2018/03/23

ペニンシュラ東京で飲茶ランチしました~起鳳臺@ペニンシュラ東京

あまり大きな声で言えませんが、私はペニンシュラ香港でご飯を食べたことがありませぬ。ラウンジでお茶したことはあるけど『嘉麟樓(スプリングムーン)』も未体験だし、ペニンシュラのアフタヌーンティも未体験。
セレブなところはちょっと苦手な庶民なのはもうご存知だと思いますが、今回職場の関係で「ペニンシュラ東京」の広東料理店【起鳳臺(ヘイフンテラス)】で安くランチが出来たので、いつもお留守番してくれる夫を連れて行ってきました。
【起鳳臺】のカスタード月餅は何度か買いに行っていますが、レストランは初です。

*今回は飲茶5品コース(通常料金5,500円)でしたが、通常の飲茶ランチメニューとは異なると思いますのでご参考程度に!

ペニンシュラホテル東京の2Fにある【起鳳臺】。雞のマークです。

週末のランチでしたが女性率が高い!!!OLさんや優雅なマダムのグループがたくさん。

テーブルセッティングもシンプルでいいですね。よく見ると箸置きがジャンク船になってましたよ。これ欲しいんだけど!!!

友達が「絶対美味しいわよ」と言っていた付け合わせのこれ。
『胡桃の飴がけ(甜胡桃)』は本当に絶品!!!カリっとしてるけど中が柔らかくて、普段胡桃を絶対食べない夫も絶賛するほど。
ブティックで買えるようですが、人気商品なのでゲットするのは難しいとスタッフ談。実際、食後にブティックに行ったらありませんでした・・・とほほ。

最初にいただいたのは『蒸し点心3品』。上は蟹焼売(カニシューマイ)、右は小籠包、左下は潮州餃子。どれも美味しい。

お次は『揚げ点心2品』。左が海老春巻き、右が湯葉巻きです。
どちらも海老がプリっとしていて美味しい。お上品な味です。

お次は『干焼蝦仁(エビチリ)』。日本でこのサイズの海老が食べられるのは嬉しい!ポーションは小さめだけど、4つの海老は食べ応えありでした!
ブロッコリーも上湯で軽く茹でてあって美味しい。

『青梗菜と腸詰の炒め物』。この腸詰がメチャ美味しかったー!!!手作りなんだろうなぁ。パッと見、夫が「これ、シャウエッセン?」とか言って大笑いww。
食べて美味しさに悶絶してました。

『牛肉と黄ニラの伊府麺』、これも美味しかったよぉぉぉ!!
夫が「この味付けは一体なんだろう?美味しいんだけど想像がつかない」って言っていましたが、恐らく生抽(香港醤油)とか老抽であたりでシンプルに味付けしただけだと思います。
ポーションはどれも小さめだけど、このあたりでお腹が膨れてきました~。

シメのデザートは『芒果プリン』。プリンと言えど、ちょっとムースのように柔らかくて、夫婦で悶絶しました!!!!
今まで食べた芒果プリンの中で一番美味しいかもぉぉぉぉぉ!!!
これだけどこかで売って欲しい!バケツで食べたい!

農暦新年前だったので、お獅子のお飾りとライオンダンスディナーの案内がありました。いつか来たいぜよ!

もー、どれをとっても美味しくて大満足でした。
スタッフの中には日本語が分からない香港人もいて、何だかそんなところにも香港を感じてしまいました~。

頻繁にというわけには行かないけど、たまにはこういうランチもいいよね。
またこういうところに来れるよう、頑張って働きます。
今度は母を連れてきてあげよう!

【起鳳臺(ヘイフンテラス)】
住所:東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京2F
営業時間:平日ランチ11:30-14:30、土日祝ランチ11:00-14:30、ディナー18:00-22:00
電話番号:03-6270-2738



 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*