日中はイベントなども開催されているみたいですね。

1:45発のフライトじゃ、機内食出ないんじゃ?ってかそもそも何時になるんだ?ということで、軽くご飯を食べました。
大好きな『つるとんたん』が入っていたので、ここでかすうどんを食べました。すごく混んでた。ほとんどがアジア系の外国人です。
うどんはアジアの人には親しみやすいかもしれないですね。
『つるとんたん』は24時まで営業しています。

さて、そろそろ出国します。24時過ぎていましたが深夜でも人は結構いました。

最近、渡航時にトラブルが多いので保険に入ることが多いです。羽田空港国際線ターミナル内の保険カウンターは24時までなので、出国エリアにある機械で加入しました。
一応、クレジットカードに海外保険が含まれているのですが、ちょっと規定が変わってしまったので、カバーする意味で一番安い保険に加入しています。
今回は真ん中の三井住友海上で3,000円でした。

このカート、体の不自由な人やご年配の方のみ利用できるのだと思っていましたが、誰でも無料で使えるそうです!知らなかったわ!私でも使えるんだね(笑)。
使ってみたいけど登場口がすぐだったので利用する意味もなく・・・。
荷物が多かったり、小さなお子さんがいらっしゃる場合も遠慮せず利用されると良いと思います。

搭乗口の座席には最近「モバイルチャージャー」があります。これは本当に助かります!
でも何となく充電スピードが遅かった気がしますが・・・(香港の方が早かった)。
でも無料で出来るのでありがたい。充電必須の方は早めに搭乗口に行って充電されたほうがいいです。結構利用している人が多いです。

搭乗しました。私はいつも通路側の席です。
【ドラゴン航空】は機体が小さく、通路を挟んで左右に3席ずつ。座席番号は左ABCですが、右HJKです。
私が乗った飛行機にはテレビは付いていませんでしたが、機内エンターテイメントはちゃんとあるんです。
写真右下にタブレットをかざしている方がいらっしゃるのですが、自身の電子機器に事前に『StudioKA』というドラゴン航空専用アプリをダウンロードして、機内エンターテイメントを楽しむという新しいスタイルのようです。

<StudioKAアプリのダウンロード>
◆iOSをご利用の方
https://itunes.apple.com/jp/app/studioka/id937994549?mt=8
◆Androidをご利用の方
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dragonair.studioka&hl=ja

右下の方はiPadを利用していましたが座席部分にマグネットが付いているようで、iPadが貼り付けられるようになってました!すごいー!これやりたかったなー。
機内でCAさんが「iPhoneでは利用できません」って話していたけど、appはiPhoneでも対応可になってますね・・・どっちだろ。

<11/1追記>
ドラゴン航空CAさんより情報をいただきました。
『StudioKA』はiPhoneからも利用は可能だそうです。ただ、離陸前にアプリのダウンロードをお願いしますとのこと。

離陸後、日本時間の深夜3:00近くに機内食サービスが回ってきました!!!
あぁぁ、やはりあったか!でもこんな時間に!!!
かすうどんで胃がもたれていた私はお水だけいただいて就寝・・・。短い時間でも寝ておかないと!

無事到着!予定より30分早く、午前5:00に到着しました。まだ真っ暗です。
バスで移動しますが、タラップ降りてササっと撮影していたら「そんなことしてないでバスに乗りなさい」と怒られてしまいました・・・ゴメンナサイ。

ラッキーなことに入国カウンターすぐのところに到着。
いつもここの入国カウンター使うのに、人っ子一人いません!今の時間帯はここのカウンターは利用していないようです。

5分と経たず入国し、10分と待たず荷物が出てきました。5:30には全てが完了しておりました。早すぎるぅぅぅ!
AEL(エアポートエクスプレス)は5:54始発。まだ時間があるな。でもAELだと尖沙咀までまた乗り換えしないといけないから、エアポートバスで行こう!

早朝ですが、人はゼロではありません。少ないけどこれから飛ぶ人、飛んできた人、ちらほらいらっしゃいました。
AELが動いていないので券売機もカスタマーセンターもまだ閉まったまま。多くの方が椅子で寝ていました。あと少しだよー。

到着ロビーにセブンイレブンがあるのでそこでマンゴードリンク買いました!
『許留山』無き今、これをコンビニで買って凌いでいる方は多いのでは??これ飲まないと香港に到着した感が出ません!

バス停に向かう通路で素敵な写真や絵画が展示されていました。
香港出身の芸術家・江啟明さんという方の作品だそうです。一番下の唐樓の絵がとても気に入りました。人もいなかったし時間もあったので、じっくり見ちゃった。
11/30まで展示されているそうです!是非見てみてください!

バスターミナルに到着!
次の6:00発から通常バスになるそうです。
Nが付いているバスは「深夜バス(Night Bus)」の意味で、深夜の時間帯は便数が限られたり、料金がちょっと割り増しになります。
それでも24時間運行してるんだから、香港のバスってすごい!
尖沙咀までこのエアポートバスで33HKDです。AELだと九龍駅まで100HKDかかりますよ・・・3倍!
スマホをお持ちの方、香港はバスが便利なのでバスアプリを入れておくと便利です。ルートや料金、何番に乗ればいいかなんてのも分かりますよ。アプリは無料です。
エアポートバスを運行しているのは『城巴(シティバス)』になります。

<新巴城巴アプリのダウンロード>
◆iOSをご利用の方
https://itunes.apple.com/jp/app/xin-ba-cheng-ba-citybusnwfb/id472242340?mt=8
◆Androidをご利用の方
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nwfb


6:00ちょうどに出発したバスで尖沙咀まで行きます。
2階席の一番前に席を陣取りました!このモニターで下に置いたスーツケース置き場の様子が見られるのですが、モニター故障していたみたいで何も見えず・・・。
まぁ、誰も持っていかないと思うけど。

ちょっとずつ明るくなってきました。この目の前の端はマカオと香港を結ぶ橋『港珠澳大橋』です。
工事が佳境に入っていて、2020年には完成と言われています。空港の近くには工事している風景が見られます。

青馬大橋を渡る頃には、夜が明けてきました。こういう風景を楽しみながら市街地に向かうのも楽しいです。

荔景~美孚あたりのコンテナターミナルが見えてきました。この風景が大好き!

西九龍のICCビルや他の高層ビル群が見えてきました。あともう少し。

太子付近に到着、この時点で6:40くらい。車は走っているけど、まだ人はまばらです。

そろそろ目的地なので下に降りました。
パネルに次の停留所名とそこにあるホテルの名前がいくつか表示されていました。これは分かりやすくていいですね。

さて、早朝に到着しちゃったけど、これからどうしようかしらー!

あ、一言広東語・・・書いてない、書けない。書けるときに書きますw
無理しない~(←三日坊主)。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19