2018/10/22

6年ぶりの足ツボマッサージ~足美健@銅鑼灣

朝起きて、シャワー浴びて、とりあえずご飯でも食べるか・・・とお店に入ったのだけど何となく食欲もなくて、元気なんだけど気力がない。せっかく香港にいるのに、このやる気のなさはなんなんだろう。
今回の香港滞在3日目、この時点で既にお昼でした。
行きたいところはあるけど無理したくないなぁ、こんなときはどうしよう?なんか身体にいいことしたいな。あ、そうだ!久しぶりに足ツボマッサージでも行ってみよう!

ということで、本当に思いついて行った足ツボマッサージ。
普段、香港で足ツボに行かないのでこの辺りの情報が全くない!そういえば銅鑼灣のそごう裏にいくつかあったな。
とスマホでさささっと近くにある足ツボマッサージを探して、入ってみたのがこちらでした。6年ぶりの足ツボマッサージです。

【足美健】というお店。実はこのお店にたどり着くまでに街中にいくつか足ツボがあったし、そちらのほうが安かったのだけど(45分98HKDとか)、安かろう悪かろうじゃ嫌だなと思って、もう少しお金を出してもいいから本当にリフレッシュできそうなところを探しました。
【足美健】は45分168HKDでした。さて、効果のほどはいかがなものか?

そごう裏の金利文廣場(リッチモンドプラザ)というビルの8Fにあります。
ビル内には他にもマッサージのお店があったけど、ザ・足ツボ!的な雰囲気がよかったのでココに決めました。

煌びやかな入り口。すみません、すべてiPhoneで撮影のため微妙にブレ気味。カメラを出す気力すらなかったんだと想像してくださいww。
受付で「フットマッサージ」と言うとおじさんが案内してくれました。すごく感じの良い英語の上手なおじさんでした。

店内は広すぎず狭すぎず。ちょっと薄暗い感じ。席数はそんなに多くない。そして静か。私の他に、欧米人のご夫婦が足ツボしていました。
ソファの上に大きなタオルが敷いてあってこの上に座ります。

足ツボ図もちゃんと貼ってあります。でも全然足裏痛くなかったなぁ。健康なのかなぁww

席に座ると白湯を出してくれました。しっかり飲んで毒素出すぞ!

最初はフットバス。温かくて気持ちいい!これから太い太い足をお見せします。大変お見苦しいとは思いますがお許しください~。

さぁ、マッサージの始まり。普段来ないくせに結構楽しんでしまいました。
香港人男性のマッサージ師さん。とても物静かな方で逆にそれがリラックス出来たかも。
アレコレ話しかけられたら疲れている頭が余計疲れちゃう感じだったし。
足裏はそんなにグイグイ押してこなかったかな。もうちょっと強くやってもらってもよかった感じ。でも気持ちいい。私、寝ちゃいましたよww

足ツボマッサージって大体ふくらはぎくらいまでやってくれるものなのですが、ここはひざ上の腿の辺りまでグっと押してくれました。これが気持ちよかったの。足裏よりふくらはぎと腿のマッサージのほうが痛気持ちよかった~。

結構念入りにマッサージしてくれます。45分?本当に?60分やってなかった?と思うくらい。
物静かな方だったので会話が弾みませんでしたが(笑)、痛い、気持ちいいというのは伝えました。伝えると「そうですか」という感じで柔らかい微笑み光線を送ってくれました。なんか逆に癒されるんだけど!

ちなみに・・・
足ツボマッサージなどで使える広東語

◆痛い ⇒ 痛(トン) すごく痛い ⇒ 好痛(ホウトン)
◆気持ちいい ⇒ 舒服(シューフ) すごく気持ちいい ⇒ 好舒服(ホウシューフ)

この4つを覚えておけば便利かも!

終わる頃に「もう45分経つからマッサージは終わるけど、このふくらはぎの外側をしっかり自分でマッサージしたらむくみが取れますよ。やってみてね。」的なアドバイスもらいました。
優しいじゃないかぁ、香港紳士!
私も「とてもリラックスできたよ!どうもありがとう」とお礼を言いました。

静かな空間で静かにマッサージ。ゆっくり出来たからよかったな。
終わったら足も軽いし、なんだか体も軽い!お腹も空いたぞ!
どこか行こうかと思ったけど無理は禁物なので、このあと温かいスイーツを食べて銅鑼灣徘徊してホテルに戻りました。

思いがけずよかったなー。
銅鑼灣で足ツボに行くならオススメです!

【足美健】
住所:銅鑼灣謝斐道490-498號 金利文廣場8字樓
(8F, Richmond Plaza, 490-498 Jaffe Road, Causeway Bay)
営業時間:
料金:足ツボ45分/168HKD、全身45分/238HKD、角質ケア/198HKD
(2018年9月現在の料金です)


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>



 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*

2018/10/19

機内で観た賀歲片が面白かった~映画『我的情敵女婿』

香港便のフライトではなるべく香港映画を観るようにします。
香港映画は日本で上映しないものが多いですからね。観られるチャンスがあるときは観る!
今回、私はANAで行きましたが機内で『我的情敵女婿(A Beautiful Moment)』という映画を鑑賞しました。
2018年のお正月映画だった作品です。お正月映画は「賀歲片」と言います。
香港では毎年旧正月に合わせて「賀歲片」が上映されます。
大体はみんなが知っているスターが出演して、笑いあり、恋愛あり、人情ありといった娯楽映画。日本で言うところの寅さん映画みたいな感じかな。

ストーリーは・・・
精神科医の鍾嘉寶(カリーナ・ラウ)は2人の娘を持つ母親。下の娘ヤンヤン(ミシェル・ワイ)が結婚したいと連れてきた相手は、かつての恋人、梁華生(サイモン・ヤム)だった・・・。
という母親と娘と三角関係になる(?)ラブコメディ。
カリーナとサイモンは25年ぶりの共演だとか!サイモン・ヤム、大好きなんだ!!『PTU』からのファンです!!!

私、カリーナのInstagramフォローしてます!この人、どんどん綺麗になってない?
50歳超えたよね?身体もすごく締まってるし肌も綺麗。美魔女化してる!!

サイモン・ヤムもおっちゃんになったなぁと思うけど、やっぱりカッコいい。香港人のカッコいいおっちゃん!

二人が昔を思い出しながら一夜だけデートするシーン。トラム120号に乗ってます!香港の街を歩いていると、こういう撮影シーンに出くわすチャンスがあるからワクワクしますね。
(一度も遭遇したことないけどさ・・・)

2人が若い頃によくデートで使っていたお店という設定で出たのが、私がお気に入りの茶餐廳だった!
思わず「うわっ!あそこじゃんっ!!!」って心の中ではしゃいでしまいました。
湾仔の『德如茶餐廳』は2年前に偶然見つけたお店ですが、香港式ミルクティーが絶品です!!この前行けばよかったー。行きのフライトでこの映画を観ていたら、滞在中に絶対行ったのに!!
(鑑賞したのは帰国便でした・・・とほほ)

◆湾仔の路地裏で絶品ミルクティー発見!~ 德如茶餐廳(2016/2/29記事)
https://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/02/blog-post_29.html

(Record Chinaより引用)
こんな感じで撮影したんですねぇ・・・。

そしてお正月映画の醍醐味は出演者。本当にいろんなスターがチョイ出演するんです。何人知っているスターが出演しているでしょうね。

私が大好きなニコラス・ツェのお父様、謝賢(パトリック・ツェ)も出演してました!
もう82歳なんですね。久々の映画出演のようですが、今回はギャンブラー役だよー。

これまた私が大好きな女優、羅蘭(ローラン)さんも!上品なおばあちゃんから下町のおばあちゃんまで演じられる、でもとても素敵な女優さん。日本で言うと・・・草笛光子さんのような女優さんだろうか。「桃さんのしあわせ」にも出演していました。

歌手の容祖兒(ジョイ・ヨン)も出演!彼女ももうアラフォーなんですねぇ。

と、これだけではありませんが、あちこちに「あれ?この人観たことある!」なスターがワサワサと出演しています。

映画の予告編はこちら!


映画自体はテンポが速くて、笑いが盛りだくさん。ストーリー性よりも娯楽重視なのでそのあたりはご了承を。それでもやっぱり楽しめるのがお正月映画です。
まだDVD化されていないようですが、またゆっくり観たいなぁ。

香港映画ってさ、知ってる風景がたくさんでそれだけでも嬉しいのに、行ったことあるお店が映っていたりすると余計にテンションあがりますよね。

香港便のフライトは香港映画を観るべしべし!


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*



2018/10/17

中秋節の香港で・その①~中秋節のファミリーディナーに潜入

今回の渡航は中秋節の香港を楽しむことが一番の目的だったのですが、中秋節当日に渡航した私に思いがけないお誘いが舞い込んで来ました!!
香港人の大親友Yとは別日にディナーの約束をしていたのだけど、「中秋節当日は予定あるの?兄弟たち家族とレストランを予約しているのだけど、よかったら香織ちゃんも来ない?」とのこと。
友達とは20年のお付き合い。こんな家族の場に参加できるなんて滅多にないぞ!
弟家族や甥っ子たちもよく知っているので、お言葉に甘えて参加させていただくことにしました。
中秋節は香港人にとって、旧正月と同じくらい大切な日だそうで、家族で過ごすことを大切にする人たちもとても多いのです。

大埔に住む友達と九龍塘で待ち合わせして、それまでに用事を済ませようとしたのだけど、友達から「仕事が早く終わったよ」と連絡あり。
そうだ!中秋節は会社も早く終わるのです。15時で退勤してしまった友達に合わせると早すぎるので、私は別でMTRで大埔に行くことに。
それでも銅鑼灣を徘徊していると、早上がりの人たちでバスも大行列!どのバス停も100人以上は並んでます・・・。これじゃいつまで待ってもバスに乗れそうにないなと思った私は、用事を別の日にしてバスではなくMTRで大埔まで行くことにしました。

銅鑼灣から紅磡までバスですぐなのだけど、どのバス停もすごい人でいつ乗れるかわからないし、トンネルも混雑してそうなのでMTRを乗り継ぐことに。
金鐘駅は朝のラッシュ並みの人で大混雑です。

九龍塘で東鐵線に乗り換えるまでもすごい列でした!!やっとの思いで大埔に到着。
香港時代に何度も通過したけど、下車するのは初めて。
今日は大埔に住む友人の家の近くのレストランでディナーです。

今回は友達が予約などの仕切りをしたそうで、このレストランは婚礼専門のレストラン。
20名近く集まるので個室を借りたそうです。こちらは大人のテーブル。

もうひとつのテーブルは子供専用。奥に麻雀卓もあるし、カラオケもある!
義妹さんがカラオケ好きだそうで、ひっきりなしに兄弟で歌っていました。香港映画は好きだけど、歌手は疎い私なのですごく勉強になった!
同世代なので知ってる歌手ばかりww

友達は6人兄弟の2番目(姉、友達、弟3人、妹)。ご両親はもう他界してしまったのだけど、兄弟はみんな仲良し。友達以外は結婚して子供がいるけど、友達は末弟家族と同居しています。
香港時代にも会ったことがある末弟さん家族とは今夏東京で会ったし、真ん中の弟さんの息子さんは日本語が上手で日本にもよく来るし、コンサートチケットをよく取ってあげました。上の弟さんの息子さんも日本のアニメが大好きで、今回頼まれていたものを買っていったところ。
兄弟の皆さんも私が参加することを喜んでくださって、お姉さんは私にお土産買って来てくださったり(いただいた蝶々パイが絶品!)、Google翻訳で一生懸命会話してくださったり。
みんな私を気遣ってくれて優しいの。本当に仲の良い兄弟なんだなと思いました。それぞれのご主人やお嫁さんもとてもいい人。子供もいい子ばかり。
「うちの兄弟は特別仲がいいと思う」って友達がいつも言ってるけど、天国のご両親も安心してるよね、絶対。

末弟の奥さんが私のためにと買っておいてくれた月餅。
『美心』が今年発売した「流心奶黃(とろけるカスタード)」月餅は大人気で発売されると同時にあちこちですぐ売り切れてしまったとか。
実は私も食べたいなぁと思っていたのです。友達も知らなかったようで「義妹が香織ちゃんに月餅買ってるの!すごく人気のやつ!嬉しくて言っちゃったけど、渡されたら聞かなかったふりしてね」とww。もちろん、演技しましたよww。

分かるかな?本当に中がとろーりとした黄身だったんです。甘すぎなくてすごく美味しかった!こんな月餅初めて!来年も売って欲しい!!

さて、食事に話を戻しますね。

宴の食事は予め決まっていました。おいくらか分かりませんが、結構豪華な食事だったことは確かです・・・。

最初に運ばれてきたのは豚ちゃーん!!
『鴻運當頭乳豬全體』は子豚の丸焼き。香港ではお祝い事に欠かせない料理です。皮がパリパリで美味しいのですー。

次に出てきたのはロブスター!『上湯焗加拿大龍蝦』は茹で蒸ししたロブスターに上湯を加えてとろみをつけたもの。下には伊麺がひいてありました。

大きなホタテと野菜の蒸し物。『富貴珊瑚翡玉帶』とうメニューだと思います。上湯の味が付いていてブロッコリーはシャキシャキで美味しかった!

カニ爪みたいなこのお料理は『黄金百花醸蟹拑』は縁起のよいオレンジに形を見立てたのかな?蟹肉ぎっしりでぷりっぷりでした。こんなの食べたことない!

フカヒレスープもありますよー。
『紅燒龍皇雞絲生翅』は鶏肉の細切りとふかひれのスープ。右にある赤いソースみたいなのは酢です。これをかけていただくと美味しいの。

ぎょー!アワビも出てきた!!
『碧緑金銭扣原隻鮑魚』は弾力のある鮑と大きな冬茹。贅沢すぎる!

まだまだ終わらないよー!
『清蒸沙巴龍躉斑』は蒸し魚。石斑魚(セッパンユー)は海鮮料理店でもよく食べますよね。このタレをご飯にのせて食べたいねん!

出たよー!頭付きの鶏ちゃんー!
「日本では鶏料理に頭は付いてこないのよ」とみんなに説明する私w。
『當紅脆皮炸子鶏』は皮をパリパリに焼いた鶏ちゃん。大好き!

そろそろお腹が限界だぞ!!!
チマキの『糯米鶏』が出てきたけど、お腹にスペースがないww

うぉー!饅頭も出てきたー!せっかくなので恐る恐るいただく。美味しいっ!!!けどお腹が限界!!!あまったのでホテルに持ち帰ることにしました。

中に鹹蛋(タマゴの黄身の塩漬け)が入っていたよ。月餅と同じだね。美味しかった!

もうお腹が限界を超えていますが、コレを食べなきゃ中秋節がしまらない!!!
丸いお団子『湯圓』はお正月や中秋節、結婚式などお祝い事には欠かせない料理。家族が円満でありますようにと願いをこめていただく伝統的なもの。
友達一族が円満でありますように(もちろん私の家族も!)願いをこめていただきました。
中にはゴマがたくさん入ってたよー。

家族を大切にする香港人に、こうした家族の場にご招待していただいたのはとても光栄でした。普通に旅行しただけでは味わえない体験、プライスレスな時間を過ごすことが出来ました。
友達と友達の兄弟たち、家族の皆さんに心より感謝です。

私も彼らが日本に来たときは精一杯もてなしたいと思いますが、その前に・・・もうちょっと広東語が出来ないとだめだな(笑)。
ここ1年くらいサボっていたら急激にヒアリング力が落ちてるようなので、もっと真面目にやろうと思います。頑張れ、私ー!!!
もっと香港を楽しむために!もっと香港人の皆さんと交流するために!

中秋節の香港で・その②もお楽しみに!


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*

2018/10/15

今、深水埗が熱いっ!!!太子寄りの深水埗散策



*ブログデザイン変更中のため、見づらいかもしれませんが今しばらくお待ちください*

2000年当時、私が住んでいた頃の【深水埗(サムソイポー)】と言えば、洋服や手芸用品の問屋街で、日本人なんて全くいなかったし、暗くなると治安が悪くなるので一人で行くなら暗くなる前に帰りなさい!と教えてもらっていました。どちらかというと観光客が足を踏み入れる場所ではありませんでした。
住んでいた当時はよくビーズアクセサリーや部品を買いに行ったり、自分が住んでいた太古とは雰囲気も違って楽しく、一人で行ってはよく徘徊したものでした。

それがどうでしょう!!
一昨年行ったときは、日曜日にインドネシア系のアマさんでごった返しているではありませんか!
(現在はインドネシアのアマさんが多いようですが、以前は圧倒的にフィリピン系のアマさんが多かったのです)
昔は日曜は問屋も閉まっているので閑散としていたのに、この賑わいはなに!
◆日曜日の深水埗街歩き(2017/1/10記事)
https://hongkongunchiku.blogspot.com/2017/01/blog-post_10.html

そしてグルメスポットにもなって、美味しいお店がたくさん!!
あぁ、住んでいた当時にこのグルメ情報は知りたかったですわ・・・。

そして今年、香港政府観光局さんがイチオシしてパンフレットを出しているではないかぁ!!!
このようなポスターをあちこちで見かけました。
一躍メジャースポットとなった深水埗、今回、太子寄りの深水埗をちょっと散策したのでご紹介しますね。

テクテク歩いてやってきたのが【春生雷堂】。建物は1931年に建てられたもので数年前に階層。一級歴史建築として歴史的建造物に指定されています。
ここは元々は薬局。上の階には九巴(九龍バス)の創始者が住んでいたそうです。
現在はリノベーションされて、「中醫藥保健中心(簡単に言うと漢方薬博物館のような感じ)」になっており、漢方の歴史が楽しめます。涼茶も飲めるみたいですね。
本当はここを見たかったのですが、祝日だったのでお休みでした。またリベンジしよう。

祝日とあって問屋街は静かでした。深水埗寄りだともっと賑やかなのでしょうが、本当に問屋街にいたので住民しかいません。

Googleマップで徘徊していて見つけた奇妙な建物。これお寺なの?と香港人の友人に聞いたら、ビル型の墓地なんだそうです。
龍慶堂というこの建物は1931年に設立され、1981年に現在の6階建てに増築されたそうです。さすがに中に入るわけにはいかないので外から見るだけ。
土地不足の香港はお墓問題もあるようです。日本では1族が1つのお墓に入りますが、香港では1人が1つのお墓に入るのだとか。
それじゃいくつあっても足りないですよね。

その近くにあったこちらのビル。一昨年くらいに話題になっていましたね。ただのビルなのですが、こんなカラフルな色に!!この辺りはローカルなエリアで比較的低層階のビルが多いので一際目立ちます。
ここってどこなの?行ってみたい!と思っている方も多いですよね。
Googleマップのリンクを張っておきますので場所を参考にしてください。
https://goo.gl/maps/6F8iAgQwoYK2

縦で撮影しないと全部入りきらない~!
何か有名なビルってわけでもなく、普通に人が住んでいる建物になります。撮影は控えめにね。

問屋街で閑散としている中、このお店だけ欧米人でとても賑わっていました!
入ろうとしたのだけど、狭い店内にたくさん人がいたので諦めた私・・・。Googleマップだと以前はボタン屋さんだったようですね。
ちょっとオシャレなアジアテイストの生活雑貨が置いてありました。欧米人の人が多かった。
店名、失念!すみません!

路地裏を撮影されている写真家・柴田誠さんを真似て、ちょっと路地裏も撮影してみました。誰もいない静かな路地裏です。

乾物屋さんで見つけた猫ちゃんー!!!
実は今回の香港滞在で猫を見つけたのはここだけなんです。ホテルのある銅鑼灣付近は猫いなかったもんなぁ。
推定3ヶ月、オス猫。店員さんにニャーニャーとじゃれていて、私に気づくと近づいてきてスリスリしてくれました。なんて人懐っこいの!!! うちの愛猫の弟に迎えたいっ!!!

深水埗駅周辺は何度となく徘徊していますが、太子寄りのほうはなかなか来ることがありませんでした。
低層階の建物が多くひしめいていますが、ここにもそのうち開発の手が伸びてくるのでしょうか・・・。

本当は気になって行きたかった茶餐廳もあったのですが、お休みばかり。この辺りを楽しむならば平日に訪れたほうが良さそうです。
昔、「香港でお気に入りの場所はどこ?」と聞かれたら真っ先に【深水埗】と即答していた私。
知っている風景がどんどん変わっていきますが、それでも私の中で【深水埗】は今でもお気に入りの場所のひとつです。

あ、そうそう。【深水埗】に行くならばここはマストです。
香港で有名なお菓子企業「嘉頓(Garden)」のビル。嘉頓のお菓子やグッズが買える他、ギャラリーやカフェ、レストランも併設されています。
こちらは来年には建て替えが決まったようです。行くなら今のうちです!
(どうしてこうあれこれ壊してしまうのか・・・悲しい)

【深水埗】はローカルな雰囲気を残しつつ、多くの露店が立ち並び、新旧の美味しいお店が多くある場所です。
街歩きするにはオススメのスポットですよ!
行かれるならば、お昼以降に行ったほうが露店が営業しています。朝早く行ってもお店は開いてないのでご注意です。


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*