2018/07/30

行ったほうがいい?やったほうがいい?~香港定番あれこれ相談

時々、香港に初めて行かれる方や何度か足を運んでいる人に聞かれること。
「ビクトリアピークって行ったほうがいいですか?」「夜景は絶対観るべき?」
人それぞれの趣味趣向もありますので、一概に「絶対行くべき」「行かなくてもいい」と個人的には言い切れないのですが、すこーしだけぶっちゃけてメリットデメリットを話すのもいいかな?と思いました。
よく聞かれる質問、ちょっとまとめました。

◆ビクトリアピークは行くべき?◆
100万ドルの夜景が一望できるスポットとして、香港では定番の観光スポット。
しかし、意外にも「行ったことがない」という声もよく聞きます。
実際、香港ビギナーの我が母も未体験。「いつか行けたら」と消極的。これはピークに行くよりお買いものしたい!美味しいものを食べたい!という欲が勝っているのですが・・・(笑)

<メリット>
・夜景だけでなく、昼間でも香港を一望出来るので気持ちがよい。
・天気がいい日は新界方面までよく見える。

<デメリット>
・ピークトラムは常に混雑、週末や夜は特に混雑し、乗車まで1-2時間ということも。
・天候によっては夜景が綺麗に見えないこともある。

私が住んでいた2000年頃に比べ、観光客が増えているのかいつも混んでいるピークトラム。私は行きはバス、帰りはピークトラムのパターンが多いのですが、8年前に久しぶりに行ったときにピークトラムに乗るのに40分かかりました・・・。別の友達は2時間待ったらしいので、まだマシなほうかも。
特に週末と夜景がきれいな時間帯は混雑必須!
セントラルスターフェリー乗り場から15番バスで山頂まで行けますが、意外とこれも混雑。
そして天候に左右されますね・・・。登ったはいいけど、空気がきれいでないと景色も夜景もきれいに観えないし。

<行くならば・・・>
行き帰りはバス、日中であれば帰り徒歩という手段もあり。
当日の天気や空気の状況を見て判断することをおすすめします。行けたらラッキーくらいな感じで!
また、KKDAYなどで予めチケットを買っておいて、ピークトラムに優先乗車できるようにしておくのもいいですよ。
<KKDAY/香港ピークトラム優先乗車券セットチケット金~日>
https://www.kkday.com/ja/product/2322


◆シンフォニーオブライツは見るべき?◆
毎晩20時に香港島と九龍サイドの一部がライトアップされる光のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」。
香港と言えば夜景ですから、綺麗な夜景がさらにアップするこのショーは一度は見て欲しいと思いますが、一度見たらもういいよねという声もチラチラ・・・。

<メリット>
・普段の夜景がさらに綺麗になるショー。レーザービームやネオンがキラキラするので大人はもちろん、お子さんも楽しめる!
・毎晩開催しているので滞在中何度も見ることができる。

<デメリット>
・20時というご飯時にショーが見えるスポットに行かなければいけない。

私は初香港の友達は一緒に連れて行くし、初めての人にもオススメします。1回見たらあとは個人の判断にお任せ。
また見たければ見ればいいし、1回見て満足したならそれでいいし。
個人的には4-5回見ましたが、最後に見たのは8年前です(笑)。それ以降、初香港の友達を引率していない、20時という時間に尖沙咀プロムナード付近に行くタイミングがないというのが理由かな。ちょうどご飯食べてることが多いんですよね・・・20時ってww。

<行くならば・・・>
早めに晩ごはんを済ませるか、ショーが終わってからご飯を食べるのが一番いい。
また、ショーが見えるレストランで食事をするのもあり!
時期によってはプロジェクションマッピングなどもやっているので見る価値はありますよ!


◆ペニンシュラでアフタヌーンティはダメ?◆
写真はペニンシュラじゃなくて系列のレパルスベイのアフタヌーンティですが・・・。
香港に行ったらアフタヌーンティはオススメ。
日本だと敷居が高い感じがするけど、香港は街中のあちこちに高級ホテルがあるし、旅の記念にちょっと優雅に過ごすのも楽しいですよね。
オススメはたくさんあるけれども日本人にとにかく人気なのがペニンシュラホテル。
アフタヌーンティの王道と言ってもいいのかな?
先日、家族旅行した上司も念願のペニンシュラでアフタヌーンティしてきたそうです。
でも中には「ペニンシュラはちょっとね・・・」という声も聞きます。それはなぜ?

<メリット>
・香港でも歴史のある高級ホテルでのアフタヌーンティはテンションがあがる!

<デメリット>
・時々日本人観光客が行列を作っていて異国感がうせる。
・タイミングによっては並ぶ。

ペニンシュラがダメなんじゃないんです。
ペニンシュラが日本人に人気過ぎて日本人が多くて、異国感がちょっと薄れてしまうと思う人もいるんだと思います。ここでアフタヌーンティは未体験ですがカフェ利用は何度かしました。やはり日本人が多くて内緒話が出来なかったり(笑)。でもこれはペニンシュラに限ったことではないかなと思います。
格式高いホテルなので1度はここでアフタヌーンティを味わってみたいと常々思っています。
ちなみに私のオススメはインターコンチとマンダリンです。旧リッツも好きだったけど、新リッツはまだ行っていないのでそっちも試したいな。
ペニンシュラはずっとあるホテルだから、いつか行けるとついつい後回しになっちゃうね。

<行くならば・・・>
スムーズに入るためには事前に予約しておいたほうがベターです。
これはペニンシュラに限らずどこでも同じ。ちなみにインターコンチは予約不可なので開始時間に行かなければ並んでしまいます。


◆オープントップバスツアーは申し込むべき?◆
香港と言えば二階建てバスから尖沙咀~旺角あたりの彌敦道を看板をスレスレの位置で通るスリリングなバスツアーが昔は有名でしたが、今もこれを体験したい人は多いと思います。
でも「ツアーで申し込んだほうがいいですか?本当にスリリングが味わえますか?」とよく聞かれます。
ちなみに基本的にオープントップバスツアーはツアーに申し込まないと乗れません。
多分みんな、ジャッキー・チェン映画などを観てあれと似たようなものを想像してますよね。実際はどうでしょうか?

<メリット>
・路線バスの二階建てでは味わえない、オープントップバスで看板を街を満喫できる。

<デメリット>
・近年は横にはみ出た看板が少なくなっているため、昔のようなスリリングさは味わえない。
・油麻地や旺角の歓楽街の看板を通ることもある。

皆さんが想像する香港の風景の中に、大きくはみ出た看板があると思いますが、看板がたくさんあった彌敦道はここ数年で激減しています。
上を向くと「あれ?ここに●●の看板がなかったっけ?」ということは多々。
過去の香港を知っている人は、近年の看板の減少は気づくと思います。
ジャッキー映画でビルの上からジャッキーが看板を伝って降りてきたり、バスの上で看板をくぐりながら戦ったり、あぁいう風景はもうほとんどないと思ってください・・・えーん。
以前、オープントップバスツアーに参加された方から「彌敦道から裏道に入って歓楽街の看板をガイドさんが紹介していた。子供がいたのでちょっと嫌だった。」という声を聞きました。
でも最近はこの裏路地の看板すらなくなってきていますからね・・・寂しいです。

<体験するならば・・・>
オープントップではないですが、路線バスの2階でもある程度のスリルは味わえると思います。日本には二階建てバスが運行していないので、それだけで楽しいと思います。彌敦道を走る路線バスで体験すれば100円くらいです。
また、香港島を走っていた【人力車巴士】は現在は路線を九龍まで延ばして運行しているので、尖沙咀界隈を走ります。こちらだと大人200HKD(子供100HKD)で体験できます。
裏路地の看板も減ってきているので、バスよりも徒歩で歩いて楽しむのもいいかも!

いずれも個人の感想なので、実際に行って楽しかった面白かった行ってよかったと思う定番モノはたくさんあります。
食わず嫌いせず、まず気になるならば人の意見に左右されずに試されることをオススメしますよ!
オープントップバスツアーは私も未体験ですが、チャンスはたくさんあったので体験しておけばよかったと今でも後悔しています。人の意見に左右されてしまって結局は行かずじまい。
あんなに看板があったのがなくなるなんて思ってなかったなぁ・・・。あの当時の看板をスリリングに体験しておけばよかったです。
私のように、後悔しないようにね!



 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック


<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*



2018/07/23

猛暑を乗り切る漢方茶・甘和茶~源吉林@上環

いやー、日本は連日暑くて嫌になりますね・・・。
先週、香港から遊びに来た香港人の友人が「香港のほうが涼しい」と言っていました(笑)。
私が香港に住んでいた頃は香港のほうが断然暑かったのですが、ここ数年の日本の夏はどうなっちゃったのでしょうか・・・。
本当に命に関わる暑さです。こまめな水分補給、塩分補給はしっかり行って、屋外での活動や無理な外出は控えてくださいね。

さて、香港に行くと元気になるものを求めて彷徨ってしまいませんか?
私は漢方が好きなのですが、家で煎じたり・・・というのが面倒なのでなるべくお手軽にいただけるものが好きです(めんどくさがりやなんですねww)。
1月の香港は病み上がりだったので、特にこの願望が強かったかも。
渡航前にネット検索して気になったものがあったので、上環まで行ってきました。

【源吉林】は1892年創業、120年以上もの歴史を持つ老舗です。
開業当時から『甘和茶』を販売しています。これは多くの香港人が一度は飲んだことのある漢方入りのお茶なんですって。香港人の皆さん、おうちにありますか?

【源吉林】さんの建物が本当にレトロ!!!!この店構えがたまりません!本当は全貌を綺麗に撮影したかったのですが、お店の前にワゴンが停まっていたので出来ず。

わかります?この真ん中にある緑の3階建ての古い建物。周りに綺麗な建物がちらちら増えてるのに、ここだけタイムスリップしたみたい~。

お店の入り口は開いてるけど、店内が薄暗くて営業しているのか分かりにくいかもしれませんが・・・。
大丈夫!元気よく「你好!」と入っていきましょう!
この店の中も風情あっていいなぁ。天井からぶら下がってるファンとかファンの向こうにある屋号とか格子とか。
(店内はお店の方の許可をいただいて撮影しました)

これこれ!これがお目当ての『甘和茶』。他にお茶の種類はありません。『甘和茶』だけ!
右の器に入っているものが何か、売り物なのかどうかは不明ですww。

とりあえず1箱買ってみました。10包入りで40HKDでした(2018年1月現在)。

中にこうして1包ずつ入っています。

そして1回分ずつの茶葉が小さな箱に入っていて、その箱を説明書で包んであります。この小さな箱が可愛すぎて捨てられない~。何か用途はあるかしら?

説明書によるとこの『甘和茶』は28種類の成分が入っているとのこと。
藿香、荷葉、布渣葉、甘草、防風、黄芩、梔子、金銀花、葛根、香薷、淡竹葉、青蒿、 紫蘇葉、紫蘇梗、木瓜、苦杏仁、蒼朮、茵陳、烏葯、桑葉、苦丁茶、澤瀉、檳榔、 薄荷、連趐、砂仁、山楂、黄連。
分かるものもあり、分からないものありますが・・・w。
効果としては感冒初起(風邪の初期症状)、清熱滞(体内の熱をとる)、解暑渇(暑さを解消する)、醒酒醉(酔い覚まし)だそうです。
この猛暑で胃腸の調子が悪かったり、暑くてビールを飲みすぎて二日酔いになったり、体に熱がこもっててうまく発汗できなかったり、夏風邪を引いている人・・・にはうってつけ!まさにこの猛暑にぴったりの漢方茶です!!

使い方ですが私は家にある急須に1箱入れてお湯をたっぷり入れて、温かいうちにいただきました。
やかんで煮出して飲んでもよいそうですが、どちらも淹れたら1日で飲みきったほうがよいそうです。
香りも色も味も普洱茶に近いですがカビっぽい香りはあまりしません。どちらかというと普洱茶よりも飲みやすいかも。
これを飲むと利尿作用がすごいようです。うちの母が飲んだらトイレいきっぱなしだったとか(笑)。

今の時期はもちろんですが、風邪に効果のあるお茶なので年中ストックしていてもよいのではないかと思います。
具合が悪ってからより、悪くなりそう・・・って思ったときに淹れて飲むと効果的なのではないかと思います。
賞味期限が4年くらいあるので、慌てて飲まなくても大丈夫ですが、茶葉なので風通しのよい湿度の低いところで保管したほうがよいと思います。

『甘和茶』は上環の【源吉林】さんで販売している他、私はドラッグストアのマニングスでも販売しているのを見かけました。
上環まで行く用事がなければ、街中のドラッグストアにも置いてあるところはあると思いますので探してみてくださいね。
小さな箱に入っているのでバラ撒き土産にもなるかも?

香港に行かれる予定のない方、楊さちこ先生の「アジアンコスメオンライン」や香港雑貨を取り扱う「JUMBO」さんでネット購入出来るようです。

今、記事を書きながら飲んでます!
ここ数日、暑さで食欲も落ちるし熱も体内にこもっていてスッキリしなかったのだけど、明日は元気になってるかな?

【源吉林】
住所:上環蘇杭街112號
(112, Javois Street, Sheung Wan)
営業時間:9:00-17:00 土日休



 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック


<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*



2018/07/17

ローカル好きさん必見~もっと香港通になるお勧め本2冊

最近出版された香港関連書籍の中でオススメの2冊をご紹介。
どちらかというとローカルを満喫したい方にはうってつけの書籍。これがあれば、より一層香港が楽しめてツウになれること間違いなしです!!

まずはこちら。タイトルからしてワクワクしてしまいますが・・・。
香港に行ったらこれ食べよう!清水真理子氏著書。
昨年発売された書籍ですが、香港ローカルフードのガイドブックと言ってもいいと思います。

点心、海鮮料理、燒味、スイーツなどオススメメニューがたくさん。料理の名前が分からないんだけど・・・という方もこれを持っていけば問題なし!
広東語メインのメニューしか置いていないローカルレストランでも、これを持って行けば安心してオーダーできるのではないかな。指差しオーダーできるようになっています。
料理や調理法の広東語ガイドも出ています。これは広東語が分からない人にはとても助かると思います。

もう一冊はこちら。【週末香港、いいもの探し】大原久美子氏著書。
こちらは今年の2月に発売されたばかりの書籍。
香港でオススメの雑貨などが掲載されていますが、どちらかというと素朴でシンプルな、昔からあるような生活雑貨が多くて香港迷さんの心をくすぐります。
茶餐廳などで見かける香港らしい食器とか、レトロな文具とか。

その雑貨がどこで買えるかという情報や街歩き情報なども掲載されているので、いいものが探せそうな2冊。

この2冊を持って香港旅行にいくのもありですよ。
どちらもKindle版がありますので、スマホやタブレットに入れていくのもいいかも!


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック


<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*

2018/07/13

あ、海鮮料理食べよう!~もう一度訪れたい海鮮レストラン4選

今、会社の上司が香港旅行に行ってますー!!オススメしたレストラン、予約出来たかな?美味しいもの食べてるかな?お土産話がとても楽しみです。
私も早く渡航したくてたまりません!香港と言えば・・・行く度に必ず海鮮料理を食べるのに、今年1月に渡航したときは食べず!!!!
海老もシャコもマテ貝も今年に入って食べておりません。このままでは身体がおかしくなります(^^;)
夏休みに香港に行かれる方も多いと思うので、私がもう一度行きたいなぁと思っている海鮮料理店4店をご紹介します。ローカルのみですのでご了承を!
オススメ、もっとあったんだけどね。閉店しちゃったところも多いの(T_T)

◆軍記海鮮菜館(佐敦)◆
佐敦のBPインターナショナルホテル近くにある海鮮料理店。
完全ローカル向けのお店なので、メニューは広東語のみですが、写真表記が一部アリ。
佐敦という好立地な場所にありながらリーズナブル。3人でたらくふ食べて600HKDくらい(ビール3瓶含む)。
地元の人でとても賑わってました。予約するかオープンと同時に入店したほうがよいです。
トイレはちょっと・・・でした。
母がローカルを徐々に受け入れているので、今度はここに連れて行ってみようか・・・悩むな。でもトイレ綺麗じゃないからムリかな?

【過去記事】
◆グルメ街で見つけた穴場海鮮レストラン~軍記海鮮菜館@佐敦(2017/6/21記事)
http://hongkongunchiku.blogspot.com/2017/06/blog-post_21.html


◆避風塘興記(尖沙咀)◆ 
尖沙咀というよりはほぼ佐敦ですが、尖沙咀警察署前くらいにあるお店。
10年くらい前に香港人の友達に連れて行ってもらって、すごく美味しかったのでリピしました。
初めて行ったときは場所の割に比較的リーズナブルで、私たちが行く少し前に浜崎あゆみがコンサートで訪れて貸切にしたというお店でした。
ただ、リピしたときは価格がかなり上がっており・・・。お店の女主人的な人もとても威圧的(笑)。「食べ終わったらさっさと帰りなっ!」と言わんばかりに皿をドンドンさげられる~。
でもね、ここのシャコが絶品なの。お腹の殻が柔らかくて殻まで食べられちゃうの。香ばしくてすっごく美味しいの。今まで食べたシャコで一番美味しいかも。
これだけを食べるために、嫌な思いしていく価値あり?(笑)
予約はマストです!写真付きメニューあり、ニホンコン語のメニューもあり(笑)。

【過去記事】
◆香港の街中で避風塘料理を食べる!~避風塘興記@佐敦(2016/9/1記事)
http://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/09/blog-post.html


◆文記海鮮飯店(紅磡)◆
大好きな街市の上のフードコート。紅磡街市はMTRの開通で行きやすくなりました。
ここは『文記』『両合』という二つの海鮮料理店があります。お値段も手頃。
香港人女性と私の4名でシャコ、海老、ホタテ、マテ貝、アサリ、ガルーパをいただいても1名300HKDしないくらいでした。
海鮮料理店と言っても、実は肉料理もあるんですよね。ここは他にも炒飯、炒麺や煲仔飯などもあり。
とにかくとにかくリーズナブルでした。
メニューは完全広東語のみで写真もありませんのでご注意。
【過去記事】
◆街市の上のオススメ海鮮料理~文記海鮮飯店@紅磡(2016/11/22記事)
http://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/11/blog-post_22.html


◆金山海鮮酒家(佐敦)◆
『金山海鮮酒家』は佐敦に2店舗あります。
ひとつは佐敦の交差点のビルに。ここは比較的綺麗なレストラン風なので、ビギナーさんでも入りやすいかな。
もうひとつの吳松街にあるお店はローカル感満載。私はこっちのほうが雰囲気は好きだな。前は日本人駐在員が多くて日本語メニューもあったけど今もおいているのだろうか・・・。
100HKD以下のメニューも多く、リーズナブルなお店。
吳松街のお店のほうがちょっと安い気がするけどどうなんだろう。こっちの店舗は2F席がシンプルで殺風景でとてもレストランとは思えず(笑)。
初香港の友達を連れて行ったときは結構ビックリされたけど、安くて美味しかったからよかったかな。
あー、久々に吳松街のお店に行きたいー!

【過去記事】
◆街中で食べるオススメ海鮮レストラン~金山海鮮酒家@佐敦
http://hongkongunchiku.blogspot.com/2016/07/blog-post_19.html


海鮮料理と言えば西貢のような郊外の漁港だったり、南Y島などの離島で食べるのも格別ですが、西貢は完全に観光地化しちゃって価格があがりましたね・・・。
元々私は街中でリーズナブルな海鮮料理店を探すのが大好きなので、最近は街市の上がお気に入り。市場の上のレストランだから新鮮な魚介類がたくさんだし、値段もお手頃。
一人旅だとなかなか海鮮料理にありつけませんが、同じタイミングで香港に渡航される人や、現地に住んでいる日本人や香港人と「飯友」になって、大勢でワイワイと楽しく食事するのもいいですよ~。


 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*



2018/07/11

メイドイン香港のハチミツちゃん~龍眼花蜜@寶生園養蜂場

香港人の友人にいただいたハチミツ。ロンガンのハチミツ『龍眼花蜜』をいただきました。ロンガン大好き!わーん、メチャ美味しそう!!!

こちらのハチミツは新界エリアにある粉嶺に養蜂場を持つ『寶生園養蜂場』で作られたもの。完全なるメイドイン香港!!

ってゆーか、このオジサマのアゴに連なるミツバチさんたちが怖いwwwww
香港ってこういうデザイン多くない?オジさんのど飴とか(今はオバさんのど飴)。

普通のハチミツと比べて香りがいい。『龍眼花蜜』はタイや台湾にもあるそうですね。私はいただくのは初めてです。

おうちにあったレモンではちみつレモンを作ってみました。ちょっと贅沢かな。すっごく美味しくできちゃったよ!

トーストにも塗ってハニーバタートーストにしてみました。これはうまい!
あ、これで西多士(香港式フレンチトースト)作ったら半端なく美味しいのではないだろうか・・・。

『龍眼花蜜』は紅茶との相性もいいとのことなので、これもやってみたいな。

ハチミツって寒かったりすると硬くなるし、置いておくと結晶化してしまったりしますが、『龍眼花蜜』は固まらずとても緩いので使い勝手がいいです。メープルシロップくらいの緩さです。

一部スーパーで取り扱いがある他、ショッピングモールなどにポップアップストアが定期的に出ているようです。
粉嶺の駅からそんなに遠くないし、養蜂場まで行ってみるのも楽しいかも。
私がいただいたのは1kgの大きなサイズですが、小さな瓶タイプもあるようなのでお土産にもいいと思います。
せっかく香港産のものをいただいたのだから、香港料理に使ってみようかな? いやいやもったいないのでこのまま素材の味を楽しむことにします。
Tさん、美味しいものをいただいてありがとうございますー!!
なくなったらまた補充したい香港産食材のひとつになりそう!



 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*

2018/07/09

今夏は東京で香港クラフトビールが飲めるよ!~Craft Beer Market@東京

2018年夏、平成最後の夏が始まりました。今夏はとても嬉しいニュースが・・・!!!
なんと!香港のクラフトビールが東京で飲めちゃうのです~!!!!!
香港人ブロガー「香港魂」さんのご尽力で香港好き、ビール好きにはたまらない夏になりそう!早速行って参りましたのでご報告します。
おかあさーん!ビール好きに産んでくれてありがとーww

今回はクラフトビアマーケットさん10店舗にて販売。門神(Moonzen/ムーンゼン)』獅子山(Lion Rock/ライオンロック)』の2つのブルワリーのビールが合計14種類味わえるんです。
提供されるビールは日によってお店によって異なります。
まずは先に『門神』さんのビールが販売されるとのこと。2ヵ月後には『獅子山』が販売だそうです。
ライオンロックは飲んだことあるけど、ムーンゼンは初!
やばいな、会社の近くに【クラフトビアマーケット】さんがたくさんあるぜよ~。
(これは通えってことですよね?飲めってことですよね?きっとそうだww)

まずは会社近くの淡路町店へ。この日は2種類のムーンゼンビールがあるのはチェック済み。オープンと同時に行きますよー。

一番軽そうな『ムーンゼン サウスクラウド』からスタート。すっきりしていて飲みやすいラガービール。泡も細かい。これはグイっと飲めちゃうし、ビールの苦味が苦手な人でも比較的飲みやすいのではないかと思います。

2杯目はこちら『ムーンゼン・サンダーゴッド(雷神)』。しっかりとしたエールビール。苦味は弱いけど味が濃い。いい感じの重さを感じるビール。

さて、ここで神保町店にいる香港仲間さんと合流~。
ハシゴ酒です。生憎の雨ですが、そんなの関係ないっ!
神保町店は3種類のムーンゼンがあり。さっきいただいた『ムーンゼン・サンダーゴッド(雷神)』も含まれていたので、それ以外の2種類いきます!

本日3杯目は黒ビールの『ムーンゼン・King Yama』で。
しっかりとした黒に独特の風味。これは好き嫌いが賛否分かれるかな?私は好きだけどなー。

4杯目はフルーツビール『ムーンゼン・Dragon King Fujian Radler(フーチエン・ラードラー)』。超フルーティー!レモン風味なので女性が好きそうな味かも。
で、このボトルですが・・・。お店の方に「香港のクラフトビールを飲みに来たんですっ!!」と話していたら「こんなのありますよー」と出してくださったムーンゼンのオリジナルグラス!!!
神保町店にはこのグラスが1つしかないとのことでしたが、こちらにビールを入れていただきました。この量で1パイント。

ムーンゼンビールをオーダーすると、こちらのコースターが出てきます。もし出てこなかったらお店の方に聞いてみてください。数に限りがあるようなのでなるべくお早めにね!!

1日で4種類制覇しましたが、ムーンゼンはあと2種類あるので近いうちに制覇致します。
どこでどの香港クラフトビールが飲めるかは公式サイトの「本日のビール」を確認してみてください。大体お昼頃には更新されています。
http://www.craftbeermarket.jp/todays-beer-list/#toranomon

日本人はビールが好きだし、香港産のクラフトビールがあることを是非知っていただいて、香港にも興味をもっていただけたらいいなぁと思っています。
香港には他にもたくさんのブルワリーがあるので、もっといろんな香港クラフトビールが日本で飲めるようになるといいですね。
微力ながら応援させていただきます!!

ちなみにムーンゼンビールは『FUJI ROCK FESTIVAL’18』の会場でも飲めるそうですー!!!フジロック行く方は要チェック!!!

現時点では【クラフトビアマーケット】さんの東京の10店舗のみでの提供です。
(虎ノ門、神保町、神保町テラス、淡路町、三越前、高円寺、吉祥寺、吉祥寺BB、神田、大手町)
今後は日本全国で飲めることを願っています!!



 香港ウンチク話Instagram  → こちらをクリック
<Blogでは紹介しきれない写真も紹介しています>

 香港ウンチク話Facebook  → こちらをクリック
<旬な情報をシェアしています>

*どちらも登録なしで閲覧可能です*