2017/02/07

ガイドブックに載ってないローカルな潮州料理店~龍鳳廚坊@太子

最近、ちょっと中華料理の種類を気にするようにしています。
【潮州料理】は私が好きな中華料理のひとつ(細かい違いは分かりませんがww)。
中国には北京料理(京菜)、上海料理(滬菜)、四川料理(川菜)などいろんな種類の料理が地方によって異なりますが、【潮州料理】は広東料理(粤菜)のひとつです。
私が大好きな「鹵水(ローソイ)」や牡蠣が苦手な私でも食べれちゃう「蠔烙(オイスターオムレツ)」なども【潮州料理】です。

10月に行ったときに、初めて日本人香港人の交流会に参加させていただきましたが、その会場となった【潮州料理】レストランが美味しかったのでご紹介します。
【龍鳳廚坊】は本当にローカルな場所にあります。ちょっと深水埗寄りです。
グルメな香港人メンバーさんのセレクトでした。10人以上でいただいたので、いろいろ食べられましたが、メンバーさんのセレクトなのでメニューも値段も一切見ていません・・・。分かる範囲でメニュー説明しますね。

前菜にいただいたこれも美味しかった。香港人の人に聞いたら「塩豆腐」と言われたのですが、メニュー名は『鹽水乾炸豆腐』。名前のとおり乾燥した塩味豆腐みたいで、酒のつまみにいい感じでした。

この蓮根も美味しかった。ピリ辛炒め?

トップ写真はもうメチャ美味しかった『宮廷格格肉』。豚バラをトロットロに煮込んであっていくらでも食べれちゃう!!




これがすごく美味しかったのですが、メニュー名不明です。
ズッキーニとナスに魚のすり身(多分)をのせてるもの。すごくいい味でした。メニュー名知りたい!

こちらは『炸子雞』(パリパリチキン)。美味しくないはずがありません。

多分、『九肚魚烙』(白身魚のすり身揚げ)。九肚魚、大好き!!

通菜(空心菜)と・・・羊肉かな?の炒め物。

回鍋肉(ホイコーロー)っぽいもの。これはちょっと食べなかったので味は不明。

フルーツみたいー!と思いきや、豆腐です。上にのっている白丸はホタテ、赤いのは確かトマト。
『帶子水晶豆腐』といいます。滑らかでした。初めて食べた!

『豆苗』~!香港の豆苗はどうしてこんなに太くて美味しいのか!!!
日本で売ってるカイワレみたいなヒョロヒョロ豆苗まなくて、これくらいしっかり太いヤツを食べたい!

『荷葉飯』(ハスの葉ご飯)は宴会メニューの定番。大人数じゃないと絶対食べ切れません。

大人数なので常にテーブルにドーンとお料理がありました。お酒もススんで楽しかったです。
これだけ食べてしこたま飲んで、一人150HKDでした!
お店自体も安いですが、やはり中華は大人数で食べるほうがお得だしいろんなものが食べられていいですね。
声をかけていただき、楽しい交流もできました。ありがとうございました。

こちらのお店、英語表記ももちろん日本語表記もないし、メニューも確か写真なしなので(恐らく)、ビギナーさんにはかなりハードルの高いお店ですが、openriceなどの写真を見せて指差ししても大丈夫だと思います。
深夜遅くまで営業していますが、女性少人数で訪れるならば帰りはお店の前からタクシーを拾ったほうがいいかもしれません。
問屋が多いエリアなので、夜遅くは人通りが微妙です。
一番近い最寄り駅はMTR太子駅D出口です。


【龍鳳廚坊】
住所:太子白楊街21號地下
(G/F, 21 Apliu Street, Prince Edward)
営業時間:11:30-15:00、17:30-25:00



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19