2017/03/21

知っておくと便利な香港ルール~バス編

先週、アップした知っておくと便利な香港ルール~タクシー編を見てリクエストをいただいたので、今週はバス編をご紹介します。
香港全土を網羅しているバス。バスで行けない場所はないのではないでしょうか?
MTR路線がどんどん拡張していますが、それでも私は風景を眺めながらバス移動するのが大好き。
昔は土地勘がないと乗りこなせないものでしたが、最近は停留所名が明確になっていて車内で次の停留所が表示されるし、便利なアプリなどもあるのでビギナーさんでも乗りこなすことが難しくなくなりました。
香港バスデビューされる方の参考になれば嬉しいです。
ルールと併せてバス関連のオススメ情報もご紹介しちゃいますね。

<バスに乗る前に>
まず、バス停でバスに乗るときは乗りたい番号が表示されているところに並びます。
バス停には停留所の名前が出ているので(旺角・○○街など)、目的地を探してみてください。
目的のバスが着たら乗ればいいだけですが、たまに乗客が自分だけで降りる人もいないときとかスルーされちゃうことがあるので、最前列に並んでいるならば手をあげて「乗りますよ」と意思表示するといいかも。
手をあげるといっても真上にあげるのではなく、肩と同じ高さにあげて手のひらを下に向けて「コイコイ」とする程度でいいです。運転手さんに見えるようにしてくださいね。

①バス料金はオクトパスカードで支払おう!
バスデビューされるならば、やはりオクトパスカード(八達通)を購入されたほうが便利です。
香港のバスは乗車時に料金を支払うのがルールですが、現金で払ってもお釣りがありません。小銭をたくさん持っていればいいですが、出来ればオクトパスカードの利用をオススメします。
もし、小銭で払うならば細かいお釣りは諦めるべし!以前、現金でバスに乗車しましたが、バス料金5.5HKDのところ6HKD入れてお釣りなしということになります。

②気をつけて!車内は飲食禁止です!
車内での飲食は禁止です。というか、香港では公共交通機関内での飲食は禁止で、違反すると罰金が課せられます。
日本では電車やバス内でおにぎりやパンをほおばる風景を見かけますが、香港では禁止。
なかなか高額な罰金です。2F席も運転手さんから見渡せるようになっているので、隠れて食べてもダメですよー。
「観光客だから知らなかった」では済まされないこともありますので注意してください。

③2F席に乗ったら注意すること!
日本では馴染みのないダブルデッカー、香港でバスに乗ると大体2F席の一番前に乗るor乗りたい方も多いですよね。
街中を走る分にはまだいいのですが、山道など通るバスは2F席の最前列は要注意です。
木々の枝がガラスに当たることがあります。極稀にそのガラスが割れてしまうこともあります。見ていると、香港人の方々は最前列ではなく2列目から座って行くことが多い気がします。
そして、下に下りるときは階段から転げ落ちないようご注意ください。出来れば1つ手前の停留所に止まっているときに降りるのがベター。
香港はバスの運転手さんも運転が粗いので、転げ落ちそうになることが多々あります。
手すりにしっかり捕まって衝撃を受けても落ちないようにしてください。

④優先席は譲りましょう!
香港のバスにも優先席があります。
優先席はお年寄り、妊婦さん、身体の不自由な方、小さなお子さん連れの方のために設けているシートです。優先席でなくてもそういう方を見かけたら譲って欲しいと思います。
最近、日本では妊婦さんや子連れの方の公共交通機関の利用で時々残念な話を聞きますが、香港は日本以上に子連れに優しい国です。
小さなお子さんを連れていて、お年寄りに席を譲ってもらった友人がいますが・・・(おばあさんは座ってって~)。
最近の日本はどうしちゃったんですかねぇ・・・。

⑤オープントップバスは路線バスではありません!
時々「オープントップバスに乗りたいのですが、どこから乗ればいいですか?」とご質問を受けます。
基本的に観光向けのオープントップバスは旅行会社に申し込んで乗車するツアーです。このバスに乗りたい方はパンダバスマイバスなどからお申し込みください。日本からでも香港現地からでも日本語で申し込み可能です。
ひとつだけ、こちらのバスは特に申し込みが必要のない観光向けのオープントップバスがあります。その名も『人力車観光巴士』
以前は香港島だけを巡るバスでしたが、最近は海底トンネルをくぐって尖沙咀まで行くようです。
事前申し込みは特に必要なく、中環フェリー乗り場前に乗り場があるので気軽に利用しやすいです。ただ、価格が上がって終日周遊200HKDなので(子供は100HKD)、ツアーに参加するのとどっちが得ですかねぇ・・・。
全部巡って所要時間100分だそうです。
(短い路線ならば大人33HKDです。詳しい料金は公式サイトをご確認ください)
『人力車観光巴士』公式サイト
http://www.rickshawbus.com/en/home/index.html

⑥とりあえずエアポートバスを使ってみよう!
バスデビューを考えていらっしゃる方、まずは空港からホテルまでバスを利用してはいかがですか?
ホテル近くの停留所を押さえておけば難しくありません。
1)空港(1タミ)を出て右方面スロープを下ってバス乗り場へ。
2)オクトパスを利用するならば、チャージや残高確認はAEL(エアポートエクスプレス)チケット売り場で済ませるとよい。現金での乗車はお釣りは出ませんのでご了承を。
バス乗り場付近にチケット売り場があるので、そちらの利用もよいです。
3)ホテルの方向へ行くバス停より乗車する。
エアポートバス内にはスーツケース置き場が1F席にあります。
2F席に乗車するならば、盗難等にご注意ください。
2F席に監視カメラがあって、荷物置き場の状況がわかるハズなのですが、この前乗った時はテレビが故障中で使い物にならず~。

<覚えておくと便利なエアポートバス路線>
■A21(紅磡行き)・・・太子~旺角~油麻地~佐敦~尖沙咀~紅磡方面に宿泊されるならばこれ。33HKD。10-15分間隔運行。
■A10(鴨脷洲行き)・・・西營盤、香港大学、堅尼地城方面に宿泊されるならばこちら。48HKD。30分間隔運行。
■A11(北角碼頭行き)・・・上環~中環~金鐘~湾仔~銅鑼灣~天后~北角方面に宿泊されるならばこちら。40HKD。20-30分間隔運行。
エアポートバスは頭に「A」の文字が入っています。ほとんどが朝8:00-24:00の時間で運行しています。深夜便は頭に「N」がつきます。運行時間が決まっていることも多く、料金も割り増しです。
頭に「E」がつくバスは空港発着の路線バスです。

⑦香港でバスを乗りこなすための必須アプリ!
私が実際よく利用しているバスアプリをご紹介します。この3つがあれば香港でバスを楽しく乗りこなせるはず!

■KMB & LW
九龍サイドを走るカオルーンバス(九巴/KMB)のアプリ。九龍サイドのバスはこちらより検索。
<iOS>https://itunes.apple.com/jp/app/kmb-lw/id424571905?mt=8
<Android>https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kmb.app1933&hl=ja

■新巴城巴 CitybusNWFB
香港島を走るシティーバス(城巴)と新界地区を走るニューワールドファーストバス(新巴)のアプリ。香港島のバスはこちらより検索。どちらもアプリもエアポートバスは検索可能。
<iOS>https://itunes.apple.com/jp/app/%E6%96%B0%E5%B7%B4%E5%9F%8E%E5%B7%B4-citybusnwfb/id472242340?mt=8
<Android>https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kmb.app1933&hl=ja

■Citymapper
今自分がいるところから目的地までどういう交通手段があるかを調べてくれるアプリ。
バスだけでなくMTR路線も出てくるので便利。土地勘がなくても使えるアプリだと思います。
iOS版は日本語対応、「Citymapper東京」というアプリ名ですが香港でも利用できます。
Android版はまだ日本語対応はしていないようです。
<iOS>https://itunes.apple.com/jp/app/kmb-lw/id424571905?mt=8
<Android>https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kmb.app1933&hl=ja

日本じゃバスに乗ることなんて滅多にないのですが、香港に行くとバスに乗りたくなるんだから不思議です。
時間がないときはMTRで移動しますが、香港の街並みを眺めながらバスでのんびり移動するのも楽しいですよね。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19