2017/03/08

昔の香港を懐かしむ~バックトゥー2000年


普段は香港に頻繁に通っていらっしゃる香港迷さんと、最新の香港ネタをお話することが多いのですが、最近、80-90年代の香港を知る方とお話する機会が何度かあり、ノスタルジーに浸っています(笑)。
私が初めて香港を訪れたのは96年。時間を戻せるならば80年代にも足を運んでみたかったなぁ(うーん、中学生だから難しいかなww)

時々「KAORIさんが住んでいた頃の香港はどんな風でしたか?写真はありますか?」と聞かれることがあります。
当時のはデジカメが出始めたばかりだし、カメラ技術も恐ろしくなさすぎなのでお恥ずかしい写真しかないのですが、数少ない2000年当時の香港写真をいくつかご紹介します。
「懐かしいな」と思ってくださる方がいらっしゃったら幸いです。

トップ画像は香港に住み始めて2日目に撮影したもの。
ジャンク船が写っていますが、当時はまだ観光用のジャンク船がなかったと記憶しています。
(当時住んでいた友達情報だと、貸切用のジャンク船だそうです)

茶餐廳内でメニューを撮影した写真がありました。
朝のサンドイッチとドリンクのセットで18HKD!安いなぁ~。今じゃ考えられない値段です。もう閉店してしまったようですが、油麻地・天后廟近くの榮發餐廳という茶餐廳だった記憶。

懐かしいー!映画『恋する惑星』の舞台となった「ミッドナイトエクスプレス」です。私が住んでいた時には既に改装されていたのですが、お店は存在していました。
トニーがやってこないかドキドキしちゃったりしてww。
その後、セブンイレブンになり・・・今もセブンイレブン?

恐らく、深水埗から太古に帰るバスの中ではないかと思うのですが、よく見ると窓が開いてます!
何気に撮影してますが、これは空調なしバスですね~。懐かしい!
ちょっとの距離なら空調なくても利用していました。空調付きより料金も安いんです。このような空調なしバスのことを『熱狗巴士(ホットドックバス)』と呼んでいました。
「熱九巴士(イッガウバーシー)」から来ているようです。
真夏に乗るのはかなり勇気が要りましたよ~。窓を開けると外からの熱風と排気ガスに耐え切れず、閉めると風が通らずに熱く、どっちにしても熱いんですww。
残念ながら2012年にすべての『熱狗巴士』が引退してしまい、現在は空調付きバスのみ運行しています。

これまた懐かしい!中環のスターフェリー乗り場。現在の場所に移設されたのが2006年だったでしょうか。
この当時はAEL香港駅が出来たばかりで、現在のIFCビル付近はまだ工事中でした。
中環スターフェリー乗り場ってどんどん遠くなりますよね・・・。昔はMTR中環駅からもトラム乗り場からもアクセスが楽で、スタチュースクエアから地下道を抜けたら目の前がフェリー乗り場だったのになぁ。
スターフェリーは大好きですが、中環で歩くのが億劫な今日この頃。


当時から大好きなネギクラッカーの『POP~PAN』。当時はこんな茶色のパッケージだったんだなぁ~。下の一口サイズのミニ『POP~PAN』は見かけなくなりましたね。

上は深水埗、下は旺角の写真です。当時の写真と現在の場所をGoogleマップで比べると、格段に看板が減っているのが分かりました。
ネイザンロードの看板が減ったのはよくよくご存知だと思いますが、深水埗の裏通りなどもやはり看板が減っているんだなぁ・・・とちょっと寂しくなりました。
これが香港の醍醐味だったんですけどね。

一体どこの写真ですか?って感じですが、これは旧啓徳空港跡地です。
1998年に役目を終えた啓徳空港はターミナルビルはそのままでボーリング場などが出来たり、空き地と化した敷地内ではこんな風にマーケットが開催されていたこともありました。
現在はターミナルビルも取り壊され、旧滑走路には豪華客船用のターミナルが完成。
残りの部分は商業ビル、マンション、学校、運動場などが建設予定となっています。
巨大な敷地内に新しくトラムを走らせようという話もありましたねぇ。実現するんでしょうか。
2019年にはMTR啓徳駅が開業予定となっているので、この辺りもまたガラっと変わるでしょうね。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19