2018/06/27

夏休み渡航者必見!2018年6月最新情報~!

そろそろ夏休みの計画を立てている方もいらっしゃいますか?
最近入手した、香港の最新情報をまとめました。旅のプランにお役立てください~。
日本での香港イベントもご紹介しますよ。

P.S.すみません、本当にBlogを書く時間がなく・・・書きたいことはたくさんあるのに!
もう少ししたら落ち着くのでお許しくださいませ~。

◆ブルース・リー展が2020年まで延長!!◆
2013年から沙田の【香港文化博物館】にて開催中のブルース・リー展『武‧藝‧人生 - 李小龍』。いよいよ来月で展示期間終了・・・の予定でしたが、なんと2年延長されました!
2020年7月まで開催されることに決定!
もう一度行きたくて、この前行けなかったのだけど、これならもう一度は最低でも行けそう!!
*展示物の撮影は禁止となっています

【香港文化博物館】
住所:香港沙田文林道1号
行き方:MTR沙田駅またはMTR車公廟にて下車、徒歩10分 
営業時間:10:00-18:00(週末は19:00まで
料金:大人10HKD(水曜は無料)
休館日:火曜日、旧正月三が日 
公式サイト:http://www.heritagemuseum.gov.hk/zh_TW/web/hm/highlights.html 



◆旧中環警察署、ビクトリア監獄がいよいよ公開!◆
中環のヒルサイドエスカレーター脇にある中環警察署とその後ろのビクトリア監獄。長い間リノベーションしていましたが、5月25日より『大館(Tai Kwun)』として一般公開が始まりました!
とはいえ、しばらくは予約制なのでご注意!入場は無料ですがパスが必要です。
警察署や監獄の歴史が見られる他、今後はレストランやショップも続々オープン予定だそうです。
*入場パスについては6/27現在、公式サイトのこちらにてログインするか、公式アプリにて入手できるようです。
●iTunes:https://itunes.apple.com/jp/app/tai-kwun/id1373643331?mt=8
●Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.taikwun.app

公式サイト(英語・広東語):https://www.taikwun.hk/en/
香港ナビ:https://www.hongkongnavi.com/miru/317/
開園時間:11:00-23:00(ショップにより異なります)

◆十字冰室、銅鑼灣に支店オープン!◆
昨年、西營盤にオープンした牛乳メーカー「十字牌」のカフェ【十字冰室】。銅鑼灣に新たに支店をオープンしました。
今後も支店が増えるかな?

住所:銅鑼灣禮頓道64號禮賢大廈地舖
(G/F, Leigyinn Building, 64 Leighton Road, Causeway Bay)
営業時間:7:00-22:00

◆PMQが再び東京にやってくる!◆
こちらは日本在住の香港迷さんに。
観光客に人気のアートショッピングモール【PMQ】。その中でも香港アクセサリーとして人気の香港猿創(Hong Kong Oapes)』さんが9月に東京・表参道にてアが期間限定オープンします。
人気グッズはもちろん、最新グッズもやってくるって。またお財布の紐が緩んでしまいそうで怖い(笑)。

開催期間:2018年9月21日(金)~23日(日)
営業時間:13:00-19:00(金)、11:00-19:00(土日)
開催場所:東京都港区北青山3-5-23 NOI omotesando 2F
(東京メトロ表参道駅A3出口出てすぐ)


◆お願い!マナーを守りましょう!!◆
こちらはひとつお願いです。
今年1月より、鰂魚涌のモンスターマンションが撮影禁止となりました。
にもかかわらず、SNSやyoutubeに写真や動画をアップしている旅行者の方が多く、残念に思っています。「撮影禁止」という注意書きを無視している日本人の方も多くいらっしゃいます。
生活している方がいます。その方々が迷惑を感じているために撮影禁止となっています。
自分の身に置き換えて考えていただけると嬉しいです。
(上の写真は撮影禁止になる前の一昨年に撮影したものです)

私もそろそろ年内渡航の予定立てます←ずっと言ってて実現できず(T_T)


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*

2018/06/22

点心や動物のロウソクが揃うロウソク・アロマ専門店~Be Candle@西貢

西貢の旧市街の路地裏にオシャレなお店発見!!!
【Be Candle】は2011年に設立された完全ハンドメイドのロウソク・アロマ専門店。
この辺りの路地裏には何があるかわからないのでワクワクしちゃいます!!!

お店を見逃さないように注意してくださいね~。

お店の中にはいろんな形のロウソクが!!!愛犬家さんにオススメはこちらのワンちゃんロウソク。

私と同じ愛猫家の皆様はこちらでしょうか?もったいなくて火をつけられないって!!

富士山もあります!右に写ってるのは出目金ですね。今気づきましたww

香港迷さんはたまらない!点心ロウソクの数々~。これは飾り用でしょう。絶対使えない!!!

上は蘿蔔糕、下は煲仔飯や腸粉、寿司もうどんもありますね。楽しくなってきた!

ロウソクだけではなくアロマもあります。こちらはルームフレグランス。

自分でアロマロウソクが作れるキットを販売していました。4種類のアロマオイルと細かく削った蝋がセットになっています。これ、レーンクロフォードで売ってるみたいです。

蝋の量と好きなアロマをあわせてオリジナルが作れるって言うキット。これはオシャレ!

写真に撮るのを忘れてしまったのですが、「油麻地の香り」「尖沙咀の香り」というロウソクもありました!
お店の方のご好意で、私もロウソク作りに挑戦!「東京の香り」を作ってみました。
ちょっと都会的なシャープな感じと、代々木公園などの緑をイメージして。

オーナーのザビエルさんはイタリアでデザインの勉強をされたそう。
店内にあるロウソクとアロマはすべてここで製造されています。作られた香りではなく、素材の良さを生かした品の良い香りが店内を包んでいて、とても居心地のいい空間です。

西貢の路地裏で素敵な香りに惹かれたら、是非足を止めてみてくださいね。
もちろん、お土産にもオススメです!

【Be Candle】
住所:西貢横街8號
(8 Wang Street, Sai Kung)
営業時間:11:30-19:30 月曜休
公式サイト:https://www.becandle.com.hk/
Facebookページ:https://www.facebook.com/becandlehongkong/


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*

2018/06/20

ウンチクがチョイスするお気に入り香港人歌手はこれだ!

香港では俳優業と歌手業を兼任するスターが非常に多いです。
皆さんご存知のレスリー・チャン、レオン・ライ、アンディ・ラウ、ジャッキー・チョン。
最近のスターだとニコラス・ツェやイーソン・チャンあたりもそうですね。
私は香港スターは映画から入ったので、歌手としての一面を知らないスターも多くいますが、レオン・ライとジャッキー・チョンはCD持ってます(笑)。
YoutubeやSNSの普及で、海外の歌手の新曲もリアルタイムで聴けたり購入できる時代です。香港スターの曲も同じく。
香港歌謡界に疎かった私ですが、ここ何年かでお気に入りも増えました。
今日は最近私が好きな若手香港人歌手、実はひっそり好きな歌手をご紹介したいと思います。
香港ポップスや歌手は知らないけど聴いてみたいなぁ・・・という方、良ければご参考にしてみてください~。
完全なる個人的な趣味でチョイスしていますので悪しからず!

◆Dear Jane
私がここ数年一番好きな香港人ロックグループ。デビューの2006年当時はロック色強い曲が多かった気がしますが、近年はロックバラードも多くて聴きやすい。
個人的にはベースのジャッカルくん(メガネの子)のファン(^^)。彼はターボという柴犬を買ってるんですよ。
新曲は【深化危機】、MVが公開される前にiTunesで購入しちゃいました。


◆AGA/江海迦
アガちゃんこと江海迦(アガサ・コン)は香港人とスペイン人のハーフ。エキゾチックな顔立ちと心地よい歌声がマッチしていて大好きな歌手の一人です。
Instagramもフォローしていますがとにかく可愛い~。
新曲は【小問題】


◆G.E.M
上海出身のG.E.M.こと鄧詩穎(グロリア・タン)は幼少時に香港へ移住。
ワールドツアーも開催するほどの実力派で、彼女のYoutube公式サイトでは再生回数が他の香港人歌手に比べて飛び抜けて多い!
普通語の歌詞が多いけど、広東語が好きだなぁ~。


◆王灝兒(ジョイ・ウォン)
香港人友人にオススメされて聞き始めたジョイ。同じ読み方の台湾人女優さんがいましたが、漢字が違うので悪しからず!
歌声もいいし、今年発売されたこの曲は香港の風景も楽しめるから好き!

◆許志安(アンディ・ホイ)
ここからは完全にマイワールドですがww。
90年代から好きな許志安(アンディ・ホイ)。彼のちょっとしゃがれた声が好きです。
最近だと昨年末に公開されたディズニー映画「リメンバー・ミー」の広東語Ver.を歌っていました。
90年代には日本映画「スワロウテイル」に出演したり、中山美穂の「世界中の誰よりきっと」他日本のカバー曲を歌ったり、日本でも人気が高かったですね。
50歳になったアンディですが現在も歌手として俳優として活動中です!


◆古巨基(レオ・クー)
香港人の友人が好きで、影響されて私も聞き始めたレオ。デビュー当時はあの童顔が可愛かったけど、すっかりアラフィフなんですねぇ。
先月香港で開催されたワールドツアーではゲストにアンディ・ラウが出演してました!
俳優業はもちろん、まだまだ歌手業も頑張るレオでした。

香港ポップスは男性も女性も比較的バラードが多い気がします。
ワイワイとグループで賑やかに歌う日本の曲より、しっとりと聴き入る曲が多いので香港に浸るにはオススメですよ。
皆さんのお気に入り、探してみてくださいね~。




 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*




2018/06/18

空港にスイカレストラン!取り急ぎ食べるならここ!~I Love 翠華@香港国際空港T1

しばらくBlog更新お休みさせていただきました!
何かと家族にケアが必要な歳になりました。無理なくやっていきたいと思います。当面はブログアップできると思います~!

さて、1月の香港で帰国時に香港最後飯のランチをどうしようか?ということになり、早めに空港に行って食べようということに。
母が「前回行った飲茶がいい!」というので、出発ロビーにある【美心・翠園】に行くも長蛇の列~。聞いたら40分くらい待つって!
さすがにそこまでは待ってられないな・・・と思い、出国審査内にあるフードコートのどこかに行くことに。
EAST HALLにはいくつかのレストランが立ち並び、雲呑麺の「正斗粥麵專家」、香港のファストフード「大快活」などいろいろあったのですがどこもランチタイムと重なって人も席もいっぱい!!
たまたま空いている席が香港のファミレスと言われる【翠華餐廳】の前だったので、そんなに並んでないしここでいただくことに。
あれ?店名見たら【I Love 翠華】って書いてある!!【翠華餐廳】じゃないのね!

「母は米がダメだから・・・」と考えていると選択肢があまりなく、とりあえず麺類なら!と決めて、メニューを見る余裕もなくいきなりカウンターで「何にする?」と聞かれてしまい、「炒麺ある?」と聞いたら「あるよ」といわれたのでそれとアイスミルクティーをオーダー。

レシートの1行目はアイスミルクティー。「冬T」と書いてありますが「冬」は「ドン」と発音し、アイスの意味である「凍」と同じ発音。
下が炒麺なんだけど「即」って書いてあるのが気になるなぁ・・・と思っていたら・・・。

じゃん!インスタントラーメンの焼きそばでした~。「即」はインスタント麺(即席麺)の「即」だったか!!
あちゃー!母、インスタント麺って好きじゃないんだよなー。しまったなー。
と思ってとりあえず持っていったら「あら、大丈夫よ。食べるわよ!」って食べてくれたー。「思ったより美味しい」って気を使ってくれたんだと思うけど、ホッとした。
レシートにある『朱扒炒即』は正しくは『豬扒炒即』。本来、豚肉は「豬」と書きますが、これも「朱」と発音が一緒なんだね。ポークチョップ入りでした。

(クリックすると拡大します)
『朱扒炒即』はメニューでは正式名で「豬扒炒即席麺」で下のメニューの左下のほうに載ってました。その2つ下に普通の炒麺があったわ・・・。やっぱメニュー見るべき!

オーダーまで10人くらい並んでたけど結構スムーズでした。オーダーしてお金を払ってから呼ばれるまで10分弱かかったかな。
お店の前には写真も貼ってあるし、広東語が分からなくても比較的大丈夫です。
このときは最後の最後で疲れ果てて全く食欲がなかったのですが、今メニュー見てたら「スイスチキンウィングも頼めばよかったな・・・、あ、鹵水もあるじゃん!」と後悔しまくり(笑)。

【I Love 翠華】
場所:Shop 7E180, Departures East Hall, 7/F, Terminal 1
営業時間:6:00-24:00




 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*


2018/06/01

ワゴン式?オーダー式?あなたはどっちの飲茶が好み?

先日、香港ウンチク話のInstagramアカウントで「飲茶はワゴン式とオーダー式どっちが好き?」というアンケートをとった結果、ワゴン式が75%、オーダー式が25%という結果が出ました。
香港らしい風情のあるワゴン式はやはり人気ですね。
私は・・・どちらもメリットがあるので好きですが、広東語メニューが読めるようになってからはもっぱらオーダー式です。
近年はワゴン式のお店はかなり減っています。ワゴンが通れるスペースをもう少し詰めてテーブルを置けば、もう少し客が入れられる・・・という合理的な考えは香港らしいですね。
初めて香港に行くのだけどどっちがオススメですか?というご質問もいただいたので、それぞれのメリットデメリットをお話しようかなと思います。

【ワゴン式とは】
店内をワゴンで点心を運んでくれるサービス。ワゴンがテーブルの近くに来たら、スタンプを押す伝票を持って行き欲しいものを伝えて伝票にスタンプを押してもらう。
最後にその伝票を渡してお会計をする。

<ワゴン式のメリット>
蒸篭などフタを開けて中身を見せてくれるので、指差しオーダーすればよい。メニュー名の広東語が分からなくてもオーダーしやすい(ただし饅頭系は中身が分からないので注意)。

<ワゴン式のデメリット>
ワゴンがテーブルまで回って来るのを待たねばならない。
(伝票を持ってワゴンまで行ってテーブル番号を伝えることも可能)

<代表的なワゴン式のお店>
倫敦大酒樓(旺角)、美心皇宮(中環)、蓮香居(上環)、名都酒樓(金鐘)

【オーダー式とは】
テーブルに置かれたメニュー表から食べたい点心をチェックして店員に渡す。

<オーダー式のメリット>
ワゴンを待つ必要がないのでオーダーがスムーズに出来る。オーダー式の店舗が多いので気軽に飲茶しやすい。

<オーダー式のデメリット>
広東語表記オンリーのお店も多く、広東語メニューが理解できないとオーダーが難しい。

◆初めて行くならばどこがオススメ?◆
『倫敦大酒樓(旺角)』は大きな広東料理レストランで、ワゴン式の他、日本語のオーダー式用メニューがあるそうです(過去に行ったときは気づかず)。地元の人に混じって香港らしい点心を楽しむならばオススメです。

・オーダー式のお店の中には写真付きのメニューがあるお店もあります。『YUMCHA』『添好運』は写真付きメニューがあるのでオーダーに困らないのではないかな?

・最近のガイドブックにはオススメ点心の写真が付いているものもたくさんありますよね。オーダー時にそれを指差してみるのもアリだと思います。

◆セルフ式飲茶って?◆
ワゴン式、オーダー式以外に実は「セルフ式」というのがあります。ガイドブックにもよく出ている小さな村の茶樓『端記茶樓』や彩虹の『新龍城茶樓』辺りはこれに該当します。
点心が置いてあるので自分で好きなものを選んで持っていくシステム。
メニュー名が貼ってあるわけではないので、蒸篭などは中身を空けてみないと何があるか分からないのですが、ローカルな雰囲気満載だけどビギナーさんでも利用しやすいのではないかと思います。

◆せっかくだから好きな点心名をひとつでも覚えよう◆
ワゴン式、オーダー式、どちらのお店に入っても好きなものがオーダーできるように、大好物の点心の名前は覚えておくと便利です。
私も一番最初は『蝦餃(ハーガウ/エビ餃子)』『蘿蔔糕(ダイコン餅)』から覚えました。
そこから『蜜汁叉焼包(チャーシュー入り饅頭)』、『鮮蝦腐皮巻(エビの湯葉包み揚げ)』、『豉汁蒸鳳爪(鶏の手のトウチソース蒸し)』と覚えていくうちにメニュー名が「調味料+調理法+具材」が組み合わせれていることを知りました。
それを覚えると、点心だけではなく普通にレストランに行ってもオーダーが難しくなくなります。そうなると広東語メニューを見るのが楽しくなってくる~!

ワゴン式、オーダー式、それぞれのメリットがあるので自分好みのお店を見つけて、香港ならではの飲茶タイムを楽しんでくださいね!



 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*