2017/03/29

初香港でビギナーさんに驚かれた香港風景

自分は見慣れてしまったけど、初めて香港を訪れる人と一緒だと「あれはどういう意味?」「なにあれ!面白い!」と敏感に反応してくれて、初心に返ることが多々あります。
自分も同じように衝撃を受けた!面白がったことを思い出したいなぁと思います。
今回は初めて香港に連れて行った友達や家族が驚いたネタを主にお話しますね。皆さんも「あるある!」かな?

トップ画像は飲茶で行われる儀式【洗杯(サイブイ)】
いきなり大きな器とお茶を持ってこられたときは、何するの???と頭がクエスチョンマークでした。高級レストランやチェーン店などでは行わないところもありますが、ローカルなお店ではまだまだよく見かけます。
【洗杯】とはお皿を洗うこと。現在では非常に衛生的な香港ですが、昔、衛生状態がよくなかった時代にお店で出された食器をお茶で洗っていた名残です。
お茶は殺菌作用がありますからね。
こうして器に食器や箸を入れて、お茶をかけて殺菌します。終わったらTempoティッシュで拭く!だからTempoは必需品なんですよ~。
飲茶だけじゃない!ローカルレストランで出てくることもあります。
私の香港人の友人はが【洗杯】上手なので彼女と一緒のときはお任せしちゃうんです。
だって、すっごく少量のお茶で綺麗に綺麗に洗ってくれるんです。これはやはり時々やる程度じゃ身につかないなぁ・・・。ビールグラスも洗っちゃうよ!
【洗杯】はなんとなく残ってる儀式みたいなものなので、無理に行う必要はありませんよ。でもやり方がわからなくて、隣のおじさんに教えてもらって・・・っていうのも楽しい!

皆さんご存知の【Super Dry極度乾燥(しなさい)】。初めて見たときは絶対にコピー商品だと思いましたよね?
実はちゃんとしたイギリスのアパレルブランド。そこそこの価格なのでセレブもご愛用のブランドなのです。
ブランド名の由来は日本のビール・アサヒスーパードライからインスパイアされたそうです。ただ商標問題などいろいろ揉めているようで、日本では出店も輸入販売も出来なくなっているとか。欲しい方は香港で購入したほうが無難です。

ホテルにバスタブがない!!!
お風呂大好きな日本人にとって、ホテルにバスタブがないのはあり得ないという方もいらっしゃるかな?
私はあまりこだわらないので、なくても全然苦ではありませんが、時々ホテルレビューを見ていると「バスタブがなくて残念」とか「お風呂に浸かりたかったのに」なんてコメントをよく見ます。
もちろん、バスタブがない家もあります。お風呂に浸かるという習慣が香港にはないですからね。

街市に行ってギョエー!となった人は多いと思います。
香港の市場にある肉屋さんでは、肉が解体されて部位ごとに売られます。
時々解体現場にも出くわしますが・・・・。
日本ではスーパーでパックになってるか、肉屋さんでもカットやスライスして販売しているので、あまり塊を見ることがないですよね。
香港人は肉、魚、野菜は街市で買う人が多いかな。いつも新鮮なものが売られていますからね。うらやましい環境です。

建築現場が竹で覆われてる!えー!竹なの?大丈夫なの?と私も初めて見たときは衝撃でした。
決して適当なわけでもなく、貧しいわけでもなく、竹の足場を使っているのにはちゃんとした理由があります。そしてこの足場を組むには国家試験をパスしないといけません。
湿度の高い香港では竹が水分を含んでとても丈夫になること。鉄パイプなどの足場では湿気で錆びてしまうこと。高層ビルの多い香港では竹のほうが軽く運べること。何度もリサイクルできるので経済的なこと。
非常に効率的に考えられた上での「竹の足場」なのです。
時々あまり香港を知らない方が「えぇー!竹の足場なんて大丈夫なの?怖い!」とおっしゃるのですが、全然怖くないし大丈夫なんですよ~。声を大にして伝えたい!
ただ、足場を組める技術者が高齢化しているとの話も聞くのでちょっと心配です。

高カロリー間違いない、香港のローカルフード【西多士(サイドーシー)】
厚揚げじゃないですよー(笑)。
初めて夫に食べさせたときは衝撃を受けていました。私、初香港の人を連れて行くと必ず日本にはないものを食べさせちゃうクセがありますww。
(雞蛋仔とかツバメの巣とかカエルの卵巣とかそんなスイーツ系の優しいものです)
これは香港式フレンチトーストです。皆さんがよく知っているフレンチトーストとの違いは・・・揚げてあることですかねぇ・・・。
油で揚げて、たっぷりのバターと蜂蜜、間にピーナッツバターやカヤジャムが挟まっていることもあり、高カロリーとわかってますが香港滞在中だけは目をつぶって食べちゃいます。
この前行ったとき、久々に食べたのですがあまりにもサイズが多すぎて1/4ほど残してしまいました。・・・全部食べたら別の意味で後悔してたかも!

暑くなると出現する~。上半身裸のおじさん!!!もう見慣れちゃってるしww。
でも初めて見たときは「何で裸なのぉぉぉ!」と目のやり場に困りました。
作業しているオジさん、オニイさん、そろそろ出没する時期になりますね。むふふ。

香港で上映されるハリウッド映画はタイトルも俳優名も広東語で書かれます。
マット・デイモンファンの夫が「マット・デイモンってこういう漢字なんだね!新鮮だ!」とすごく喜んでました(笑)。
広東語で「麥迪文(マッ・ディーモン)」と書きます。当て字です。
でも私も初めて映画のタイトルや俳優名を広東語で見たときは新鮮だったなぁ。
トム・クルーズの映画「ミッション・インポッシブル」の広東語訳が「不可能的任務」と見たときに、そのまんまじゃん!!!と笑ってしまった~。

また次にビギナーの友達を連れて行くときは、私も初心に返って一緒に刺激を受けたい!


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19