2017/03/23

香港映画ロケ地巡り~ビギナー編


私は香港映画がきっかけで香港に興味を持ちました。
香港は小さな街なので、ちょっと歩いていると映画やドラマの撮影に遭遇することもあります。そしてロケ地も街中にあちこちあります。
「あれ?この風景どこかで見たぞ?」という景色にもよく遭遇します。

大好きな香港映画の中から、行きやすいロケ地をいくつかご紹介します。
今回はビギナー編ということで比較的メジャーな香港映画からご紹介。
これはシリーズ化して行きたいと思っています。訪問のたびにちょっとずつロケ地めぐりしてこなきゃ!

トップ画像の重慶マンション。映画の撮影に良く使われますよね。
先日の「ドキュメント72時間」でも密着していましたが、第二の九龍城とも言われた重慶マンションも、以前より治安はよくなっています。ショッピングモールなんかも出来ちゃってますしね。
<恋する惑星/重慶森林>
映画恋する惑星(重慶森林)』でブリジット・リン演じる麻薬ディーラーが走り回るのがここ。
現在は外壁が綺麗になってしまいましたが、以前の重慶マンションはこんな雑な感じでした。味があって良かったんだけどねぇ。

『恋する惑星』のもうひとつの舞台がここ中環。
ヒルサイドエスカレーター沿いのマンションにトニー・レオン演じる警官663が住んでいるという設定。663の部屋、実は実際に撮影監督のクリストファー・ドイル氏が住む部屋だったという小話があります。
エスカレーターを上りながら663の部屋に向かうフェイ・ウォンが可愛かったなぁ~。
ここで何度もフェイごっこしましたよww。

<インファナル・アフェア/無間道>
訪れたことのある人も多いかな。
映画インファナル・アフェア(無間道)』でアンディとトニーが出会う音響ショップ。深水埗の鴨寮街の露天の裏に入り口があるのでわかりにくいのでご注意。
店内には高級スピーカーがたくさん!
お店の方もとてもフレンドリーで「日本から来たの?」「写真撮ってあげるよ」ととても優しいんです。
いすに座ってトニーになりきってみませんか?アンディでもいいけど。

住所:深水埗鴨寮街151号2楼(2/F, 151 Ap Liu St, Sham Shui Po)
営業時間:11:00-20:00 木曜定休

<歳月神偸>
映画『歳月神偸』の撮影で使われた中環・永利街。
この通りは取り壊しが決まっていたのですが、2009年に公開された『歳月神偸』がベルリン国際映画祭で最優秀作品賞を受賞して、存続を希望する声が高まり、取り壊しを中止。老朽化の進んだ建物はリノベーションして残すことになりました。
一昨年訪れたときは実際に住んでいらっしゃる方の姿が見えました。
こうして古いものをリノベーションして残すのは最近多いですね。嬉しいです。
「PMQ」の裏手にあるので、ちょっと足をのばしてみてはいかがでしょう?

<傷だらけの男たち/傷城>
トニー・レオンと金城武主演の映画『傷だらけの男たち』の撮影場所となった「Staunton's Wine Bar & Cafe」。ここの1Fテラス席で二人が話していましたよね。
実はここ、私の在港時代の溜り場(笑)。どうでもいい情報すんません・・・。
友達と夜な夜なここで飲んでたなぁ~。
リノベーションされて現在はブルーの店構えになってますが、以前はピンクだったんですよ。これは1999年頃撮影したもの。入れ替わりが激しいのにここはずっと残ってますね。
ヒルサイドエスカレーターでStaunton St.(士丹頓街)に出たら右斜め前にすぐあるのでわかります。

住所:中環蘇豪士丹頓街10號(10 Staunton Street, SOHO, Central)
営業時間:10:00-2:00

あぁー、1週間くらいかけてロケ地巡りやりたいー!!!


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19