2018/01/31

無難な中華料理が食べられるお店~霸王山莊@尖沙咀

母と初日の晩御飯はここで済ませました。母とのご飯は私を悩ませます(笑)。
というのも、母と私は食べ物の好みが全く違う!
まず、米が苦手(となると自然とお粥、焼味飯類、煲仔飯は却下)、蛇は絶対だめ(冬の風物詩、今回も食べられず~)、内臓系も得意じゃないし変わったものはちょっと・・・という比較的「おこちゃま口」な母。そしてドローカルな雰囲気もちょっと抵抗アリ(街市の上とかも却下)。
さて、どこで何が食べられるだろうと消去法からお店のチョイスが始まりました(笑)。
今回の旅行ではレトロ風の新しいお店や古いお店だけど改装していて綺麗なお店ばかりを選びました。
で、晩御飯をするお店の候補としてチョイスしていたのがこちらのお店。

【霸王山莊(King's Lodge)】は遅くまで営業している上、いろんなジャンルの中華料理が食べられるお店。
初めて来たのは10年前なので久しぶりの訪問です。
ここなら何かしら母が食べられそうなものがあるだろうと思っておりました。
もち、ビールも置いていないとダメです。私も母も(笑)

10年前に来たときは坦々麺と小籠包を食べました。お店は以前よりも綺麗になって、街のレストランからちょっと小奇麗なレストランになっていました。

メニューはオーダーシート形式でした。
安心してください(←古いww)、これとは別に写真つきのメニューがありますので、そちらでチョイスしてオーダーシートに記入すればよいです。

まずはこれ、藍妹(ブルーガール)で乾杯!小瓶が1本38HKDでした。

まずはこれ。季節の野菜炒めは『香蒜(ニンニク炒め)』にして野菜は『油麥菜』を選びました。レタスの一種でロメインレタスのような感じ。
調理法は他にも「清炒(シンプルに炒めたもの)」「上湯時蔬(スープ炒め)」があります。

以前食べて美味しかったので『霸王小籠包』も。皮の厚さは良かったのだけど、結構冷めていたし、味も前ほど美味しくなかったかな・・・。残念。

母が大絶賛してくれた『黒酢小排骨(黒酢スペアリブ)』。食べ応えあって美味しかった!
これでビールが進む!母と一緒だと選ぶのも一苦労(笑)。口にあって良かったわー!

隣に韓国人旅行者のカップルがいたのだけど、メニューの漢字が読めない上、どんな食べ物か分からないようで(メニューにハングル出てるんだけどな)、オーダーまで二人でずーっとスマホで翻訳していたかと思ったら、オーダーしたのが炒飯と麻婆豆腐だった・・・。香港まで来て麻婆豆腐かぁ・・・。
日本人だったら美味しいメニュー選ぶの手伝ってあげたのにな。

これとビール2瓶でお茶代含めて350HKDくらいでした。
とりあえず母が楽しんでくれたのでホッ!
今回は初日の夜だけ二人。母とあれこれ話しながら、リニューアルされた「シンフォニー・オブ・ライツ」を観るのも忘れて話し込んでしまいました。
ここから、尖沙咀で母のお買い物が始まります~(笑)。

【霸王山莊】は中華料理が良く分からないビギナーさんやご年配の方にはオススメかもしれません。
メニューは写真付きで日本語表記あり、お手洗いも綺麗でした。チャイルドチェアもあるのでお子様連れでも入りやすいです。
日本語が出来るスタッフさんはいないようでしたが、困っていると店員さんが声をかけてくれたりするので安心して入れるお店です。
奧海城にも支店があるようです。

追伸、余談ですが以前ここに美味しい四川料理の【錦江菜館】というお店があったの、ご存知の方いないかなぁ。ここのエビチリが美味しくて通っていたのですが、いつの間にか移転→閉店しちゃったんだよなぁ。

【霸王山莊(King's Lodge)】
住所:尖沙咀漆咸道南67-71號安年大廈地下
(G/F, A1, 67-71 Chatham Road, Tsim Sha Tsui)
営業時間:
公式サイト:http://www.kings-lodge.com/chi/index.html


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*