2017/08/28

台風の香港で気をつけること

先週の香港・マカオは最悪でした。
1週間に2つの台風がやってくるなんて、かなり珍しいことではないでしょうか。
23日月曜日に香港にやってきた台風ハト(天鴿)は5年ぶりにシグナル10が発令されたほどの超大型台風でした。
そして追い討ちをかけるように昨日やってきた台風パカー(帕卡)。香港・マカオでシグナル8が発令されていましたが、被害状況はどうなのでしょうか・・・。
台風ハトは香港を通過したあとマカオに上陸し、マカオでは警告が遅れたことも手伝ってか香港以上に甚大な被害をもたらしました。返還後初めて人民解放軍が災害救助目的で出動して復興作業を行っています。
マカオフェリーターミナルや橋なども被害に遭い、ホテルも停電、断水などで通常営業できなくなっていたところもあったとか・・・。過去30年でもっとも酷い台風だったと言われています。
日本でもニュースで大きく取り上げられましたが、現時点で死者16名、負傷者300名とのこと・・・。私が知っている中でもこれほどマカオが酷い状態になったのは初めてです。

今週で8月も終わりますが、まだまだ台風シーズンは続きます。
旅行中に香港で台風に遭ったらどうする???を改めてまとめました。
昨年10月の香港旅行中に台風を体験したので、お役に立てたら幸いです。

①日本と香港の台風名の違い
日本では台風を発生した順に番号で呼びますが、日本以外のアジア諸国では日本を含む14カ国が加盟している「台風委員会」でそれぞれの国から10つずつ提案された名前で順に呼ばれます。
今回の台風ハトは日本が提案した名前で日本では台風13号、日曜日にやってきた台風パカーはラオス語で淡水魚の名前で日本では台風14号と呼ばれます。
台風の名前は140個あり、順に利用されています。
台風の名前リストは以下の通りです。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-5.html

②台風シグナルをチェックする
日本では台風が直撃しても特に禁止令などはありません。
近年は企業によって早めに退社できたり、学校が休校になったりしますが、その時々の判断で変わることもありますし、国としての警報はありません。
香港は台風のシグナルがあり、発令されると学校が休校になったり外出禁止になったりします。

◆シグナル1・・・台風が近づいていますよという警報。天候に大きな変化はあまりない。
◆シグナル3・・・風速41-62km、幼稚園は休園になる。
◆シグナル8・・・台風直撃。学校は休校、オフィスも出勤停止、マーケットも停止。飲食店やショップも休業。交通機関も停止。
◆シグナル9・・・大型台風直撃。
◆シグナル10・・・超大型台風。過去20年で今回のハトが3つめのシグナル10だそうです。

それに併せて、暴雨警報も発令されます。
黄色暴雨警報(Amber)・・・雨量30ml/h以上
紅色暴雨警報(Red)・・・雨量50ml/h以上/幼稚園休園、学校休校
黒色暴雨警報(Black)・・・雨量70ml/h以上/オフィス出勤停止、外出禁止

台風が直撃したら基本的には外出は控えてください。テレビを付けたら画面に必ず発令中の警報が出ています。
また、ホテル、飲食店、ショッピングモール、MTR構内などにも警報が掲示されます。
お天気アプリなども十分を確認して、何時ごろ上陸するのか把握しておくと良いと思います。

③台風上陸に備えておくこと
台風直撃でシグナル8が発令されると分かっているならば、ホテルで過ごすことをオススメします。
そのために、事前にスーパーやコンビニで食料を買い込んでおくことをオススメします。
台風の前後はスーパーは激混みしますので覚悟してください。
また、飲食店で食事をテイクアウトしておくのも良いと思います。

④どうしても外出しなければならない場合
どうしてもこのタイミングで外出しなければならないときは、ホテルの人に頼んでタクシーを呼んでもらうしかないと思います。
MTRは地下を走る中心地は比較的運行していますが、それ以外の交通網は基本的に停止しています。
タクシーもほとんど走っておらず、通常料金の3倍もの料金になりますがMTRが停止していた場合は移動手段はタクシーしかありません。
タクシーごと事故に遭うこともあるので、出来れば控えて欲しいです・・・。
事故に遭っても保険がおりないとか・・・。
また、どうしても食事が必要な場合、チェーン店を含む一部の飲食店はシグナル8でも営業しているお店があります。
行くならば予めそこが営業していると把握してからお出かけください。
私は昨秋の香港滞在時に中環の『蓮香樓』に避難していましたが、ここは台風直撃時でも営業していることが多いようです。
どうしてもホテルに滞在しているのが難しい場合(帰国日でチェックアウトしなければならないなど)は、大型ショッピングモールへ避難してください。
ショッピングモール自体は開いていますが、ほとんどのショップや飲食店は閉まっています。
ですがモール内のスーパーや映画館は営業しているところがほとんどです。
台風通過まで映画を観て過ごすのもいいかもしれません。
上の写真はIFCモール内のシティースーパー。人が多かったです。
下の写真は中環駅構内。美心餅店は営業していましたが、隣のOKASHILANDは営業していませんでした。

⑤出発前に台風が来ると分かっているならば
昨秋の私がそうでしたが、滞在中に台風が来るとわかっていたので日本からショート丈のレインブーツを持っていきました。傘は日本から持っていくのは手間なので現地で50HKDくらいの安い傘を購入し、ホテルに置いてきました。
折り畳み傘なんて持っていっても役には立たないですしね。
雨の中、外出する予定があるのならばカッパを持っていくのも良いかもしれません。


■台風が直撃してシグナル8や黒雨警報が発令されると会社に行かなくていいのはいいですよね。
日本は台風が来ていて交通網が乱れると分かっていながら、なぜみんな無理に出勤しようとするのでしょうか・・・。それが更に混雑を招いていると思うのですが・・・。
ただ香港はシグナル8が解除されると出勤しなければなりません。
台風ハトのように朝からシグナル8が発令されたら朝から出勤しなくていいのですが、出勤した後でシグナル8が発令されたら一斉に帰宅しなければならないので、それはそれで大変です。
でもね、すごいんです。シグナル8が解除された途端に街に活気が戻る。トラムがバスが動き出す。人が出てくる。

これは九巴のサイトにアップされていた写真だそうですが、シグナル8が解除されるのを待っているバスの運転手さんたち。
解除されてすぐに街が動き出すのは、こうしてすぐに出動できるように控えてくれている運転手さんたちのお陰ですね。
他の交通機関でもこうして運転手さんたちがスタンバイしてくれているんだと思います。
台風のさなか、こうして控えてくれているなんてありがたいですね。
こちらは昨秋台風時のシグナル8解除直前。街にはバスもトラムもタクシーも走っていません。
解除されて1時間経たないくらい。既にトラムもバスもタクシーもバンバン走っています。
街に活気が戻ってる!


■香港人の友人と台風の話をしていたときに「李氏力場」という言葉を教えてもらいました。
香港の大富豪、李嘉誠(リー・ガーセン)。
シグナル8が発令されると企業は機能しないし、交通網も停止、マーケットも停止することから、香港の経済が停滞してしまいます。
それを嫌う李嘉誠が結界を張っていてシグナル8が発令されないようにしている→会社が休みにならないという都市伝説があるとか?
昨秋、渡航前に台風が来るのが分かっていたので連日香港の友達に連絡をしていたのですが、上陸を心配する私に友達が「大丈夫だよ、李氏力場があるから」って言ってくれました。ただ、その心遣いもむなしく平日の朝からシグナル8が発令されたので、結界は破られちゃったかな?(笑)
ちなみにこの「李氏力場」が機能するのは平日だけなんですって(笑)。
週末に台風が来ても経済には影響がないからとか?

出来れば香港旅行時に台風に遭遇したくないですが、この時期の渡航は気をつけなければいけませんね。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19